ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン2【第3話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180819085802j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

オーティスの弾に被弾したカールは農場でハーシェルの治療を受けることになる。その後一命を取り留めるが、依然として危険な状態のため手術が必要な状態だった。そしてシェーンとオーティスが近くの避難所に必要な薬と医療器具を調達しに向かうが避難所には大量のウォーカーが徘徊していた。その後シェーン達はなんとか医療器具の確保に成功するが、ウォーカーに見つかり追い詰められてしまう。

 

前回のあらすじ【第2話 命の代償】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン2【第3話  最後の銃弾】あらすじ 

f:id:a-map:20180303154151j:plain引用:AMC

 

シェーン達は避難所でウォーカーの群れに追われて振り切れずにいた。そんな中シェーンはウォーカーから逃げるため窓から飛び降りるが、その際に足を痛めてしまう。


一方ダリル達は車で夜を過ごすと、まだ暗いうちにダリルとアンドレアでソフィアを探しに林の中へ出発する。そしてTドックは治療のため一足早くグレンと農場を訪れる。


片や農場ではカールの容体が一刻を争う状態で、リックとローリは医療器具を待たずに手術するかを迫られていた。そんな中ローリは現状の苦しい状況とこの世界に絶望し、カールを楽にしてあげたほうがいいのではと考え始めていた。しかしリックは諦めずローリを説得してハーシェルに手術を依頼する。


そして医療器具なしの危険な手術を決行しようとしたそのとき、シェーンが医療器具を調達して農場に戻ってくる。しかしそこにはオーティスの姿はなかった。そしてハーシェルの手術によりカールの容体は安定するとリック達は胸をなでおろす。


その後シェーンは避難所での出来事を思い返しながら髪を剃っていた。

 

ウォーキング・デッド/シーズン2【第3話  最後の銃弾】感想 

f:id:a-map:20180303154212j:plain引用:AMC

 

冒頭シーンでいきなりシェーンが頭を剃っていたので何が起きたかわからなかったです。あれ?話飛ばして観ちゃったかなって思いました(笑)


そういえばダリルはソフィア探しにかなり積極的ですね。少年時代に9日森を彷徨ったことを大したことなかったと言っていますが本当は寂しかったのかもしれないですね。でもこの体験談はワイルドですね(笑)


それにしてもオーティスが死んでしまったシーンについてはまさかの展開でしたね、こうなってしまったかって感じでした。そしてこのシーンでシェーンは…一線越えてしまいましたね。シェーンは頑張ってきたところも多かっただけに今回の行動は残念だったなって思います。

 

次のストーリー【第4話 涙に咲く花】

  

 

 

シーズン2の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


カール・グライムズ(チャンドラー・リッグス)

f:id:a-map:20180303152720j:plain
流れ弾に当たり生死を彷徨うが無事回復する。更にウォーカーを撃退するなど成長を伺わせる


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー