ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン9【第12話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190407164857j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

エゼキエル達は遠征に出て鹿狩りをしていた。その後エゼキエル達は帰りにウォーカーが蔓延する映画館に立ち寄よると、王国の子ども達に映画を観せるため映画館で電球の調達を開始する。そしてエゼキエル達はウォーカーに襲われながらも電球を確保して映画館を後にする。


一方ヒルトップではダリル達とアルファ達が対峙していたが、ダリルはアルファの要求したリディア解放を拒否する。それに対してアルファはアルデンとルークを連れて来て人質交換を要求するとダリル達は渋々人質交換に応じることにする。


しかしダリル達がリディアを引き渡そうとするとヘンリーがリディアを連れてヒルトップから抜け出したことに気がつく。そしてイーニッドがヘンリーを探しに行って見つけるが、ヘンリーはリディアの引き渡しを拒否する。しかしリディアは自ら母親の元へ戻ると告げる。


そしてダリル達とアルファ達は人質交換を終える。その後ヘンリーはリディアの引き渡しに納得ができずリディアを追うため書き置きを残してヒルトップから姿を消す。そしてダリルはヘンリーがリディアを追って町を出たことを知るとコニーと共にヘンリーを探すため町を出る。

 

前回のあらすじ【第11話 決意】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第12話  変化のとき】あらすじ

f:id:a-map:20190407165359j:plain引用:AMC


リディアはアルファ達の元に戻り行動を共にしていた。そんな中アルファはリディアからヒルトップの情報を聞き出そうとするが、リディアが有益な情報を知らないとわかるとアルファはリディアを罵倒する。


一方アレクサンドリアではミショーンやゲイブリエル達が集まりアルファ達の脅威や現状の話し合いをしていた。そんな中ミショーンは各個人が町の決めごとを守らずに行動していることを問題視して隠し事はやめてほしいと告げる。しかしゲイブリエルは外部との接触を断つべきではないと意見する。それに対してアーロンがミショーンを支持して、ミショーンにこれまで何度も救われたと庇う。だがセディクは王国の会議の話を出して王国は助けを求めているといると言うと、ミショーンはあくまで会議に参加することは反対だと返答する。


その後ゲイブリエルは家に戻るとロジータと顔を合わせる。そしてロジータは落ち込んでいるゲイブリエルに声をかけるが、ゲイブリエルは浮かない返事をする。その後ロジータはセディクの子を妊娠した自分との関係をどうするのかはゲイブリエルに委ねると告げてその場を後にする。


その後ユージーンはゲイブリエルの元を訪れる。そしてユージーンはゲイブリエルにロジータがセディクの子どもを妊娠していることを知っていると告げると、それでもロジータと共にいるべきだとアドバイスをする。更にユージーンは自分がロジータを好きだと打ち明け、それでもゲイブリエル達を応援していることを伝えるとその場を後にする。


片やアルファ達は森の中で休んでいたが、ヘンリーは影に潜んでアルファ達を監視していた。しかしベータに見つかり捕まってしまう。そしてアルファはヘンリーに監視していた目的を聞くと、ヘンリーはリディアのためにヒルトップから独断で来たと返答する。その後アルファ達は警戒しながらヘンリーを連れてその場を後にする。そして移動中アルファはリディアにヘンリーのことを聞くが、リディアはヘンリーのことは名前くらいしか知らないと返答する。しかしアルファはヘンリーが命がけでリディアを追ってきたことに疑問を感じる。だがリディアはあくまでヘンリーとの話をせずに誤魔化す。そしてアルファ達はキャンプに到着する。


その後アルファ達は森の中のキャンプで時間を過ごしていたが、ヘンリーは木に縛られて身動きが取れなくなっていた。そんな中アルファ達のグループの男女がアルファがリディアを助けたことに異議を唱える。そして男女はリディアの救出によりアルファはグループを危険に晒したと罵倒し、みんなアルファの行動に納得していないと言い放つ。しかしアルファが静かにグループを見渡すと男女に賛同する者は現れなかった。そしてアルファは男女を殺してしまう。


一方ダリル達はヘンリーの足取りを追っていたが森の中でヘンリーの痕跡を見つけるとヘンリーがアルファ達に捕まったことに気がつく。その後ダリル達はアルファ達の居所を見つけてキャンプを監視する。


片やアレクサンドリアではミショーンがニーガンの檻を訪れていた。そしてミショーンはニーガンになぜ町に戻ったのか尋ねると、ニーガンはミショーンのサポートをしたいと返答する。更にニーガンはミショーンの相談役になると提案するがミショーンは相手にせずに檻を後にしようとする。しかしその際ジュディスが檻の様子を伺っていることに気がつく。


その後ミショーンは家でジュディスに牢屋にいたことについて問いかける。そしてミショーンはジュディスにニーガンは危険な人物だから関わらないよう警告するが、ジュディスはニーガンは変わったし話を聞いてくれる相手だと返答する。更にジュディスはミショーンは変わったと言うと、ミショーンはショックを受けて一人になりたいと告げる。


そしてロジータはセディクと話をしていたが、ゲイブリエルが家の付近に来ると三人で家の中に入って行く。そしてユージーンは三人の様子を遠くから眺めていた。


その後ミショーンはアーロンの元を訪ねると自分のことを庇ってくれたことに礼を言う。続けてミショーンは町が会議への参加を再投票したら自分は会議への参加を反対しないと告げる。それに対してアーロンはアルファ達の脅威が危惧するが、ミショーンは行動を決めるのは住民だし王国も救いたいと返答する。


一方アルファー達はヘンリーを捕えていることに危機感を感じつつ、リディアがヘンリーやヒルトップへ心移りしたのではと疑い始めていた。そしてアルファ達はリディアを呼び出しナイフを持たせると、リディアにヘンリーを刺し殺すように命令する。それに対してリディアは迷いみせ行動を決めかねる。しかしそんな中アルファ達のキャンプにウォーカーが侵入して住民がウォーカーに襲われキャンプはパニックに陥る。そしてアルファ達が襲われている間にウォーカーに扮して侵入していたダリル達がヘンリーを助ける。更にヘンリーがリディアの手を引き、ダリル達はヘンリーとリディアを連れてキャンプから逃げ出す。

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第12話  変化のとき】感想

f:id:a-map:20190407165400j:plain引用:AMC

 

今回はアレクサンドリアとアルファ達のグループについてでしたね。今まで未知だったアルファ達のグループにについても描かれていたのも面白かったですね。 

 

揺れるミショーン

まずはアレクサンドリですけど、ゲイブリエル達との話し合いではミショーンが少し浮いてしまっていましたね。でもそんなときでもアーロンが味方してくれたことでミショーンは少しホッとしたようです。そのためミショーンは後になってアーロンにお礼を言いに行ってましたね。


また今回会議についても少し触れられていました。その際王国が助けを求めていることも言及されていましたがやっぱり王国は状況が芳しくないようですね。そのため王国は他の共同体と貿易が必要だけど王国への道がなく危険なため貿易もなかなか厳しいといった話も出ていました。会議がこの状況などについて話したりするものなら、同盟だけじゃなくどこかの町で複数の共同体が一つの町として生きていくとかって話もありそうですね。


そしてその会議参加ですけどミショーンはずっと反対していましたが、最終的に参加に反対はしないと意見を変えました。ミショーンはずっと自分の判断に後悔していたようですし、王国なども元々仲間みたいなものですからやっぱり救いたいんでしょうね。そして今回ミショーン達は物資を詰め込んで町を出る準備をしていました。再投票の流れは出てこなかったですけど、もしかしたら再投票をして会議に参加することにしたのかなって思いました。


そしてミショーンは今回ニーガンと面談もしていました。その中でやっぱりニーガンはミショーンをアシストしたいと提案しましたね。ニーガンが本当にミショーンをただサポートするのかは謎ですけど、ニーガンが味方になれば心強いのは間違いないです。ただみんながニーガンを許せるのかが焦点ですよね。ニーガンが仲間になって力を発揮するなら面白い展開かなって思いますが、それは本当に実現するのか?またそれがうまくいくのはまったくの未知数ですね。


そしてミショーンとジュディスのやり取りも印象的でした。ジュディスはニーガンを信頼しているようですしジュディスがきっかけでニーガンが味方になるかもしれないですね。でもジュディスとのやり取りでミショーンは相当参っているように感じました。この世界でリーダーをするというのは想像以上に大変でしょう。ミショーンの疲れ具合が心配なところですね。


一方ロジータを中心とした人間関係ですけどこっちはこっちでまったく違う意味で複雑な感じになっていますね。まずゲイブリエルとロジータは一緒に住んでいたようですが二人の関係は始まったところだったんですね。そしてロジータはゲイブリエルにセディクとの子どもを妊娠したことは伝えたようですが、ゲイブリエルは対応に困っているのかなって感じでしたね。確かに難しい問題ですし困惑するのは仕方ないことですよね。


そしてユージーンがゲイブリエルを応援して自分の気持ちを打ち明けたのは意外でした。ユージーンはロジータとは長い付き合いですし本気だったんでしょうね。


そしてロジータ達はどうするのかなって思ったら、今回の感じだとロジータはセディクとの子どもを産んで、ゲイブリエルとの関係は続けていくって感じなのかなって思いました。


片やダリルとコニーですけど、二人は早々にヘンリーの足取りに気がつきましたね。さすがダリルだなって思いましたが、ダリルだけではなくコニーも追跡に長けているようですね。それにしてもドッグはボーガンの矢まで拾ってくれるのかって思っていたらドッグが矢を離さず矢が折れてしまったシーンは面白かったです。更にダリルがドッグに悪い子だっていうのが印象的でした(笑)

 

非情なリーダーアルファ

一方アルファ達ですが、グループについて色々わかってきたことがありましたね。まずはキャンプですが森の中で過ごし、近くにウォーカーを配置してガーディアンと呼んでキャンプ付近を守らせているようです。更に遊牧民のように場所を転々とするって感じなんでしょう。人数は思ったよりも多くてヒルトップ並に住民がいるように感じました。そしてキャンプ地でウォーカーのマスクを作成していましたが、ウォーカーの皮を剥ぐシーンはグロかったですね(汗)


そしてアルファはグループのリーダーのようですが自分の娘を助けるという選択肢を取ったことでグループ内から結構反感買ったようですね。そのため内部から反乱分子が出てしまいました。前回赤ん坊は放置していましたしリディアの言っていたとおり普段は仲間にも非情な選択をするんでしょう。でも自分の娘のときだけグループ率いて救いに行くとなれば、あの男女のように問題視するメンバーが出ても不思議はありません。しかしアルファは男女をあっさり殺しました。あの流れを見るとベータ以外はアルファと対等に話せる人もいなそうなので、アルファ達のグループはアルファの恐怖政治で維持している感じなのかもしれないですね。


ではなぜアルファはリスクを取ってリディアを救ったのかということですが、やっぱり娘だからでしょうね。でも情報を得たかったというのも本音かもしれません。アルファがリディアを本当に大切に思っているのかは今回の話を見る限りは五分五分なのかなって思いました。ただアルファはベータにリディアへの思いを語っていたので本心でリディアを思う気持ちはあるんでしょうね。


それにしてもアルファが決定に異論を唱えた男女を殺したときに女性を生首にして生首を掲げるシーンはヤバかったですね。このグループの狂気を感じました。そしてアルファと比較的対等にしているようにみえたベータはどんな存在なんでしょうか。もしかしてベータがアルファを殺して偽ウォーカーを乗っ取るなんて展開もあるのかなって少し思いました。この先はアルファ達グループとしての存続も気になるところですね。


片やそのリディアですが、リディアはアルファに王国の情報を言いませんでした。ヒルトップの情報も大して語ってないですし、リディアとしてはやっぱりもう母親のことはもう信用していないのかもしれないですね。そしてリディアは11話でヘンリーからもらったレプリカ硬貨をネックレスにしていました。更に最後はヘンリー達と一緒に逃げたので本心ではもうアルファ達との行動はやめてヒルトップの住民になりたいと思っているかもしれないですね。


そしてヘンリーですがリディア達を監視しているときにあっさり捕まってしまいましたね。その後ヘンリーの目の前で反乱を起こそうとした男女が殺された時はヘンリーもかなり危機感を感じたでしょうね。そしてアルファ達がリディアにヘンリーを殺させようとしたときは相当危険でしたね。紙一重でダリル達の助けが間に合ってよかったですが、もしかしてヘンリーはあそこまでかなって思いました。そんなヘンリーはリディアを見捨てないって言って一緒に連れていきましたが、あれでよかったかもしれないですね。


それにしても今回ヘンリーが受けた仕打ちをキャロルが知ったらどうなるか…恐ろしいですね。リディアの母親であるアルファが危険なのはわかりましたが、その点でいうとヘンリーの母親であるキャロルも負けてないですからね。キャロルが今回のことを知ったらキャロルはアルファ達を皆殺しにすることに躊躇いはないでしょう。シーズン9では救世主の生き残りも全員焼き討ちにしてましたからね…。

 

終わりに

さて今回はダリル達がヘンリーを助けて、更にリディアを連れ帰ったようです。これでダリル達とアルファ達は戦争になる可能性が出てきましたね。戦争になったとしてアルファ達の武装はそこまで凄いようには感じないですけど、ウォーカーを誘導したり、ウォーカーに紛れて攻撃したりするのでやっかいです。更にアルファ達は仲間に対しても冷酷なのでダリル達にも容赦しないでしょう。これはどうなっていくのか心配な展開ですね。

 

次のストーリー【第13話 罠】

 

 

 

 

シーズン9の主な登場人物

この項目画像は[AMC ]からの引用になります


ロジータ・エスピノーサ(クリスチャン・セラトス)

f:id:a-map:20190315140914j:plain

ゲイブリエルと恋人になり一緒に住んでいるが、ゲイブリエルと恋人になる前に関係を持ったセディクの子どもを妊娠している。また子どものことはゲイブリエルに告白し、二人の関係はゲイブリエルに任せると伝える


ゲイブリエル・ストークス(セス・ギリアム)

f:id:a-map:20190407135034j:plain

アレクサンドリアの中心人物となり、委員長として住民を導く立場になる。またロジータと恋人関係になる


 

プライバシーポリシー