ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン7【第12話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820093604j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

聖域に連れて来られたユージーンはニーガンに能力を見せるよう要求される。そしてユージーンが知識を披露するとニーガンはユージーンを気に入りその能力を認めて手厚くもてなす。一方ドワイトは脱走したシェリーを探していた。そしてシェリーの痕跡を見つけるがシェリーを見つけることはなく聖域に帰る。その後ドワイトは全ての罪をカーソン医師に着せるとニーガンはカーソン医師を殺してしまう。


そんな中ユージーンはニーガンの妻から毒薬を依頼されていたがニーガンに使うつもりだと知り受け渡しを拒否する。その後ニーガンはユージーンの部屋に訪れお前は誰だと尋ねるとユージーンはニーガンだと答える。

 

前回のあらすじ【第11話 自我を失い】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第12話  覚悟】あらすじ

f:id:a-map:20180610142531j:plain引用:AMC

 

リックとミショーンは救世主と戦うのに必要な銃を探すため二人で物資調達に出ていた。しかし数日が経ってもあまり銃が見つかっていなかった。そんな中、物資調達を続けるリック達は遊園地を見つける。


一方町にいるロジータはなかなか救世主と戦えないことに苛立ち一人で銃を探しにいく。その後森の中の建物でウォーカーに襲われながらも銃を見つけるが、それは銃ではなく水鉄砲だった。


そしてリック達は遊園地の建物に登り広場の様子を伺うとそこには銃を持った兵士や民間人のウォーカーが大量にいた。リック達はウォーカーの持つ銃を見て喜び、ミショーンは射撃の練習を始める。しかし建物の天井は抜けてしまいリック達はそのまま建物の中に落下する。そこには大量の物資があった。


夜になり町へ戻っていたロジータはゲイブリエルの元を訪れる。そして抑えきれない思いをゲイブリエルにぶつけるが、ゲイブリエルはロジータの言葉にしっかり耳を傾けて言葉を返すとロジータは無言でその場を後にする。


一方リック達は遊園地内の建物で夜を過ごしながら今後のことを話していた。遊園地で銃を回収しニーガンを倒すことを第一に考えるリックに対し、ミショーンはニーガンを倒した後のことを考えていた。そしてミショーンはニーガンを倒したらリックがリーダーになるように提案する。しかしリックはコミュニティー同士で共存して生活をしていくべきだと告げる。それでもミショーンは誰かが導くべきでそれはリックだと言うと、リックは一人では無理だがミショーンと一緒なら出来ると返事をする。


そしてアレクサンドリアではタラがオーシャンサイドのことをリック達に話すべきか迷っていた。


一方リック達は昼間に銃の回収を始める。そんな中広場のフェンスが壊れているためリックは車でフェンスを塞ごうとするが失敗してウォーカーに囲まれてしまう。しかしなんとかその場を凌ぎ2手に別れると柵越しにウォーカーを倒していく。


順調にウォーカーを倒していたリック達だったが、リックは鹿を見つけるとウォーカーを倒すのを中断して鹿を捕まえようとする。しかし観覧車に登って射撃しようとしたところリックは誤って観覧車から落ちてしまいウォーカーに囲まれる。急いで駆け寄るミショーンだったがウォーカーの餌食になっている様を見てリック救出は間に合わなかったとうなだれる。しかし餌食になったのは鹿でリックは近くに隠れていた。


その後二人でその場のウォーカーを片付けると銃を集めて車に積み込む。そして帰りの車の中でリックは仲間やグレンの死を思い出し不眠に悩んでいることや自分の思いを打ち明ける。


その後ごみ山に出向き銃を渡したリック達だったがこれでは足りないと言われ更に銃を持ってくるように強要される。


一方ロジータはアレクサンドリを出てヒルトップへ行く。

 

ウォーキング・デッド/シーズン7【第12話  覚悟】感想

f:id:a-map:20180610142534j:plain引用:AMC

 

リック達は物資調達中にさりげなく救世主を襲ってますね(笑)そういえば物資調達に出て2日が経ちミショーンが町に戻ろうと言いますがリックは戻りたがらないのが印象的でした。


それにしてもロジータは終始イライラしてます。まあ気持ちはわからないでもないですけどもうちょっと落ち着いたほうがいいですよね。そういえばロジータが水鉄砲を見つけたときに、水鉄砲に近づいた瞬間ウォーカーが出てきたのはいい出方でしたね!なんとなくゲームっぽい出現だなって思いました。


そしてリック達が見つけた遊園地で大量にたむろすウォーカーですけど、リック達はもうウォーカーがあれだけの数がいても驚かないんですね。まあリックとミショーンだったらなんとかできそうな感じはしますよね!その後床が抜けて落ちると大量の物資があるっていう流れもゲームのボーナスステージっぽくて今回はなんとなくゲームを感じさせる流れだなって思いました。


そういえばゲイブリエルを責めるロジータですが、さすがゲイブリエルは良いこと言いますね。


それにしてもリック達は遊園地の建物内で夜を過ごしますが外には大量のウォーカーもいる状況でよくあそこに泊まれますね(汗)とても落ち着いて寝られる環境だと思えないです。ただちゃんとした食べ物もあり宴みたいですよね!


そして会話の中でミショーンが話すニーガンを倒した後のことについてですけど、この発想はすごいなって思いました。確かにミショーンの言うとおりニーガンを倒せば統率している場所は混乱するでしょうし今のうちから倒した後のことを想定しておくべきですよね。言われてみると確かに考えておかないとって思うけどこういうことを前もって想定しておけるのもミショーンの強みですね。


次の日銃の回収を始めたリック達ですが、さりげなく自分は1体でミショーンに8体任せたリックが面白かったです。ミショーンの何で自分が8体なの?やれやれって感じもいいですね(笑)あっさり8体倒したミショーンですがその後の車でフェンスを塞ぐのが失敗する流れがよかったですね。流れるように失敗して追い詰められてました!それにたまたま銃を乱射できたウォーカーはこんなことあるんだーって感じでした!


その後2手に別れて柵越しにウォーカーを片付けていくところはさすがでしたね。なんとなく刑務所の柵越しにウォーカーを片付けていた頃を思い出しました。それにしてもリックが観覧車から落ちた時はまさかリックがここで?って思いました。まあさすがにここでやられるリックではなかったですね。でもこのドラマはいつどこで誰が殺されるかわからないからリックやミショーンだっていつどうなるかわからないですよね。


そして帰り道ぐったりしていたミショーンですがリックが死んだかもって思ったのがよっぽどショックだったようですね。


そうえいばリックは不眠に悩まされていたんですね。確かに今回はやたら町に帰りたがらなかったり、遊園地での突然鹿を追い出すなどちょっと今までのリックと同じ人物なのかなっていうくらいにリックの様子がおかしかったですもんね。不眠の原因は仲間の死のようですが特にグレンのことを気に病んでいるようです。そして町に戻ろうとしなかったのは気晴らしをしたかったからのようです。確かにこれだけ色々なことが起こったら調子を崩すのが普通ですよね。


しかしごみ山の住民に銃を届けてこれで足りないって言われると思わなかったです(汗)こんなんでごみ山の住民と手を組んで本当に大丈夫なのかなって心配になりますね。


そしてロジータですけどもう止まれないって感じなんでしょう。どうやらサシャと二人でニーガン襲撃に行くようですね。でも二人での襲撃はさすがに成功しないかと思うんですけど、このまま襲撃に行ってしまうのでしょうか。

 

次のストーリー【第13話 決壊した良心】

 

 

 

シーズン7の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)

f:id:a-map:20180610141107j:plain

一度はニーガンに心を折られて、ただただニーガンに従い物資を供給していたが、仲間の死や周りの言葉で立ち直りもう一度ニーガンと戦うことを誓う


ミショーン(ダナイ・グリラ)

f:id:a-map:20180610141053j:plain

物資調達からメンタルまでリックを様々な面で助けてアドバイスをする。常に冷静でニーガンを倒すためアジトを探すなど着々と準備を進めている


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー