ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン7【第14話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820093604j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

エゼキエル達はいつものように救世主との取引に向かうが、取引に遅刻した上に物資が約束より一つ足りず契約を守っていないと言われベンジャミンが撃たれてしまう。その後ベンジャミンの治療が間に合わず死んでしまう。そんな中モーガンは物資が足りなかったのはリチャードの仕業だと気がつく。そしてリチャードを訪ねるとリチャードは王国と救世主は戦うべきだといい罪を認める。


その後次の取引でモーガンは取引の場でリチャードを殺し全てはリチャードのせいだったと暴露する。更にキャロルの元を訪ねてリック達が王国に来た理由を話す。そして話を聞いたキャロルは王国へ訪れる。

 

前回のあらすじ【第13話 決壊した良心】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第14話  密かな断行】あらすじ

f:id:a-map:20180610142544j:plain引用:AMC

 

ヒルトップではマギー、サシャ、ジーサスが中心となり住民達を纏めていた。そしてマギーとサシャは住民達に武器の扱いや戦い方を教えていたが、サシャはひそかにジーザスから救世主のアジトの見取り図を受け取り襲撃するため着々と準備をしていた。そんな中ロジータがヒルトップを訪れるとサシャの前に現れ、救世主襲撃を手伝ってほしいと告げる。その後サシャとロジータは二人で救世主襲撃を計画するするが、ジーザスとイーニッドはそのことに気がつきサシャを引きとめる。しかしサシャは襲撃への決意は変わらないと返事をする。そしてサシャの気持ちが変わらないと感じた二人はサシャを思って言葉をかけて部屋を後にする。


その後ヒルトップに救世主が現れるとサシャとロジータは救世主に見つかる前に急いで町から脱出し、ダリルとマギーはイーニッドの案内により倉庫に隠れる。


そして町に到着したサイモンはグレゴリーの屋敷を訪れるとグレゴリーに人を探していると告げる。その後サイモンはグレゴリーとともにカーソン医師の元へ行くと、医師をニーガンのところに連れて行くと告げる。そして代わりに物資を置いて行くと言うが、グレゴリーはサイモンを外へ連れ出し医師を連れて行かれたら住民の信頼を失い乗っ取られるかもと話す。しかしサイモンは医師を連れて行く件についてグレゴリーに有無を言わさず、その代わりに手配をしておくから何かあったら救世主のアジトを訪れるようにとグレゴリーに告げるとグレゴリーは納得する。


そんな中ダリルとマギーが隠れる倉庫に救世主が現れるが無事見つからずにやり過ごす。その後マギーがずっと口を聞かないダリルに声をかけるとグレンのことで責任と感じていることを告白する。しかしマギーは責任を感じることはないと告げる。


その後サイモン達はカーソン医師連れてヒルトップを後にする。


一方町を出たサシャとロジータは険悪なムードの中救世主のアジトを目指していた。そんな中ロジータはサシャに襲撃の作戦を求めるとサシャはジーザスから得た情報を元に待ち伏せして狙撃する作戦を提案する。しかしロジータは侵入して確実に殺すべきだと反論する。その後二人は車を入手し救世主のアジトまでたどり着く。


まずは外からアジトの様子を伺うサシャだったが、そこには入り口で救世主に指示をするユージーンの姿があった。その後サシャはロジータの過去を聞き二人は少し打ち解ける。そんな中アジトの外にニーガンが現れるが周りに仲間がいることもあり狙撃のチャンスが訪れなかった。


その後二人はアジトにまで行くとユージーンを助けようとするが、ユージーンは二人の救出を断りアジトに戻ってしまう。ユージーンの裏切りに驚く二人だったが気を取り直しそのままアジト侵入を試みる。

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第14話  密かな断行】感想

f:id:a-map:20180610142546j:plain引用:AMC

 

ヒルトップは既にマギーが実質上のリーダーのような雰囲気ですね。それをサシャとジーザスが支えるといった感じでしょうか。そういえばダリルは王国を出た後ヒルトップに来ていたんですね。


そして救世主襲撃のため準備をするサシャですが、サシャもロジータと同じく止まれないんでしょう。ジーザスに見取り図を頼んだりとずっと襲撃に行きたい雰囲気はありましたし、そこにロジータも現れたことで気持ちがより一層強くなったのかもしれないですね。


サシャがイーニッドに編みかけのミサンガを渡しますが、このシーンでサシャは死を覚悟しているのかなって感じました。このまま襲撃に行って、アジトを本当に2人で襲撃すればかなりの確率で生き残れないでしょう。カールみたいに生かされるのはまれでしょうしニーガンは殺すことに躊躇いはないタイプですからね。そしてサシャもそのことはわかっているんでしょう。でもそれを覚悟の上で行こうとしているってことはもう止まれないんでしょうね。


そういえば救世主が来たときにイーニッドがマギーとダリルを隠れさせますが、その際イーニッドが私の顔はバレてないって言います。これについてふと思ったんですけどニーガンがアレクサンドリに来たときに救世主達と顔合わせはしているはずだと思うんですが、顔がバレてないって言うのはどういう意味だったのかなって気になりました。


それにしてもドワイトが罪を着せてニーガンが殺したあの医師ってヒルトップの医師と兄弟だったんですね(汗)しかもヒルトップから医師を奪っていくとは。これはさすがのグレゴリーもマズイと思ったようで医師を連れていこうとするのを阻止しようとします。でも結局グレゴリーの力及ばずで医師は連れて行かれてしまいますが、これでますますグレゴリーの信頼は落ちてしまったでしょうね。もうほとんどグレゴリーを支持している住民はいないんじゃないでしょうか。


そしてダリル達が隠れている倉庫に救世主が探しに入ってくるところはドキドキしますね。こういうシーンは本当に緊張します。ここでダリルが見つかれば即戦闘ですからね。そういえばダリルはずっとグレンの件について気に病んでいたんですね。ダリルが飛びかかった責任でグレンは殺されたから責任を感じるのも無理はないですよね。


それにしてもサシャとロジータは最初かなりギスギスしてますね。仕方のないことですけどこういう空気だと作戦にも影響が出ないか心配になりますよね。その後ロジータはサシャの狙撃に反対して潜入を提案しますが、さすがに潜入しての暗殺は無理がある気がします。でもロジータとしてはそれが絶対的な第一選択肢のようですね。ただここはサシャの言うようにもう少し慎重に考えて狙撃を選択するべきじゃないかなって思いました。そういえばロジータはエイブラハムのために作ったネックレスをサシャがしているのを目にしますがこれはショックだったでしょうね。それにしてもロジータが車を手に入れるシーンは鮮やかな手口でしたね。


そしてアジトに着いた後ロジータはサシャに自分の過去を語りますが、ロジータも色々覚えて強くなるまでにかなり苦労したんですね。そんな中で知り合ったエイブラハムはロジータにとってかなり特別だったようです。今回はグレンやエイブラハムの名前が出て二人と強く関わりを持っていた人物が中心の話でしたけど、やっぱりあの二人はすごく魅力的な人物でしたよね。


それにしてもユージーンは指示をする姿がすっかり板についてましたね(笑)そしてロジータ達はユージーンを助けようとしますが、案の定ユージーンは完全に寝返ってて断られましたね。ユージーンとニーガンとの相性も考えると裏切りは考えられましたが、いざ助けを断られるとなんとも言えない感じしますね。


そういえばニーガンの狙撃ですが案外あと何日か張り込んだら狙撃のチャンスありそうだなって思ったんですけど、二人は一刻も早くニーガンを殺したいんでしょうね。そして最後のサシャの行動…これは最後まで気がつかなかったです(汗)サシャはきっと最初からそういうつもりだったんですね。なるほど…こうなってしまったかと思いました。

 

次のストーリー【第15話 余地なき選択】

 

 

 

シーズン7の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


マギー・グリーン(ローレン・コーハン)

f:id:a-map:20180610141051j:plain

ヒルトップの住民の信頼を勝ち取り実質上のリーダー的な立場になっていく。そして救世主と戦うためにヒルトップの住民に武器の扱い方を指導したりする


イーニッド(ケイトリン・ナコン)

f:id:a-map:20180610140941j:plain

マギーを心配しヒルトップを訪れてからマギーやサシャとともに暮らす。サシャがマギーに内緒で救世主のアジトを探っていることに気がつくなど鋭い一面を見せる


 

プライバシーポリシー