ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン7【第15話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820093604j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

ヒルトップではマギー、サシャ、ジーサスが中心となり住民達を纏めていた。そしてマギーとサシャは住民達に武器の扱いや戦い方を教えていたがそんな中突如救世主が現れる。その後サイモンはカーソン医師を連れて行こうとする。それに対してグレゴリーはサイモンに住民の信頼を失い町を乗っ取られるかもと相談するが、サイモンはグレゴリー押し切りカーソン医師を連れて行ってしまう。


一方サシャとロジータは町を抜け出し聖域へ向かっていた。その後2人は聖域に到着するとアジトへの侵入を試みる。しかしその際サシャは一人で侵入し柵を塞いでしまうとロジータは侵入できず諦めその場を後にする。

 

前回のあらすじ【第14話 密かな断行】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第15話  余地なき選択】あらすじ

f:id:a-map:20180610142549j:plain引用:AMC

 

リック達はタラの情報によりオーシャンサイドを目指していた。その後オーシャンサイド付近に到着したリック達は力づくでも銃を確保できるように準備をしていた。


そして救世主のアジトでは捕えられたサシャの前に見張りが現れる。見張りはサシャを襲おうとするがその場にニーガンが現れる。ニーガンはサシャを襲おうとした見張りにルール違反だと告げ刺し殺してサシャに挨拶をする。その後ニーガンはサシャにナイフを渡し自由に使っていいと告げ、更に仲間になってほしいとサシャを勧誘する。そしてサシャがどんな道を選ぼうともその意思を尊重すると告げ監禁部屋を去る。


その後サシャの元にユージーンが現れる。ユージーンは自分の意思でニーガンに従っていることを告げるとサシャも仲間になるように説得をするが、サシャはイエスともノーとも言わずユージーンに部屋を出ていってほしいと告げユージーンは監禁部屋を後にする。


一方マギーはヒルトップで住民に農作物の育て方を教えていた。その後町の外で作業をするマギーの前にグレゴリーが現れる。グレゴリーはマギーに謝罪をするとマギーは謝罪を受けいれる。その後マギーが作業している間付近を見張るグレゴリーだったが、そこにウォーカーが現れる。そしてマギーがウォーカーの対処をするが、その間にグレゴリーは別のウォーカーに襲われる。しかしマギーがグレゴリーを襲うウォーカーを殺してグレゴリーはなんとか助かる。


そしてオーシャンサイドに到着したリック達だったが、まずはタラが一人でオーシャンサイドに潜入する。そしてタラはナターニャの前に現れ銃が必要なこと、また救世主と戦うため加勢をしてほしいと告げるがナターニャはタラの提案を断る。その後も説得を続けるタラだったが、ナターニャはタラの提案を飲まずに時間がすぎリック達がオーシャンサイドに攻め入る。


そしてオーシャンサイド制圧したリック達だったが、捕えた住民を落ち着かせようとするリック達の前へタラを人質に取ったナターニャが現れる。リック達はその場にいる者に救世主と戦おうと協力を要請すると賛成の意思を見せる住民も現れるが、ナターニャはあくまで反対をしてタラに銃を突きつける。そんな中ウォーカーの群れが現れ、シンディが隙をついてナターニャを気絶させる。そしてリック達は住民と協力してウォーカーの群れを片付ける。その後オーシャンサイドに戦いには参加しないが銃だけは貸してもらえることになりリック達は銃を借りてオーシャンサイドを後にする。


片やニーガンに捕えられたサシャは監禁部屋に訪れたニーガンに従う姿勢を見せる。しかしその後一人になったサシャはすぐに自分の決断に後悔し、部屋を訪ねてきたユージーンに自分の気持ちを告げる。更に逃げることも出来ない現状を悔やみ、リック達と戦うのに自分が利用されることを恐れたサシャは自殺するための道具をユージーンに依頼する。そしてユージーンはサシャに自殺用の毒薬を渡す。


一方町に戻ったリック達だったがそこには予期せぬ来客が訪れていた。

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第15話  余地なき選択】感想

f:id:a-map:20180610142552j:plain引用:AMC

 

タラはついにオーシャンサイドのことをリック達に話したんですね。でも大量の銃を集めないといけないこの状況では仕方のないことかもしれないですね。


一方捕まったサシャの前に現れたニーガンですけど、縛られているサシャを襲おうとした救世主を殺します。こういう規律がしっかりしているところも救世主達がギリギリでニーガンに従う要因の一つなんでしょうね。更にサシャにナイフを渡して自分を襲ってもいいし自殺してもいい。死んだ救世主がウォーカーになったら殺すのに使ってもいいと告げるところがニーガンらしいなって思いました。しかしサシャを勧誘するとは。それだけじゃなくニーガンはサシャのことを相当評価しているみたいですね。サシャを説得するときのニーガンは人々を従えるだけの魅力は感じました。もしかしてユージーンに引き続きサシャもニーガンに従ってしまうのでしょうか。


そういえばマギーは戦いだけじゃなく農作物も作れたりするのが強みですよね。マギーが農作物を教えている姿を見ているとハーシェルを思い出します。その後町の外で作業をしてるマギーの前にグレゴリーが現れますが、グレゴリーの謝罪はちょっと本心からとは思えないですね。何か企んでいるんでしょうか?その後グレゴリーが見張りをしているときに一瞬マギー襲うのかなって雰囲気を出しますが、そこまでの悪人ではなかったようです。それにしてもグレゴリーはリック達と救世主のどっち側に流れて行くのはイマイチ読めないですよね。その後ウォーカーが現れたシーンですがグレゴリーはウォーカーと戦ったことがなかったんですね。それは仕方のないことだと思いますが戦わず今まで生きて来られたのはなかなかすごいですね。


そしてオーシャンサイドへ向かったリック達ですが、最初はタラが一人で説得しようとして失敗します。その後リック達が攻め入って来ますけど、タラの説得から攻め入るまでの時間があまりなかったですしリック達はもう手段を選んでられない感じなんですね。しかしリック達はさすがで戦うのが手慣れていますね、あっという間にオーシャンサイドを占拠します。その後救世主と戦おうと提案するリック達に対してナターニャは最後まで絶対に反対といった感じでしたが住民は案外乗り気でしたね。そしてその後ウォーカーの群れを倒すシーンはリック達の手際もよく安心して見てられるシーンでした。結局オーシャンサイドの住民は戦いに参加はしないようですが、武器だけでも借りられてよかったですよね。


それにしても自分の今後について身の振り方に迷うサシャですが、人材確保を重視して人を見る目のあるニーガンの目に狂いはないかと思います。サシャは刑務所に来た頃から外様で唯一の刑務所委員会に入ったりしてますし能力が高いのは間違いないです。そしてニーガンの言うようにリーダー資質もあるでしょう。でもサシャは自分が能力が高いゆえに自分じゃニーガンには敵わないとわかっているのかもしれないですね。その後サシャがユージーンに自殺するための道具を依頼しますが、サシャはニーガンを襲うつもりでしょうか?それとも本当に自分が死ぬつもりなんでしょうか?ユージーンに毒薬を渡されたサシャはがっかりしていたのか喜んでいたのかちょっとわからなかったので使い道がイマイチ予想できませんでした(汗)


そしてグレゴリーはヒルトップから外出したようですが、おそらくサイモンを訪ねに行きましたよね?ってことはリック達の計画はグレゴリーから漏れるかもしれないですね。それと関係あるのかわからないですけど、ニーガンもリック達が何か企んでいるってことは気がついている感じでした。


そんな中で最後にリック達の元を訪ねてきた人物ですが、意外な人物がアレクサンドリアを訪ねてきましたね。この人物の本心次第で今後の展開がかなり左右されると思いますが、たとえ本心でリック達の元に来ていたとしても信用していいのか…。次でシーズン7が最後ということもあり物語がだいぶ動き出していますが、ニーガンとの戦いはどういう展開になるんでしょうか。続きが気になります!

 

次のストーリー【第16話 遺志を継ぐ者たち】

 

 

 

シーズン7の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ナターニャ(デボラ・メイ)

f:id:a-map:20180610141040j:plain

オーシャンサイドのリーダー。以前はリック達同様で救世主に従っていたが逆らったことで子どもを除くグループ男性を皆殺しされ、それ以来グループは海辺でひっそりと過ごしている


シンディ(シドニー・パーク)

f:id:a-map:20180610141026j:plain

ナターニャの孫娘でオーシャンサイドの住民。争いを好まない性格でタラが付近に迷い込んできたときはタラを助けてオーシャンサイドから逃がす


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー