ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン2【第2話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180819085802j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

爆発したCDCから脱出したリック達はフォートベニング基地を目指していた。その道中ウォーカーの大群に襲われ、なんとかやり過ごすがその際ソフィアが一人で林に逃げだし行方不明になる。そしてソフィアを探してハイウェイで数日過ごす中、捜索中にカールが林で銃弾に被弾してしまう。

 

前回のあらすじ【第1話 長い旅路の始まり】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン2【第2話  命の代償】あらすじ

f:id:a-map:20180303154120j:plain引用:AMC

 

カールは狩りに来ていたオーティスの流れ弾に被弾してしまう。リック達は謝るオーティスから近くの農場に住んでいること、そこには医師もいることを聞くとカールを抱いて急いで農場に向かう。そして農場のオーナーで獣医師のハーシェルはカールを治療することになる。


一方皆の帰りを待つデールとTドックだったが、Tドックはウォーカーの群れをやり過ごす際に負ったケガが悪化していた。


そして農場では治療を受けていたカールがハーシェルの応急措置により一命を取り留めるが、依然として危険な状態のため手術が必要な状態だった。しかしハーシェルの家には手術に必要な器具がなく、ハーシェルはそのことをリック達に伝える。そして輸血のためリックは農場に残り、シェーンとオーティスが近くの避難所に必要な薬と医療器具を調達しに向かうことにする。


その後ローリもハーシェルの長女マギーの案内により農場へやって来る。そんな中残りのメンバーは農場に行くか探索を続けるか迫られていた。


一方避難所へ到着したシェーン達だったが、そこでは目を疑う光景が広がっていた。

 

ウォーキング・デッド/シーズン2【第2話  命の代償】感想 

f:id:a-map:20180303154134j:plain引用:AMC

 

リックとシェーンは意見がぶつかることはありますが、リックはなんだかんだシェーンを頼っていると思います。カールが撃たれて動揺しているリックをシェーンが落ち着かせるシーンを見てそんな風に思いました。


それにしてもカールの泣き叫んで苦しんでるシーンは悲惨ですね、ハーシェルが取り出した弾を見てあと5つと言うシーンは絶望感漂ってきます。


そしてTドックがケガで弱気になりグループを抜けようとしていますし、他のメンバーも相当限界が近いように感じます。そういう意味ではこのタイミングで一安心できる場所が見つかったのは最良のタイミングなのではないでしょうか。


そういえばダリルは兄貴の荷物をあさりTドックに薬を分け与えるなど心境の変化があるように感じます。不器用なりに皆のために必死に頑張っているように感じるのは僕だけでしょうか。


それにしても新しい登場人物も出てきて物語がうごき出した感じですね。今後の展開が楽しみです!

 

次のストーリー【第3話 最後の銃弾】

  

 

 

シーズン2の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ローリ・グライムズ(サラ・ウェイン・キャリーズ)

f:id:a-map:20180303152647j:plain
気丈な女性で不満が多いメンバーに叱咤する場面も見せる。妊娠しておりこんな世界で生むべきか迷っている


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー