ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン7【第13話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820093604j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

リックとミショーンは町を出て武器を探していた。その後遊園地へ行きつくと大量の物資とウォーカーを見つける。一方ロジータはなかなかニーガンとの戦いが進まないことに苛立ちを見せていた。


そしてリック達はウォーカーに襲われながらも物資を調達するがリックはそれでもなかなか町に戻ろうとせず、帰り道にグレン達の死で悩み不眠症に陥っていることをミショーンに告げる。その後リックとミショーンは清掃人に武器を届けるが足りないと言われ更に武器を探すことになる。一方ロジータは町を出てヒルトップへ行きニーガンを倒すためにサシャを訪ねる。

 

前回のあらすじ【第12話 覚悟】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第13話  決壊した良心】あらすじ

f:id:a-map:20180610142538j:plain引用:AMC

 

キャロルはダリル達が王国に来た理由を知るため王国に出向いてとモーガンを訪ねる。そしてキャロルはモーガンにダリル達が王国に来た理由、更にアレクサンドリアで何があったかをを尋ねる。しかしモーガンはダリルにキャロルの居場所など一切話さなかったし、ダリルとの話はダリルとしてくれと自分の口からは何も告げない。その後キャロルが王国を出ようとするとベンジャミンがキャロルに戦い方を教えてほしいと頼むがキャロルは断ってそのまま帰路に着く。


そして王国では平和に人々が過ごす中、エゼキエル達は救世主と取引をするため準備をしていた。そんな中リチャードはモーガンに救世主との関係はこのまま続かないと告げ戦うべきだと主張するが、モーガンはリチャードの言葉を受け流す。その後取引の準備が整いモーガン達は取引場所へ向かう。しかし道中で道が買い物カートで塞がれていた。モーガン達は攻撃を警戒しながらも買い物カートを片付けるが、特に襲撃などはなくその場を後にする。


その後取引場所についたエゼキエル達だったが、結局時間に間に合わず救世主との取引に遅刻してしまう。そして小競り合いが始まると救世主に銃を取り上げられてしまう。更に取引の物資が一つ足りず契約を守っていないと言われると、問題を解決するためと救世主はベンジャミンを拳銃で撃つ。そして救世主はエゼキエルに不足分の物資を次の日持ってくるように伝えるとその場を後にする。その後モーガン達はベンジャミンが王国までもたないと考えキャロルの家に運ぶが処置が間に合わずベンジャミンは死んでしまう。


その後モーガンは黙ってキャロルの家を出て行くと、取引前に足止めをされた場所へ戻りその場で怒りをぶつけるがそこでメロン一つを発見する。そしてモーガンは足止めやメロンを隠した犯人がリチャードだと気がつくとリチャードの部屋へ出向いて事の真相を確かめる。それに対してリチャードは全ては自分の仕業で自分が死ぬはずだったとモーガンに告げる。更にリチャードは自分の過去をモーガンに語ると、続けて今回のことを利用して救世主に服従していると信じさせて攻撃するべきだと提案する。


次の日、モーガン達は足りなかったメロン1個を持って救世主との取引に向かう。そして取引場所で再び救世主達と取引をする。しかし取引途中でモーガンがリチャードを襲い殺してしまう。その後モーガンは足止めや取引妨害をしたのはリチャードで、王国と救世主を争わせようとしていたと告げる。続けて救世主に王国は救世主に従う、何をするべきかわかっていると言うと救世主は納得して帰っていく。


その後モーガンは一人でリチャードを埋めた後キャロルの元を訪れる。そしてリチャードを殺したことを告げて、続けてアレクサンドリアで起こったことをキャロルに教える。更にリック達が王国を訪れたのは救世主と戦うため協力を要請したからだと話す。そして知っていることを話したモーガンはキャロルの元を去ろうとするがキャロルはモーガンを引きとめる。その後キャロルは王国を訪れる。

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第13話  決壊した良心】感想

f:id:a-map:20180610142541j:plain引用:AMC

 

キャロルがモーガンを訪ねて王国に向かうとき、王国の門にいる数体のウォーカーを木に登って軽々と片付けますが印象的なシーンでした。道中も含めて手慣れてて歴戦の猛者って感じでしたね。そしてキャロルがモーガンの元を訪れたときモーガンは何も答えようとしませんが、この時点では確かにモーガンがあえて何も教えないのはわからなくはないですね。でもキャロルはこの時点でアレクサンドリアで何かあったのは察していたんでしょうね。


その後救世主との取引に遅刻したモーガン達ですが、その際ベンジャミンが撃たれてしまいました。あのシーンではてっきりリチャードが撃たれるかと思ったんですけど救世主はなんでベンジャミンを撃ったんですかね?それにしてもここでベンジャミンが死んでしまうとは。そういえばベンジャミンは彼女?の存在を匂わせますがその存在は最後まで明かされることがなかったですね。


そして足止めやメロンを隠したのはリチャードだったんですね。そういえば最初にキャロルが王国から帰るとき、リチャードがいて何かしているなって思いましたが、あのときに取引妨害の準備をしていたということでしょう。リチャードとしては取引を邪魔してベンジャミンが殺されたのは予想外だったかもしれないですけど、結果としてベンジャミンが死んだわけでリチャードのしたことを知ったモーガンが怒ったのは無理もないですよね。


そしてリチャードが訪ねてきたモーガンに過去の事を語りますが、リチャードの言ってる誰か任せにしてしまうっていうのはわからなくはないですね。グループにいるとつい誰かがなんとかしてくれるって気持ちになったりしますからね。そしてそのことでキャンプが壊滅したことを後悔しているようで、リチャードとしてはなんとしても救世主という危険を排除しようと考えていたわけですね。理解できなくはないですが、でもちょっとリチャードのやり方は手法がよくないですよね。


その後モーガンが取引時にみんなの前でリチャードを殺しますが、救世主との取引前にモーガンがリチャードに取引妨害の件をみんなに話したか聞いたとき、あくまで隠し通すリチャードを見て殺そうと決めたんでしょうね。モーガンは救世主に示すためリチャードを殺して裏切りをみんなに告白したと言っていますが、ちょっとリチャードを殺すのはやり過ぎなのではと思うところもあります。


そしてリチャードを埋めた場所にあったケイティってリュックですけどあれはおそらくリチャードの娘のリュックなのかなって思いました。


その後モーガンはキャロルの元を訪れてアレクサンドリアで起こったことをキャロルに教えましたが、これでキャロルも立ちあがったようです。


でもそのままモーガンが昔みたいにバーサーカー状態に戻るのかなって思いましたが、キャロルが引きとめたことで王国に留まったのかもしれないですね。ただモーガンがどうなったのかちょっと最後の感じだとわからなかったです。


そういえばエゼキエルも戦う覚悟を決めたようですし今後は救世主との全面戦争になりそうな感じになっておきましたね。

 

次のストーリー【第14話 密かな断行】

 

 

 

シーズン7の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180610140957j:plain

戦いの日々に疲れ果てリック達のグループを離れ一人で過ごしていたが、グレン達の死や気にかけてくれる仲間のために立ち直り救世主と戦うため立ちあがる


モーガン・ジョーンズ(レニー・ジェームズ)

f:id:a-map:20180610141056j:plain

救世主との戦いを避け殺さずを貫いていたがベンジャミンの死により事の発端を作ったリチャードを殺してしまう


 

プライバシーポリシー