ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン10【第21話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead



f:id:a-map:20210319005140j:plain引用:AMC

前回のあらすじ

謎集団トルーパーに捕まったユージーンたちは各自バラバラに列車に軟禁される。


その後プリンセスは列車の隙間から隣の車両にいるユミコに脱出しようと言うが、ユミコはトルーパーに従うべきだと返答するとプリンセスはユミコの言う通りおとなしくすることにする。そして次の日プリンセスは車両から抜け出す。その後プリンセスはユージーンの車両に行くが、ユージーンはプリンセスにおとなしくしているべきだと告げる。そしてプリンセスは車両に戻る。


その後プリンセスはトルーパーに連行され面談をする。しかしプリンセスはトルーパーの質問に何も答えようとしなかった。そしてプリンセスはトルーパーに殴られ気を失ってしまう。


その後プリンセスの車両にエゼキエルが現れる。そしてエゼキエルはプリンセスに脱出を提案するが、プリンセスはユージーンたちの言うようにおとなしくしているべきだと返答する。そして二人は言い合いになるが少ししてお互いに落ち着く。その後プリンセスの車両に現れたトルーパーをエゼキエルが襲って尋問する。しかしプリンセスが気がつくとトルーパーを襲っていたのはプリンセス自身で、ユミコと話をしたこと、ユージーンと話をしたこと、エゼキエルが車両に現れたことはすべて自分の幻覚だったことに気がつく。


その後プリンセスはトルーパーに素直に尋問に答えるからユミコたちに会わせてほしいと言う。そしてプリンセスはピッツバーグからサンファン経由で今の場所に来たことや、ユミコたちのことは会ったばかりだからまだよく知らないと告げる。そしてプリンセスはトルーパーの拘束を解いて銃を返すといつ仲間に会えるかと尋ねる。それに対してトルーパーは今だと返答し車両の扉を開けると、そこには拘束されて布を被らされたユージーンたちがいた。そしてプリンセスも布を被らされる。

 

前回のあらすじ【第20話 破片】

 

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第21話  分岐】あらすじ

f:id:a-map:20210331073220j:plain引用:AMC

 

山小屋を出たダリルとキャロルは物資を探していたが見つからず、気まずい雰囲気も続いていた。そんな中キャロルとドッグはアレクサンドリアへ戻ることにするが、ダリルは物資探しを続けることにする。


その後ダリルはバイクが動かなくなりバイクを置いて徒歩で移動する。そしてダリルは車を見つけてバイクの部品になる物を調達する。


その後ダリルはウォーカーを片付けて、工具や食料を見つける。そしてダリルはバイクを直すとバイクでその場を後にする。


一方キャロルはアレクサンドリアに到着すると、何でもいいから街の復旧作業を手伝おうとする。そしてキャロルはジュリーと話をすると、ジュリーから家のソーラーパネルが壊れたり、ネズミが食料を漁って食料を捨てることになったという話を聞く。更にキャロルはジュリーがお腹を空かせていることを知るとジュリーのためにスープを作ることにする。


その後キャロルはドッグと家に帰るが、家にネズミが出ると興奮したドッグがネズミを追いかけて暴れる。そしてキャロルはドッグを落ち着けるとネズミのトラップを作る。その後キャロルは野草を探すため街を出るとウォーカーの群れと遭遇しウォーカーの群れを片付ける。


その後キャロルは街へ戻るとソーラーパネルの修理をして家の電気を使えるようにする。そしてキャロルはスープを作っていたが、そんな中ネズミが罠にかかっていることに気がついて捕まえようとする。しかしキャロルはネズミを逃がしてしまう。更にソーラーパネルが壊れて再び電気が使えなくなってしまう。


その後キャロルは自分がみんなを悩ませていると感じていることや街を出ていくべきではないかと思っていることをドッグに語り掛けるように話す。


その夜キャロルはネズミの足音に苛立ちネズミがいると思われる場所の壁を壊してしまう。


そして次の日キャロルのことを心配したジュリーがキャロルの元を訪れる。そして二人は話をするとキャロルは落ち着く。そんな中ネズミが家から出ていくとキャロルはホッとした顔を見せる。そしてキャロルはジュリーにスープを振る舞う。


その後ダリルが街に戻ってくると、ダリルとキャロルは普段の感じで話をする。そしてお互いが自分の家に帰る。

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第21話  分岐】感想

f:id:a-map:20210331073251j:plain引用:AMC

 

今回は山小屋を出た後のダリルとキャロルの話でしたね。

 

悩めるキャロル

まずはキャロルですが、街に戻った後何でもいいから作業をして余計なことを考えたくないといった雰囲気をみせていました。その後キャロルはドッグに自分がみんなを悩ませていると感じていることや、街を出ていくべきではないかと思っていることを話していましたが、キャロルはメンタルが病んでいるのかもしれないですね。それはその後の壁を壊したときにも感じましたが、ちょっと心配な状況ですね。


そんなキャロルはネズミ捕りを作ったり、ソーラーパネルを直したりと能力の高さをみせました。ああいった作業を何気なくこなせるって凄いですよね。やっぱりこの世界になってから身に付いた能力なのかな?って思いました。

 

別行動のダリル

そしてダリルですが、キャロルは別行動になった際にドックがキャロルについていったシーンがありました。あのときダリルが寂しそうにしているところがちょっと面白かったです(笑)


その後ダリルのバイクは故障してしまいましたが、その際ダリルは自分で部品と工具を調達していました。このときダリルが車に潰されそうになったシーンはびっくりでしたね。どうなるのかなって心配になりました。そしてダリルがウォーカーからバイクの修理に必要な工具を見つけることができたところはゲームみたいで面白かったですね。


その後ダリルは自分でバイクを直していました。この世界ではお店があるわけではないので壊れたら自分で直さないといけないからこういった技術は自然と身についていくのかもしれないですが、でもこういった何気ないことも能力の高さだなって思いますし凄いなと思いました。

 

復旧中のアレクサンドリア

そしてアレクサンドリアですが、ソーラーパネルが壊れていたり、食料がネズミに漁られているといった新たな問題もわかりました。復旧作業もあまり進んでなく、物資も足りないようなのでかなり問題をかかえている状況のようですね。


ただ物資については実は以前も同じ問題が起こっているんですよね。シーズン6のときですが、このときアレクサンドリアは物資不足に陥っていました。そしてこのときダリルたちはジーザスのいるヒルトップとの取引で物資不足を乗り切っていました。そのためダリルたちは今回もどこかのグループと取引をするのか、それとも別の方法で物資を調達するのか、またはアレクサンドリアを出ていくことになるのかなどどういった選択肢を取るのかが気になるところですね。

 

終わりに

さて今回ですが、日常パートっぽい感じの話になっていましたね。たまにはこういうのもいいかもなって思いました。そしてダリルとキャロルの仲ですが、話の最初は険悪な雰囲気でしたが、最後はいつも通りに戻っていた感じもありました。実際はどうなのかわからないですが、二人の関係が険悪になっていないといいですね。そして次回で追加パートも終わりになります。どんな最後になるのか楽しみですね。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第22話 ここにニーガンあり】

 

 

 

 

シーズン10の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ジェリー(クーパー・アンドリューズ)

f:id:a-map:20210331073617j:plain

アレクサンドリアの復旧を中心となって進めつつ、エゼキエルの代わりを果たそうと努力している。そしてキャロルやエゼキエルのことを特に強くを気にかけている


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー