ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン4【第10話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180819115833j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

刑務所から逃げ出したミショーンは以前のように2体のウォーカーを従え1人で森の中へ逃げ込み、リックはカールと2人で逃げて民家を見つけて夜を過ごしていた。そして次の日リック達のいる民家に2体のウォーカーが現れる。そんな中リックが目を覚まさないためカールがウォーカーの対処をする。その後もリックは目を覚まさないためカールは1人で物資調達に出る。


一方森の中で1人彷徨うミショーンは1人の生活に戻ったことに嫌気がさしていた。そしてカールが物資調達から戻るとリックが目を覚ます。その後2人のいる民家にミショーンが現れる。

 

前回のあらすじ【第9話 そして、独りに】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン4【第10話  生存者たち】あらすじ

f:id:a-map:20180414145516j:plain引用:AMC

 

ダリルとベスは2人で逃げていた。みんなの生き残りを信じて希望を持って行動しようとするベスに対してダリルは悲観的になっていた。ダリルの追跡術で生存者を探しながら森の中を進む2人だったが、行きついた場所で発見した足あとの主はすでにウォーカーに襲われた後だった。


タイリースはリジーとミカ、更にジュディスを連れて彷徨っていた。そして森の中で生存者の悲鳴を聞くとタイリースはリジー達をその場に待機させ一人で様子を見に行く。タイリースは悲鳴のした場所に駆けつけるとウォーカーに襲われている生存者を見つける。急いで助けるが間に合わず生存者はウォーカーの餌食になっていく。そんな中、森でも銃声がして焦るタイリース。しかしふと振り返るとそこにはリジー達を連れたキャロルがいた。


再会を喜ぶタイリース。そして致命傷を負ってしまったが生き残った生存者から線路を進むと安全な場所があると助言をされると、タイリース達はその言葉を信じて線路を進むことにする。その後線路を進んでいると終着駅と示されたポスターを目にする。


マギーとサシャとボブは3人で森の中を逃げていた。サシャは川辺を見つけると休憩を取ろうと提案するがマギーはグレンの乗ったバスを探すと単独行動を取ろうとする。サシャとボブはマギーと一緒にバスを探しに行くがグレンを探そうとするマギーに対しサシャは食料や家を探すべきだと主張する。


その後マギー達はバスを発見するが、バスの中の住民は全員ウォーカーになっていた。マギーはバスの中にグレンがいるか確かめるためバスの扉を開放し、ウォーカーに止めを刺していく。バスの中まで入って確認をするマギーだったがそこにグレンの姿はなかった。


一方グレンは刑務所に取り残されていた。まだ建物内にウォーカーが侵入していないのを確認すると必要な物資を集め防護服を身につけ刑務所を脱出しようとする。しかし刑務所から出ようとすると同じく取り残されているタラを発見する。そしてグレンはタラと一緒に刑務所から逃げることにする。


無事刑務所を逃げ出した2人だったがタラは総督を信じたことを後悔していた。グレンはタラにマギーを探すのを手伝ってほしいと頼むがまだ病み上がりのグレンは追ってきたウォーカーと戦っているうちに気絶してしまう。

 

ウォーキング・デッド/シーズン4【第10話  生存者たち】感想

f:id:a-map:20180414145519j:plain引用:AMC

 

ベスはたくましくなりましたね、疲れきっているダリルに発破をかけたりしています。前向きに考え行動していますが農場時代のベスでは考えられないことだったでしょう。ダリルはこれまで第一線で動いてきたからこそ壁の外で生き抜くのがいかに大変か知っていて仲間の生存に悲観的になっているのかなって思いました。


タイリースは大変ですね、赤ん坊と子ども2人です。この状態で逃げ切るのはかなりハードモードですね。それにしても大人でもビビってしまう状況なのにリジーはしっかりしていますね。ミカのように萎縮してしまうのが普通だと思います。


そしてまさかのキャロルが出てきました、ここで合流するとは絶好のタイミングですね!あれからずっと一人で生き延びていたんですね。そしてキャロルは総督襲撃の一部始終を見ていたようです。大人1人で子どもを3人引き連れていたタイリースもこれで心労は軽減されるでしょう。そういえばタイリース達とダリル達の見つけた線路のウォーカー達は同じ場所だったんでしょうか?


マギーはここでグレンを探しに行くのはちょっと強引ですけどグレンを探したい気持ちはわかります。ただサシャが言うようにここは食料と家を探すほうが先かと思います。サシャはやっぱり現実主義で生き抜く力があるなと思います。この2人だけだと衝突しそうですけどボブがいるのがちょうどいいクッションになってますね!


そしてまさかあのバスの扉を開放してグレンの生存を確かめると思わなかったです。でも確かに僕もそうしたくなるかもしれません。もしかしてグレンはバスの中にいるのかな?って思ったんですけど生きてましたね、よかったです!


そのグレンは最初一人で取り残されていますがなんとなくバイオのゲームを彷彿とさせるようなシーンでした!そしてタラも生き残っていたんですね。今回はかなり生存者が出てきました。


そして最後に出てきた生存者は敵か味方か…また散り散りになったリック達は再び出会うことができるのか…気になります。


そういえば終着駅という場所があるようですね。町になっているのでしょうか?わざわざ線路にポスターを貼っているということは生存者の受け入れをしているのだと思います。生存者同士の強奪などもある中ですごいですね。もしかして政府関係者とかがいるのかもしれないですね。

 

次のストーリー【第11話 危険なよそ者】

 

 

 

シーズン4の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20180414145623j:plain

元警察学校の学生で総督と出会い行動を共にする。総督と一緒に刑務所襲撃をするが生き残り、その後はグレンのマギー探しに協力する


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー