ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン4【第14話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180819115833j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

マギー達は森の中を進んでいたが線路に出て終着駅の看板を見つける。その後終着駅を目指すが話し合いをして3人は終着駅を目指すことにするが、森で夜を越した次の日にマギーの姿はなかった。


一方ダリル達は民家で休んでいたが民家にウォーカーが押し寄せ脱出したところでベスが何もかに攫われてしまう。そしてダリルは見知らぬ生存者グループと出会い行動を共にすることにすることにする。マギーはグレンを探して一人で終着駅に向かっていたがボブとサシャもマギーを追って線路を進んでいた。その後マギーと合流し3人で終着駅に向かうことにする。

 

前回のあらすじ【第13話 孤独と温もり】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン4【第14話  正気な狂気】あらすじ

f:id:a-map:20180415160023j:plain引用:AMC

 

夜キャロルとリジーは見張りをしていた。キャロルはリジーに早く寝るように促すがリジーはなかなか寝ようとしない。そしてしばらく話をした後にリジーは眠る。


次の日キャロル達は終着駅を目指して移動をしていたがキャロルはウォーカーを恐れず人間のように考えているリジーとおそらく戦うこと自体できないであろうミカのことを心配していた。そして線路進むキャロル達だったが、途中キャロルはミカと水を探しに行きタイリースとリジーはジュディスの面倒を見ながら待機する。キャロルはミカに心配していたことを確認するとウォーカーは殺せるけど人間は殺せないと語る。


その後キャロル達は話をしながら森の中を歩いていると小屋を発見し、そこで休憩を取ることにする。そして小屋の中に入ろうとすると近くで煙が立ち上っているのを目にする。


キャロルとタイリースは小屋の中を探索するが外で待機をしていたリジー達の元にウォーカーが現れる。ミカがウォーカーを銃で撃ち殺すがリジーはウォーカーが死んでしまったことにショックを受ける。


その夜小屋のリビングで安心できる時間を過ごすキャロル達はほっと一息つく。そしてミカは終着駅ではなく小屋に住めばいいとつぶやく。


次の日キャロルがふと外を見るとリジーはウォーカーと遊んでいた。キャロルは急いで外に行くとリジーが鬼ごっこのように遊んでいるウォーカーを始末する。次の瞬間リジーは怒りウォーカーを殺してしまったキャロルを激しく責め立てる。キャロルはウォーカーが危険だと何度も説明するがリジーはまるで聞く耳を持とうとしない。


その後キャロルはリカと狩りに出るがどうしても鹿を撃つことができないリカはそのまま鹿を取り逃がしてしまう。そしてキャロルはタイリースと一緒にいるときにタイリースもこのまま小屋で住もうと提案する。その後リジーとミカは二人でいるとウォーカーの群れに襲われる。急いで逃げて助けを呼ぶと間一髪でキャロルとタイリースによりウォーカーを殲滅する。


次の日キャロルもこのまま小屋に住むのもいいと返事をする。その後タイリースはカレンの話を始める。いまだにカレンを忘れることが出来ずに悪夢を見ることを打ち明ける。


そして外回りから戻ったキャロルとタイリースだったが、小屋ではリジーがミカを殺害していた。みんながウォーカーを受け入れないことに対して悩んだリジーは自分の考えを証明するためミカを殺しウォーカーに転化するのを待っていた。その後リジーの持ち物からネズミが見つかる。刑務所でウォーカーに餌を与えていたのはリジーだった。


リジーが他人と暮らすことを出来ないことを悟ったキャロルはリジーを家の外に連れ出し撃ち殺す。その後リジーとミカの墓を作り2人を埋める。そしてその夜、キャロルはカレンを殺したことをタイリースに打ち明ける。

 

ウォーキング・デッド/シーズン4【第14話  正気な狂気】感想

f:id:a-map:20180414145549j:plain引用:AMC

 

冒頭でリジーがウォーカーと鬼ごっこのように遊んでいますがなんとも言えない感じです。それといつになく冒頭のシーンが短かったですね。リジーは総督襲撃時にタイリースを守るため拳銃で大人を撃っています。言動も大人びていてしっかりしているのかなって思っていました。でも闇を抱えてましたね。


キャロルはリジーとミカを自分の子供同然と考えていたと思います。だからこそキャロルはリジーのウォーカーに対する考え方に気がついていたんですね。リジーは待機していたタイリース達の近くにいたウォーカーに止めを刺そうとしていたタイリースを引きとめウォーカーを殺さないようにしたりしています。ウォーカーに対して愛着があると思われる行動です。リジーからするとウォーカーは人間、またはペットのような感覚なのでしょうか?


ふと思ったんですけど結構森の中で小屋を見つけますがアメリカだと実際にこういう小屋があったりするものなんですかね?


そしてキャロルですけど今ではみんなを率いるほど成長したんだなって思いました。人間って環境と気持ちで本当に変われるものなんだなって思います。


そういえばどっかで火災?があったようですがあれは誰か別のグループでしょうか?ミカの言ってる燃えてるときは煙が黒く、鎮火していると煙が白いっていうのは初めて知りました。


それにしても普段は外で生き死にの生活をしていると小屋のリビングとかで落ち着ける時間を過ごすとほっとするんでしょうね。


そしてウォーカーの群れに襲われたリジーがウォーカーを撃ち殺します。これでリジーは現実を知って変わったのかなって思いました。


…でも…まさかミカを殺すとは。


リジーはウォーカーに感情移入をしています。そしてずっと刑務所でウォーカーに餌をあげていたのはリジーだったんですね(汗)なんていうかリジーにはまさに狂気を感じました。キャロルはリジーを殺しますがこれは仕方ないと思います。でも全ての行動が純粋にいいことをしたと思っているリジーにはなんと言っていいのか。


そしてキャロルはとうとうカレン殺しをタイリースに打ち明けましたね。この話は今までと違った意味でゾクっとしたというか怖かったです。

 

次のストーリー【第15話 トンネルの彼方へ】

 

 

 

シーズン4の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180414145612j:plain

グループの中心として委員会に属し、刑務所の住民みんなを気にかけ、そのことがみんなからも認知されている。またグループのためならどんなこともする行動力を見せる


 

プライバシーポリシー