ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/エゼキエル【人物紹介】カリー・ペイトン(ネタバレ)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180802100611j:plain引用:AMC

 

ウォーキング・デッド人物集です。ストーリーに登場する人物を紹介していきます。ここではエゼキエルについて紹介しています!(シーズン9時点)

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

作中どんな人物?

f:id:a-map:20180802100614j:plain引用:AMC

 

虎を手なずけている王国のリーダー。ドレッドヘアーがトレードマークの人格者で、住民からは王と呼ばれて慕われている。


元々は動物園の飼育員で、劇団で演技の勉強をしていたため住民達の望む自分を演じている。しかし町のリーダーとなってからも私利私欲に走らず住民の安全を第一に考えて行動している。


そんなエゼキエルはウォーカーと戦える力を持っていて町の外での行動にも積極的に参加している。そして救世主との戦いではリック達と同盟を組んで町の住民と共に救世主撃破に貢献する。


そしてエゼキエルは救世主との戦い後キャロルと結婚して、ヘンリーを義理の息子として育てていた。しかし囁く者との争いでヘンリーは死亡してしまう。その後王国が老朽化で崩壊し、エゼキエル達はヒルトップへ移り住む。そんな中キャロルはヘンリーのことが忘れられず、エゼキエルに別れを告げてアレクサンドリへ行ってしまう。

 

基本情報

f:id:a-map:20180802100617j:plain引用:AMC

 

王国のリーダー

 

★基本情報

登場    シーズン7
生死    シーズン9 生存
以前の職業 動物園の飼育員

 

★人間関係

元奥さん  キャロル シーズン9 生存
義理の息子 ヘンリー シーズン9 死亡

 

★各シーズンの紹介

シーズン7 

王国のリーダーとしてモーガンや怪我を負ったキャロルを受け入れる。そしてモーガンは平和に暮らす王国住民達の様子を目のあたりにするが、実はエゼキエルは住民に内緒で救世主の傘下に入り物資の供給をしていた。しかしエゼキエルはそのことが王国と住民にとって最善の策だと考えていた。


その後リック達が救世主と戦うため王国に協力要請に現れるが、エゼキエルは住民を危険に晒すことを危惧して救世主との戦いに参加することを断る。しかしその後最終的にはリック達に協力し救世主と戦うことにする。そして救世主がアレクサンドリアを攻めていた際に駆けつけ、アレクサンドリアから救世主を追い返すのに協力する。


シーズン8

救世主との戦いの中で住民を連れて基地の襲撃に行くが、返り討ちにあってしまい作戦に参加したほとんどの住民を死なせてしまう。その後エゼキエルは転化した住民に追い詰められる。しかしキャロル、ジェリー、シヴァの助けもありなんとか生き延びる。だがその際シヴァがウォーカーの餌食となる。その後一時期は落ち込み作戦に参加できないほどの状態に陥るが、しばらくして持ち直し再び救世主と戦うために立ちあがる。そして救世主撃破へ貢献する。


シーズン9

救世主との戦い後キャロルと結婚して、ヘンリーを義理の息子として育てていた。その後リックがいなくなるとアレクサンドリアは王国などと交流を断ってしまう。しかしそれでもエゼキエルは以前のように各共同体同士が協力できるように力を尽くす。そして再び各共同体が協力体制を築くが、そんな中対立していた囁く者との争いでヘンリーが死んでしまう。その後王国が老朽化で崩壊し、エゼキエル達はヒルトップへ移り住む。そんな中キャロルはヘンリーのことが忘れられずエゼキエルに別れを告げてアレクサンドリへ行ってしまう。

 

性格

f:id:a-map:20200314123105j:plain引用:AMC

 

普段は温厚で住民の平和を第一に考えて、極力争いを避けるための決断をしている。しかし必要となれば戦うことは厭わず、自分で先頭に立って住民を率いて敵と戦う。


そして堂々とした振る舞いを見せ住民の望む王の姿を演じるなど常に人のことを考え行動をしている。そのため住民からの信頼も厚く、基地襲撃に失敗した際も誰もエゼキエルを責めずに、その後も住民はエゼキエルを慕っている。


また周りの言葉に耳を傾けしっかりと言葉を吟味した上で答えを出す。そのため最初は住民の安全を考えリック達の同盟を断り、救世主との争いを避けようとした。


更にキャロルやモーガンなど後から王国に来た者にも目をかけるなど公平に住民に接する。そしてキャロルなどにありのままを自分をさらけ出し、以前の世界の話しをするなど素直な一面も見せる。

 

印象的なシーン

f:id:a-map:20180802100620j:plain引用:AMC

 

シーズン7の2話 

初登場のシーンです。このときはとにかくインパクトが強かったですね。虎を飼っているなんて…今までにないパターンでしたからね(汗)その後キャロルに過去を語り、ありのままの自分の話をしたりこの世界には珍しく最初から信頼できそうだなって思いました。更に平和な王国の様子やモーガンが信頼できるって言った点も大きくて、初登場のときからエゼキエルは悪い人には見えなかったです。


シーズン7の9話 

リック達からの同盟案を断ったときの話ですね。このときエゼキエルは救世主襲撃の協力依頼にきたリック達の話をしっかりと聞き、聞く耳を持って考えたうえでリック達の協力を拒否しました。確かにリック達の協力を飲んで救世主を攻撃するのは一つの手ですがそこには危険が伴います。そのことを考えたときに断るべきところは断るというのもリーダーとしては必要な要素だなって感じました。


シーズン7の16話 

リック達がニーガンに追い詰められてギリギリのところでエゼキエル達が助けに現れたシーンです。このときリック達はニーガンに負けて終わったのか?って本当に思いました。そんな中エゼキエル達が最高のタイミングで助けにきたなって思ったのと、シヴァが救世主を襲っているシーンを見てシヴァはその気になったら戦いに参加するんだ(汗)ってびっくりしました。

 

振り返り

f:id:a-map:20180802100626j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン7~9までのエゼキエル紹介をまとめてみました! 

 


エゼキエル(カリー・ペイトン)

f:id:a-map:20180610140950j:plain

シーズン7

傷を負ったキャロルやモーガンを受け入れた王国のリーダー。虎をペットとして飼っており、かつては動物園飼育員で役者だった経験も持つ


エゼキエル(カリー・ペイトン)

f:id:a-map:20180711161338j:plain

シーズン8

王国組を率いて基地に襲撃に向かう。犠牲が出るかもしれないことを伝えても士気を高めるほど住民からの信頼も厚く、自身もそれに応えようと全力で物事に立ち向かう


エゼキエル(カリー・ペイトン)

f:id:a-map:20181208150003j:plain

シーズン9

王国を復興しつつ以前と変わらぬ明るい姿勢で人々と接する。更に終戦後の復興にも積極的に協力する。そんな中キャロルとは男女の仲になり指輪を用意してプロポーズをする


 

カリー・ペイトン

f:id:a-map:20180802100630j:plain引用:AMC

 

俳優さんの情報です!

 

★基本情報

生まれ   1972年5月16日(47歳)2020年1月時点
出身    アメリカ合衆国 ジョージア州
既婚    ステイシ・リド・ペイトン
俳優作品  General Hospital
声優作品  ティーン・タイタンズ(サイボーグ)
      メタルギアソリッド4( ドレビン )

 

★人物像

カリー・ペイトンは俳優だけではなく声優としても活躍しているようで、声優としてアニメ、ゲームなど多くの作品に出演しています。中でもティーン・タイタンズ(サイボーグ) 、 メタルギアソリッド4(ドレビン)などが有名ですが、メタルギアソリッドに出ていたとなるとちょっと身近に感じるところがあります。また俳優としてはアメリカで有名な昼ドラGeneral Hospitalに出演していたことがあるようです。

 

★別人がエゼキエル役だったかも!?

エゼキエルは最初LOSTのハロルド・ペリノーが候補だったようで本人もその話は聞いていたと語っています。しかしハロルドはスケジュールの都合でエゼキエルで出演することが出来ず、カリー・ペイトンがエゼキエルで出演することになりました。LOSTも観ていたのでハロルド・ペリノーのエゼキエルも観てみたかったですが、ドレッドがバッチリ似合うカリーが演じているエゼキエルは適役だと思うので、結果カリーのエゼキエルでよかったのかなって思います。

 

まとめ

f:id:a-map:20180802100633j:plain引用:AMC

 

エゼキエルはリックやニーガン同様カリスマ性のあるリーダーだと思います。住民からの信頼が厚く、私利私欲に走らない素晴らしい人物です。


そんなエゼキエルは良いところが多いですが、基地襲撃失敗の際は戦い慣れていないのかなって感じるところもありました。しかし王国というコミュニティーをしっかり維持していたことは大きな功績だと思います。


そしてエゼキエルは救世主撃破に大きく貢献しました。その後も一度はバラバラになっていた共同体を再び纏めることに成功したりと、エゼキエルの功績は大きいと思います。


しかしエゼキエルにとって息子同然だったヘンリーが死に、キャロルとも別れることになりました。更に王国が老朽化で崩壊とエゼキエルにとって災難が続いている状況です。ちょっと不幸続きで心配になる展開ですが、今後は流れが変わってエゼキエルにとっても良いことが起こるように願いながら先を見ていきたいと思います。

 

 

他の登場人物はこちら

 


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー