ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン10【第22話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead



f:id:a-map:20210319005140j:plain引用:AMC

前回のあらすじ

山小屋を出たダリルとキャロルは物資を探していたが見つからず、気まずい雰囲気も続いていた。そんな中キャロルとドッグはアレクサンドリアへ戻ることにするが、ダリルは物資探しを続けることにする。


その後キャロルはアレクサンドリアに到着すると、ジュリーと話をしてジュリーから家のソーラーパネルが壊れたり、ネズミが食料を漁って食料を捨てることになったという話を聞く。更にキャロルはジュリーがお腹を空かせていることを知るとジュリーのためにスープを作ることにする。


一方ダリルはバイクが動かなくなりバイクを置いて徒歩で移動する。そしてダリルは車を見つけてバイクの部品になる物を調達する。その後ダリルはウォーカーを片付けて、工具や食料を見つける。そしてダリルはバイクを直すとバイクでその場を後にする。


片やアレクサンドリアにいたキャロルは自分がみんなを悩ませていると感じていることや街を出ていくべきではないかと思っていることをドッグに語り掛けるように話していた。


その後キャロルはスープを作っているとキャロルのことを心配したジュリーがキャロルの元を訪れる。そして二人は話をするとキャロルは落ち着く。そしてキャロルはジュリーにスープを振る舞う。


その後ダリルが街に戻ってくると、ダリルとキャロルは普段の感じで話をする。そしてお互いが自分の家に帰る。

 

前回のあらすじ【第21話 分岐】

 

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第22話  ここにニーガンあり】あらすじ

f:id:a-map:20210407163259j:plain引用:AMC

 

ニーガンはアレクサンドリアで復興作業をしていたが、マギーとは気まずい状況が続いていた。そんな中キャロルはニーガンを街の外に連れ出す。そしてニーガンはキャロルの気遣いに礼を言うが、二人がたどり着いた山小屋にはニーガンの荷物が置いてあった。そしてキャロルは街の委員会の決定でニーガンを追放することにしたと告げると、ニーガンは決定に従うことにする。


その後にニーガンは山小屋で1人で過ごしながら自分の幻覚を見ていた。そして幻覚が今のままでは誰も受け入れてくれないから以前の自分に戻るべきだと告げると、ニーガンはそれに対して苛立ちを見せる。その後にニーガンはリックと決着をつけた場所に戻ると穴を掘り始める。そして穴から救世主時代に使っていたバットを見つけ出す。


そしてニーガンは12年前のことを思い出す。


まだ世界が崩壊する前、ニーガンは高校で体育教師をしていたが保護者の親を殴ってクビになり前科がついている状態だった。そしてそのことでニーガンは教師に戻ることができずに家で働かず過ごすという日々を送っていた。更にニーガンは妻ルシールの親友であるジャニーンと浮気もしていた。そしてニーガンとジャニーンが浮気をしていることをルシールは気がついていた。そんな中ルシールは検査でガンが発覚する。そしてニーガンはルシールがガンになったことを知りジャニーンとの関係を断つ。


そして7か月の時が経ち、世界は崩壊していたが、まだ終末世界になったばかりのニーガンはルシールと2人で日々を過ごしていた。そしてニーガンは世界崩壊前に医者が作ってくれた治療計画に従って薬を集めてルシールの治療を続けていた。そしてルシールの治療はあと3回投薬で終わるというところまで進んでいた。そんな中2人は終末世界といえど楽しく毎日を過ごしていた。そしてある日ルシールはニーガンに革ジャンをプレゼントする。


その後冷蔵庫が止まってしまい、冷蔵庫で保管していた薬が使い物にならなくなってしまう。そしてニーガンは薬を探すために出かけようとするが、ルシールは薬はもういいと告げる。更にルシールは過去にニーガンがジャニーンと浮気をしていたことは知っていると言うと、ニーガンはルシールが浮気を知っていたことに驚く。そしてルシールは浮気のことはもう十分償ってくれたから気にしないで欲しいと言い、ニーガンにどこにもいかないで傍にいて欲しいと頼みこむ。それに対してニーガンは治療を諦めないと返答すると薬を探しに行く。


その後ニーガンは以前生存者から聞いていた移動式の診療所を見つける。そしてニーガンは診療所の医師フランクリンを襲うが逆に捕まってしまう。その後ニーガンは妻のために薬が必要だと言い、事情を説明する。そして話を聞いたフランクリンはニーガンに物資や薬を無償で提供する。そしてニーガンは礼を言ってその場を後にする。


しかしその後ニーガンはギャングに捕まってしまう。そしてニーガンはギャングに拘束され銃を突き付けられると泣く泣くフランクリンたちの居場所を教える。そしてフランクリンたちはギャングに捕まるがニーガンは解放される。


その後ニーガンは薬を持ってルシールの元へ戻るがルシールは死亡し転化していた。そしてニーガンは涙ながらにルシールに寄り添う。そして持っていたバットに有刺鉄線を巻くとルシールごと家に火をかけてバイクでその場を後にする。


その後ニーガンはギャングの元に戻るとギャングを襲う。そしてギャングのリーダー以外を皆殺しにしてフランクリンたちを助ける。


その後ニーガンはギャングのリーダーに笑顔で再会の喜びを伝えると自分の話を始める。そして話を終えるとニーガンはギャングのリーダーを殴り殺す。


そして現在、ニーガンはバットを持って山小屋に帰るとバットに向かってルシールへの罪悪感が残っていると胸のうちを打ち明ける。更にニーガンは最後までルシールの傍にいられなかったことやバットにルシールの名前をつけたことを謝る。その後ニーガンはこれからはルシールのために戦うと告げるとバットを燃やして涙を流す。


その後ニーガンはアレクサンドリアに戻るとキャロルに街は出ていかないと告げる。それに対してキャロルは街にいればニーガンはマギーに殺されるだろうからそれは避けたかった、しかしニーガンがそこまで街にいることを望むなら仕方ないと告げる。それに対してニーガンはそれで結構だと告げ笑顔で街の中へ戻っていく。そしてマギーはニーガンをじっと見つめていた。

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第22話  ここにニーガンあり】感想

f:id:a-map:20210407163240j:plain引用:AMC

 

今回はニーガンの話になっていましたね。

 

世界崩壊前のニーガン

まずは世界崩壊前のニーガンですが、以前の職業は高校の体育教師ということがわかりましたね。そして保護者の親を殴り教師を首になって、前科がついたため教師に戻れないという状態だったようです。その後ニーガンは日々ダラダラ過ごす無職となったようですが、教師としては子どもにも慕われ良い教師だったようですね。

 

そしてニーガンが保護者を殴った理由はプライベート時間にルシールと時間を過ごしていた際に揉めて殴ったってことでしたが、これについてはルシールもニーガンの肩を持っていたので仕方のない状況だったのかもしれないですね。その後無職のニーガンはルシールの友達であるジャニーンと浮気していたようですがこれはなかなかのダメっぷりですね。

 

世界崩壊後のニーガン

そして世界崩壊後のニーガンですが、ルシールに償うように治療を続けていたようですね。もちろん償いだけではなく心から完治してほしいと思っていたのは間違いないと思いますが。そしてまだ世界が崩壊した頃はニーガンといえどもウォーカーを殺すことに慣れたくないと思っていたようです。これについてはニーガンならすぐにこの世界に順応していそうだなって思っていたので意外でした。


そしてニーガンはフランクリンを襲いましたが、このとき元救世主だったローラがいましたね。ローラはフランクリンの娘と言っていましたが、ニーガンとローラはこの頃からの付き合いだったんですね。ある意味ローラはニーガンにとって今一番付き合いが古い生存者になるかと思うので、そうなるとローラについてもこの後掘り下げられることがあるかもしれないですね。


その後ニーガンの願いも虚しくルシールは死亡して転化してしまいましたが、ニーガンがルシールごと家に火をかけたときは覚悟をした目をしていて色気というか凄みみたいのがありましたね。


その後ニーガンがギャングを襲ったときに言っていましたが、ニーガンのお気に入りの曲はジョー・コッカーの「You Are So Beautiful」のようです。聞いてみましたが聞き覚えのある曲でした、いい曲ですね。バイクに乗っているニーガンにマッチしそうだなって思いました。

 

ルシールの人物像

そしてルシールですが、今回人物像がわかりましたね。ルシールはこの世界になる前ガンになったようですが、無職になったニーガンを支えて、ニーガンが起こした傷害事件の治療費を払っているという辛い状況だったようです。しかも病気が発覚したときにニーガンがルシールの友達であるジャニーンと浮気をしていたことに気がつきました。かなりハードな状況だと思います。しかしそれでもルシールがニーガンと一緒にいたということはそれだけニーガンのことを思っていたんでしょうね。


その後世界が崩壊してからはルシールはニーガンにウォーカーを殺すべきなどと意見を言っていました。このルシールがいち早くこの世界に慣れていたことや、世界が崩壊する前の状況から見てもルシールはメンタルが強い女性だったんだろうなって思います。それだけにニーガンにとってルシールは大きな存在だったのもあるんでしょうね。そんなルシールは治療が無事終わって完治できればよかったんですが、残念ながらここまでになってしまいました。

 

現在のニーガン

そして現在ですが、ニーガンは久しぶりにバットを手にしていましたが、このバットはリックと決着をつけた場所に隠していたんですね。ニーガンがバットを隠していたのはバットを手にしてしまうと以前の自分に戻ってしまうと思っていたからでしょうか。それともそもそもバットはミショーンたちが隠したものでニーガンは密かにありかを知っていたっていう事なんですかね。どっちなのかわかりませんでした。ただどちらにしてもニーガンは再びバットを手にすることになりました。そしてその後どうするのかな?って思っていたらニーガンはバットを燃やしました。今回過去を振り返って以前ニーガンに戻るのか気になりましたが、最終的にニーガンは救世主時代の自分とは完全に訣別するってことなのかなと思いました。


そして今回ニーガンは一度アレクサンドリアを追放されました。これはニーガンがマギーに殺されないようにとの計らいもあったようですが、ニーガンはそのことを踏まえた上でアレクサンドリアに戻ることにしました。しかしマギーはニーガンのことを許しているということはなさそうですし今後どうなるのかが気になるところですね。

 

世界崩壊から12年

そして今回ニーガンの過去編で世界崩壊前が12年と7ヵ月前、世界崩壊直後が12年前ということが判明しました。これについてはジュディスなどの年齢とかも考えるとそのぐらいなのかなとも思いましたが、明確に数字が出ていなかったと思うのでなるほどと思いました。

 

そして今はシーズン10ですが、このことを踏まえると大体1シーズンは作中でも1年くらい経過しているって感覚なのかな?って思ったりもしました。でもシーズン1とシーズン2はほとんど同じ時期だと思いますし、実際は作中で経過している時間はバラバラかもしれないですね。

 

終わりに

さて今回ですが、ニーガンの過去についてかなり触れられていました。一番気になったことはニーガンが傍にいてほしいと頼み込むルシールを残して薬を探しにいったことです。こういうとき完治の可能性をかけて薬を探しに行くべきなのか、それとも寄り添い最後を看取ってあげるべきだったのかどちらがよかったのかというのが考えさせられました。結果今回は薬が間に合わなかったわけですが、しかし完治の可能性にかけたい気持ちもわかります。自分だったらどうするのか、悩むべき展開でした。


そして現在、未だにニーガンはアレクサンドリアに受け入れてもらえてないということもわかりました。しかしニーガンはそれでもアレクサンドリアの住民として生きていく決意をしたようです。ここからニーガンがアレクサンドリアで受け入れられるのかが気になるところですね。さてシーズン10はこれで終わりですが引き続き先を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

シーズン10の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)

f:id:a-map:20210120155846j:plain

アレクサンドリアで受け入れてほしいと願いつつも自分は許されないと思い過ごしている。しかしアルファを仕留めたり、ベータと戦ったりとグループへの圧倒的な貢献と力をみせる


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー