ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン9【第15話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190407164857j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

過去、アレクサンドリアにミショーンの学生時代の親友ジョスリンが訪れ、ミショーンは町で受け入れていた。しかしジョスリンはミショーンを裏切り物資や町の子どもを攫って行方をくらます。その後ミショーンはジョスリンを見つけて事態を解決するが、このとき以来ミショーンは自分の町の住民を守ることだけを心に決める。


そして現在、アレサクンドリアにダリル達が訪れる。そしてミショーンはダリル達を迎え入れヘンリーの治療をするが、リディアがいたためダリル達にそれ以上の協力をすることなく町から見送る。


その後ミショーンの姿勢に疑問を持ったジュディスがミショーンに意見をぶつける。そしてミショーンは自分の考えが間違っていたことに気がつき、ダリルや王国も守るべきだと考え直す。そしてミショーンとジュディスは町を出てダリル達と合流する。


一方王国付近ではアルファの仲間たちが人々が王国に入って行く様子をひそかに見ていた。

 

前回のあらすじ【第14話 消せない傷痕】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第15話  裏切りの代償】あらすじ 

f:id:a-map:20190407165736j:plain引用:AMC

 

ヒルトップの住民マイルス達は一日遅れて王国の会議へ向かおうとしていた。そしてマイルス達は馬車で町を出るが道中でアルファに襲われて全滅してしまう。


一方王国ではエゼキエルが会議の開催演説をしていた。そして演説でリック達の思想を元に再び各共同体が纏まり力を合わせていけることになったと喜びを口にする。


その後キャロルはヘンリー達を探すため町を出ようとしていた。そんな中ダリル達が王国に現れ、キャロルはヘンリーと再会すると抱きしめる。そしてミショーンやジュディスなども王国に来たことでエゼキエルやキャロルは喜んでいた。そんな中タラも現れるが、タラはリディアがいることに気がつくと顔色が変わる。そしてミショーンはエゼキエルに各共同体のリーダーに話があるから集めてほしいと告げる。


その後王国、ヒルトップ、アレクサンドリア、オーシャンサイドのリーダーやヘンリー達が一室に集まる。そしてミショーンは自分のせいでわだかりを作ってしまったと言うと、今後は他の各共同体と力を合わせていきたいと思いを語る。続けてゲイブリエルが町としてリディアを受け入れることにしたから認めてほしいと提案する。しかしタラはリディアを受け入れて攻撃を受けるのはヒルトップだと反論する。それに対してダリルが各町からヒルトップに兵士を送るべきだと言うと各町は賛成する。更にミショーンが今後は各共同体が統一戦線を張るべきだと提案すると一同は提案を受け入れる。そしてエゼキエルは憲章を取り出し、各町の代表がサインをして統一戦線を誓う。


片や王国内では各共同体の取引や出し物などイベントが開催されていた。そして住民達は祭りのような場の雰囲気を楽しんでいた。その後話し合いを終えたヘンリーはリディアに町の中を案内していた。そんな中エゼキエル達がヘンリー達に声をかけて映画に誘うと、二人は夜の映画を一緒に見ることにする。そして他の住民達もそれぞれが王国のイベントを楽しんでいた。


その後ダリル、キャロル、ミショーンなど先発隊が町を出てヒルトップへ向かうことにする。そしてダリル達は王国にいる人々に挨拶を済ませると町を出る。その後ダリル達はハイウェイマン達と出会うと馬車が襲われていたという報告を受ける。そしてダリル達が馬車を調べると、馬車はヒルトップの馬車で人間に襲われていたことが判明する。その後ダリル、キャロル、ミショーン、ユミコが馬車の痕跡を追い、残りはヒルトップへ向かうことにする。


その後ダリル達は馬車の痕跡を追跡していたが、途中で様子がおかしいことに気がつき引き返そうとする。しかしその際ウォーカーの群れに囲まれてしまう。そしてダリル達はウォーカーの群れと戦いなんとか全滅させるが、更にベータ達が現れ囲まれる。そしてベータがダリル達に武器を捨てるよう告げると、ダリル達は武器を置く。


そしてダリル達が捕まる前、ダリル達が王国を出た後も人々がイベントを楽しんでいた。そんな中ヘンリーは消えてしまったリディアを探していたが、リディアを見つけるとお互いに思いを打ち明ける。その後ヘンリーは物音を聞くと設備の故障音だと判断し、リディアに映画で隣に座る約束をして様子を見に行くことにする。


そんな中変装したアルファがひそかに王国内に侵入していた。そしてアルファは王国内を見て回り、更にエゼキエルと接触する。


その後映画が始まるがヘンリーは戻ってこず、リディアはヘンリーを心配しながらも一人で映画を見ていた。そんな中リディアの隣の席にアルファが座る。


その後アルファはリディアを外に呼びだし戻ってくるよう説得するがリディアはアルファの誘いを断る。そしてリディアはアルファに消えてくれと言い放つ。


その後捕まったダリル達の前にアルファが現れる。そんな中ダリルはアルファにリディアは返さないと食ってかかるが、アルファはリディアはもういらないと返答する。そしてアルファはダリルだけをその場から連れ出す。


その後アルファはダリルを谷へ連れていくと、一万を超えるかのウォーカーの群れをダリルに見せて、群れの中には自分の仲間が紛れ込んでいると告げる。そしてアルファはハイウェイと川の南側は自分達の領域だから侵入したらウォーカーの大群を送りこむと警告する。更にアルファは境界線は北に行けばわかると告げる。そんな中ダリルはアルファにリディアを殺したのか尋ねるが、アルファはダリルでは娘は守れないと返答しダリルを解放する。


その後ダリルはキャロル達と合流しヒルトップを目指す。そんな中ダリル達は縛られてボロボロになったセディクを見つける。そしてセディクに連れられ丘へ向かう。


その後ダリル達が丘へ行くと10人の串刺しにされた生首が並んでいた。更に生首は全てウォーカーに転化していた。そして生首を確認するとハイウェイマン、ヒルトップの住民、タラ、イーニッド、ヘンリーの生首だったことが判明する。そしてダリル達は嘆き悲しむ。


その後ダリル達は王国へ戻ると、セディクが捕まったときのことをみんなの前で語る。その内容はアルファ達に捕まったタラ達が殺されそうになったときにハイウェイマン達が現れ、タラ達は懸命に戦ったが反撃は失敗したこと。その後セディク以外の全員が殺されてしまったという内容だった。そしてセディクは死んだ仲間のことを英雄として讃えて記憶にとどめておこうと言い話を終える。


その後リディアとダリルは境界線を訪れ、リディアがヘンリーから貰ったヒルトップのコインをヘンリーに捧げる。そして二人はその場を後にする。

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第15話  裏切りの代償】感想

f:id:a-map:20190407165737j:plain引用:AMC

 

今回は会議の話とアルファ達との対立でしたが…前の話から流れが一変して衝撃すぎる内容でしたね。特に最後辺りで起こったことはまったく予想もしていない展開でしたし、あまりにショックな出来事でした。

 

会議の行方

 

まずは王国での会議ですが、第一回年次共同体間再統一(FAIR)という呼び名のようです。そして会議の最初にエゼキエルが演説をしていました。このときシーズン8の1話にリック達が救世主へ出向く前の演説を思い出しました。あのときはリック、マギー、エゼキエルがリーダーとして先導していましたが、今残っているリーダーはエゼキエルだけです。そう思うと今のエゼキエルの存在ってかなり大きなものですよね。実際今後エゼキエルにもしものことがあれば、その影響力は計り知れないと思います。


その後ダリル達が王国に到着してキャロルはヘンリーと再会しましたが、そのときのキャロルは本当に嬉しそうでしたね。そしてヘンリーとキャロルの再会の様子を見ているリディアもなんとなく印象的でした。


その後各リーダーが集まって会議をしますが久しぶりに各町のリーダーが集まりましたね。そんな中オーシャンサイドのリーダーがシンディじゃなくなっていたので最初は誰なのかなって思っていたらレイチェルだったんですね。レイチェルの成長とオーシャンサイドのリーダーになっていたことに驚きました。それにしてもシンディーはどうしたのか気になりますね。


そしてミショーンが自分が原因で皆とのわだかまりを作ってしまったと言っていましたが、ミショーンはずっとそのことを悩んでいたようですし今回こうしてみんなに受け入れてもらうことができてよかったですね。


続けてゲイブリエルがアレクサンドリアとしてリディアの受け入れを申告しましたが、これについてはさすがにタラに異論を唱えられましたね。タラの言い分はリディア受け入れで狙われるのはヒルトップだからということでしたが、確かその通りだと思いますしタラが問題提起をするのは当然ですよね。そんなタラの問題提起に対してみんなの出身地について言及される場面がありました。確かに出身地を誇れる人ばかりではないですし、この世界ではずっとまともなグループにいられるのかは難しいところですよね。それにしてもこのとき総督の名前も出てきましたが、久しぶりに総督の名前を作中で耳にしたなって思いました。


その後各共同体が協力することになり話が纏まりました。同盟が成功したってことなんでしょうけど、その際憲章にサインをしたのはよかったですね。いかにも話し合いが纏まったって感じもしますし、形式的なことですけどこういうのがあるのとないのではやっぱり違う気がします。そしてアレクサンドリアのサインをするときにゲイブリエルがサインをしたのも印象的でした。ミショーンはゲイブリエルを立ててあげたかったんでしょうね。しかしあのゲイブリエルが町の代表としてサインするようになるとは…人は変わるものですね。


そして会議がスタートしてからですが、会議というよりイベントやお祭りの雰囲気に近かったですね。それぞれの町が物資や知識を提供したり、催し物もあったりとかなり楽しそうでした。でも考えてみたらここまで住民達が集まるイベントというのはこれまでなかったですよね。救世主に対抗するため町同士が協力関係になっていたことはありましたが、あくまでお互いの戦闘要員だけの行き来でしたもんね。今回それぞれの町の住民達がイベントをかなり楽しんでいたようですけど、このドラマのように末期の世界だからこそこういう楽しい時間は必要なのかもしれないですね。


そしてイベント中に町中を歩くヘンリーとリディアもよかったですね。リディアにとって王国は今までの生活は別世界でしょうし、かなり驚いていたようですね。そしてヘンリー達が町中を散歩しているとエゼキエルとキャロルが現れましたが、このときこの四人は未来の親子関係になるのかなって思ったりもしました。それにしてもキャロルはヘンリーがリディアと楽しそうにしているのを見てすごく嬉しそうでしたね。


そしてその後ヘンリーがアディといるときにリディアが落ち着かない様子だったのが印象的でした。しばらくして一人でいたリディアがヘンリーに会ったときにお互いが安心した顔をしていましたが、ヘンリーにとってもリディアにとってもお互いが重要な存在になっていたんでしょうね。


一方コニーですけどアルファ達が子どもを見捨てた件で感情が甦ってきたと言っていました。リディアを助けに行くときにも似たようなことを言っていましたが過去に何か悲惨な体験をしているのかもしれないですね。


そしてロジータとユージーンですけど、王国でのやり取りを見ているとロジータはユージーンの気持ちには気がついていたっぽいですね。そんな中ロジータは二人の関係は今まで通りって言っていたので今後もユージーンとは良い友人関係でいたいと思っているんだろうなって感じました。ユージーンもロジータの言いたいことは理解したと思いますが、ロジータといい感じになるとユージーンがロジータに自分も恋愛にゲームに参加しようと思っている的なことを言って怒られているのが印象的でした(笑)それにしてもユージーンは各町に無線機を置いて連絡を取り合えるようにしたいと思っているようですが相変わらず便利な発明をしていますね。ユージーンなら無線機を各町に取りつけることに成功するかもしれないですね。


その後キャロル達先発隊がまずはヒルトップに向かいますが、このときこのメンツなら心配ないし猛者ぞろいだなって思いました。そんな中馬車を見つけたときに馬車の痕跡を追う組とヒルトップへ向かう組に別れることになりました。その際マグナとユミコがキスをしていましたが二人は恋人同士だったんですね。


そしてダリル達が馬車の後を追跡してウォーカーに囲まれたときはさすがに危険だなって思いましたが、ダリル達はなんとかウォーカーの群れを全滅させました。このときダリル達はたった4人でしたが一人一人が一騎当千みたいな4人だったのでウォーカーの群れを撃退したのはさすがだなって思いました。


ただいい流れが続いたのはウォーカー撃退まででしたね。その後ベータ達が現れダリル達は捕まってしまいました。更に密かに王国に潜入したアルファによって住民が数名連れ去られて殺されていました。


そして襲われた中で唯一生き残ったセディクが捕まっているときの話しをしましたが、セディクの話を聞いたエゼキエル達は反撃しようと考えるのか、またはアルファ達との境界線を侵さないようにしようと考えるのか…。今後のエゼキエル達の対応が気になるところですね。そして最後に境界線へ行ったリディアが何を思ったのか、ヘンリーの復讐をするつもりなのかも気になるところです。

 

アルファ達の本気

 

一方アルファ達ですがいよいよ本気で牙をむいてきましたね。まずはアルファですけど冒頭でヒルトップの住民を襲っていました。どうしてなのかなって思っていたら変装して王国に侵入するためだったんですね。そしてヒルトップの住民を襲った際に頭皮を切り取るシーンはスタートからパンチあるシーンだったなって思いました。


その後アルファは単独で王国に潜入して王国内を見て回っていました。しかし王国を見てもアルファはグループとして和に加わりたいという気持ちは全く出なかったようです。それにしても単身乗り込むとは大胆不敵でしたがタイミング的にはダリル達がヒルトップに向かう前にはもう潜入していたんでしょうね。


そしてアルファがエゼキエルと接触したときに偽名でアレクサンドリアのデボラと名乗りました。更にその際アルファはミショーンの名前も口にしていました。でもこのときなんでヒルトップではなくアレクサンドリアの住民を語ったのかなって思いました。そもそもアルファとアレクサンドリアはあんまり接点はなかった気がするんですけど、いつの間にかアルファはアレクサンドリアの情報も収集していたんですかね。ただアルファはミショーンの名前を出しつつも、ミショーンを捕まえたときにはミショーンに名前を聞いたりしていました。この辺のことがよくわからなかったです。


その後アルファはリディアの前に現れましたが、王国に侵入した一番の理由はリディアだったようですね。そのためアルファはリディアを連れ帰ろうとしますが、リディアに拒絶されてしまいました。このときにやっぱりアルファはリディアのことを本気で可愛がっていたんだなって思いました。リディアを必死に説得していましたからね。


一方ベータ達はダリル達を捕えましたが、ベータはすっかり元気になっていましたね。そしてベータ達がダリル達を誘いこんだ罠もさすがです。ベータ達は前にルーク達も捕えてましたし、相手を罠に嵌めるのが上手いようですね。


その後アルファはダリルを連れて谷へ向かいました。このときアルファはどうするつもりなのかな?って思っていたら、アルファはダリルにウォーカーの大群を見せました。大群の明確な人数は出ていませんでしたけどおそらく一万は超えていたんじゃないでしょうか。そしてアルファはウォーカーの中には仲間が紛れていて町に送りこめると言っていましたが、あの大群は相当な戦力ですね。


その後アルファはダリルに丘の境界線を越えたらウォーカーを送りこむと警告しますが、それと同時にリディアのことはもう諦めたとも言っていました。このときてっきりアルファはダリル達にリディアを任せるってことを言っているのかなって感じましたし、だからこそダリル達を生かして穏便に済ませるつもりなのかなって思いました。


でもこの予想はまったく違っていて、想像を絶する現実が待っていました。描写はなかったですけどアルファは王国に行ったときに複数人を攫って帰ったようです。そして攫った住民のうちセディクを残して他は皆殺しにしました。更に生首を串刺しにしてウォーカーに転化させていたので全然穏便じゃなかったですね。


そしてダリル達が串刺しの生首に近づく瞬間はとてもインパクトがあり、このドラマでも屈指の残酷なシーンだと思います。この展開はまったく予想をしていなかったので本当にびっくりしました。


そして殺された10人の生首が1人ずつ映し出されましたが、このときは次は誰が死んでいるんだ…って怖さと気になる気持ちが混じって見ていました。そんな中1人ずつ行方不明になっている回想が流れたときに、リディアがエゼキエルにヘンリーが戻らないし母親が現れたと慌てた様子で状況を報告していたときはゾクっとしました。


そして今回死んでしまったのはハイウェイマンやヒルトップの住民達、更にメインどころのタラ、イーニッド、ヘンリーでした。これは本当に驚きですし、まさかここにきてあそこまで酷い死に方でこんなに一気に退場者が出るとは…。メイン人物が生首で死んでいるだけでもキツイシーンなのにウォーカーに転化しているところがより惨かったですね。

 

終わりに

さて今回ですがあまりにショッキングなことが起こりましたね。晒し首のシーンはこのドラマの中で屈指の衝撃的なシーンではないでしょうか。見ていて本当にビックリしました。


そして今回は多くの人物が一気に死にましたが、これでダリル達とアルファ達はどちらかのグループ崩壊するまで戦うという流れになっていくと思います。しかしアルファ達はウォーカーの大群に加えて作中屈指の残酷さを持っているグループです。そのためダリル達は本当に恐ろしい相手を敵に回してしまったなって思いますし、ダリル達がアルファ達に勝てるのか心配です。それにしても今回の話は凄かったですね…。

 

次のストーリー【第16話 嵐の予感】

 

 

 

シーズン9の主な登場人物

この項目画像は[AMC ]からの引用になります


イーニッド(ケイトリン・ナコン)

f:id:a-map:20190407135639j:plain

セディクから医療技術を学び、ヒルトップの医者として人々を助けて町に貢献している。またアルデンと恋人関係になる


ヘンリー(青年期 マシュー・リンツ)

f:id:a-map:20190224102626j:plain

王国の住民で鍛冶工を習うためにヒルトップへ修業に来ている。義理の父がエゼキエルで義理の母がキャロル。ダリル達が捕えたリディアに唯一理解を示して優しく接する


マグナ(ナディア・ヒルカー)

f:id:a-map:20190407135806j:plain

ウェイトレスで元受刑者。高い戦闘力を持つが、気が強く好戦的な一面がある。またユミコとは恋人同士


ユミコ(エレナー・マツウラ)

f:id:a-map:20190407135810j:plain

高い戦闘力を持ち、弓を使った攻撃を得意としている。またマグナとは恋人同士


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー