ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン10【第20話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead



f:id:a-map:20210319005140j:plain引用:AMC

前回のあらすじ

ゲイブリエルとアーロンは物資調達に出ていたがなかなか物資を見つけられずにいた。そんな中ゲイブリエルたちは地図には載っていない建物を見つけて建物の中を探索する。そして建物で銃を持ったメイズにアーロンが拘束されてしまう。更にメイズはゲイブリエルに銃を突きつける。


その後メイズはゲイブリエルとアーロンを座らせると2人に弾を1発込めた銃を渡す。そしてメイズはゲイブリエルたちにロシアンルーレットで生き残ったほうは生かすと言い、銃は自分に向けても相手に向けても良いと告げる。それに対してゲイブリエルたちは渋るが、アーロンは拘束されゲイブリエルは銃を突き付けられている状態のため断ることができず渋々納得してゲイブリエルたちはロシアンルーレットを始める。


その後ロシアンルーレット中にメイズは自分は兄家族と一緒に生活をしていたがある日兄に裏切られて対処したと身の上話をする。そしてメイズはゲイブリエルたちにも本性をみせるよう要求する。それに対してゲイブリエルは世の中そんな人間ばかりではないと言い、メイズも自分たちの仲間になるように誘う。そしてメイズはゲイブリエルたちの必死の説得に心動かしてアーロンの拘束を解く。


その後ゲイブリエルは隙をみてメイズを殺してしまう。そしてゲイブリエルはアーロンに兄を殺したような男を仲間にするわけにはいかないと告げるとアーロンは納得した表情を見せる。


その後ゲイブリエルたちは建物の隠し部屋を見つけると、そこにはメイズの兄が拘束された状態で生かされていた。しかし兄の家族は既に白骨化していた。そしてゲイブリエルたちはメイズの兄の拘束を解き手を差し伸べるが、メイズの兄は持っていた拳銃で自殺してしまう。その後ゲイブリエルたちは隠し部屋にあった物資を確保し建物を後にする。


その後ゲイブリエルたちは地図に載っていた最後の1カ所の建物を目指して歩き出す。

 

前回のあらすじ【第19話 あと一ヵ所】

 

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第20話  破片】あらすじ

f:id:a-map:20210324052556j:plain引用:AMC

 

謎集団トルーパーに捕まったユージーンたちは各自バラバラに列車に軟禁される。


その後プリンセスは列車の隙間から隣の車両にいるユミコに話かける。そしてプリンセスはユミコに列車を脱出しようと言うが、ユミコはトルーパーに従うべきだと返答するとプリンセスはユミコの言う通りおとなしくすることにする。そしてプリンセスは傷ついたユミコが気を失わないように話かけ続けるが、ユミコは気を失ってしまう。


そして次の日プリンセスは車両から抜け出す。その後プリンセスはユージーンの車両に行くが、ユージーンはプリンセスにおとなしくしているべきだと告げる。そしてプリンセスは車両に戻る。


その後プリンセスはトルーパーに連行され面談をする。しかしプリンセスはトルーパーの質問に何も答えようとしなかった。そしてプリンセスはトルーパーに殴られ気を失ってしまう。


その後プリンセスは車両で目を覚ますと再び車両を抜け出す。そしてユージーンを見に行くがユージーンは車両から消えていた。そしてプリンセスは車両に戻る。


その後プリンセスの車両にエゼキエルが現れる。そしてエゼキエルはプリンセスに脱出を提案するが、プリンセスはユージーンたちの言うようにおとなしくしているべきだと返答する。そして二人は言い合いになるが少ししてお互いに落ち着く。その後プリンセスの車両に現れたトルーパーをエゼキエルが襲って尋問する。しかしプリンセスが気がつくとトルーパーを襲っていたのはプリンセス自身で、ユミコと話をしたこと、ユージーンと話をしたこと、エゼキエルが車両に現れたことはすべて自分の幻覚だったことに気がつく。


その後プリンセスはトルーパーを拘束してトルーパーから奪った銃を持って敷地から出ていこうとするが、その間も幻覚を見続ける。そしてプリンセスは一人で逃げるべきかユージーンたちを助けるべきか迷う。


その後プリンセスはトルーパーに素直に尋問に答えるからユミコたちに会わせてほしいと言う。そしてプリンセスはピッツバーグからサンファン経由で今の場所に来たことや、ユミコたちのことは会ったばかりだからまだよく知らないと告げる。


その後プリンセスはトルーパーの拘束を解いて銃を返すといつ仲間に会えるかと尋ねる。それに対してトルーパーは今だと返答し車両の扉を開けると、そこには拘束されて布を被らされたユージーンたちがいた。そしてプリンセスも布を被らされる。

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第20話  破片】感想

f:id:a-map:20210324052542j:plain引用:AMC

 

今回はトルーパーに捕まったユージーンたちの回で、主にプリンセスの話となっていましたね。

 

幻覚を見るプリンセス

まずはプリンセスですが、今回幻覚を見ていました。そしてプリンセス過去に義父に虐待されて母がそれを見過ごしていたということがあったようです。そのことがトラウマとなり、プリンセスは心の病にかかっているようです。またこの世界になってから孤独でいたことも加わって幻覚を見るようになったのかもしれませんね。


そして今回どこからどこまでが幻覚だったのかということですが、おそらく幻覚を見ていたと言えるのはユミコと話をしたこと、ユージーンと話をしたこと、エゼキエルが車両に現れたことの三か所です。ここはプリンセスがトルーパーを襲った際に車両の壁や天井が壊れてないことを確認していたので幻覚だったといえると思います。そしてプリンセスがトルーパーを襲った後に柵で見たエゼキエルも幻覚でした。逆に言うと現実だったのはトルーパーとの面談、トルーパーを襲ったこと、その後一度列車を抜け出したこと、そして最後の布を被るところが現実ということだったのかなと思いました。


そしてプリンセスはユミコたちに相当強い意識を持っているようですね。ずっと孤独で生活をしていたようですし、それだけに思い入れも強いのかもしれないですね。

 

スピンオフとクロスしている?

そんなプリンセスはトルーパーへの尋問にピッツバーグからサンファン経由で今の場所に来たと答えていました。またプリンセスの過去の仲間と思われるトラビスやサミーといった人たちの名前が出てきました。ここで少し気になったのはトラビスです。トラビスはスピンオフであるファイー・ザ・ウォーキング・デッドに出ていた人物と同じ名前で主人公格の人物でした。トラビスは現在は行方不明で死亡しててもおかしくない最後でしたが、もし同一人物ならトラビスの復帰もあるのかなって思いました。この人物は結構好きな人物だったのでもし復帰だったら嬉しいです。

 

終わりに

さて今回ですが、トルーパーに捕まったユージーンはどこかに連れていかれそうというところで話が終わりました。話があまり進まず少しさっぱりしていた気もしますが、プリンセスを掘り下げた回になっていたということなのかなって思いました。そして今後ユージーンがどうなるのかというのが気になるところですね。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第21話 分岐】

 

 

 

 

シーズン10の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


プリンセス(パオラ・ラサロ)

f:id:a-map:20210324052826j:plain

過去のトラウマから心の病を持っていて幻覚を見るようになっている。ずっと一人で生活していたがユージーンたちと出会い仲間になる。そして今は一人で生活をしていた中で出会えたユミコたちのことをとても大切な存在に思っている


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー