ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン10【第19話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead



f:id:a-map:20210319005140j:plain引用:AMC

前回のあらすじ

ダリルとキャロルは狩りに出かける。その後ダリルたちは山小屋にたどり着く。そしてダリルたちは山小屋に入るが、その山小屋は以前ダリルが訪れたことがある山小屋でダリルは過去のことを思い出す。


そして過去、5年前にダリルはリックがいなくなった後ずっと外でリックを探していた。そんな中ダリルの前にドックが現れる。そしてダリルはドックに案内されるように山小屋へたどり着く。そしてダリルは山小屋でリアと出会う。


その後ダリルとリアは何度か会い親交を深める。そしてある日二人は山小屋で一緒に夜を過ごす。その夜リアはダリルに以前いた共同体で家族同然に思っていた仲間や子供が死んでしまったと過去を打ち明ける。そしてリアはダリルに誰か失ったか尋ねると、ダリルは兄弟を探していると返答する。それに対してリアはまだ外にいると思っているのかと尋ねると、ダリルはわからないが納得するまで探し続けると返答する。


その後ダリルとリアは山小屋で一緒に住むようになる。そして二人は男女の仲になっていく。その後リアはいつまでたってもリック探しを止めないダリルに自分を選んで山小屋に残るか、リック探しを続けるか選ぶように告げる。それに対してダリルはリック探しに行ってしまう。その後ダリルが山小屋に戻るとリアの姿はなく、ドックだけが山小屋にいた。そしてダリルは山小屋に自分を見つけてほしいと手紙を残してドッグと共に山小屋を後にする。


そして現在、キャロルは山小屋がダリルが以前話をしていたリアと住んでいた山小屋だということに気がつく。そしてキャロルはダリルに話したいことがあるなら聞くと力になろうとするが、ダリルは自分の世話を焼いてくれなくても大丈夫だと強く返答する。そして2人は言い争いになり気まずい雰囲気になる。

 

前回のあらすじ【第18話 俺を見つけてくれ】

 

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第19話  あと一ヵ所】あらすじ

f:id:a-map:20210320071644j:plain
引用:AMC

 

ゲイブリエルとアーロンは物資調達に出ていたがなかなか物資を見つけられずにいた。そんな中ゲイブリエルたちは地図にある家にたどり着くとそこは焼失していた。


その後ゲイブリエルたちは地図に載っている残り二か所となった建物の片方に行くがそこでも何も収穫ができなかった。そして地図に載っている建物は残り1カ所となるが、2週間以上の遠征が続いていたためアーロンは物資調達を中断して街へ戻ろうとゲイブリエルに告げる。それに対してゲイブリエルは残り1カ所を回ると返答するとアーロンは渋々納得して物資調達を続けることにする。


その後ゲイブリエルたちは地図には載っていない建物を見つけて建物の中を探索する。そしてゲイブリエルたちは建物内で猪と酒を発見すると、猪を調理して酒を飲みながらディナーを取る。その後ゲイブリエルたちはゲームをしつつ時間を楽しんで夜を過ごす。


そして次の日ゲイブリエルは目を覚ますとアーロンが消えていた。そしてゲイブリエルは建物内でアーロンを探していると銃を持ったメイズが現れる。そしてメイズはゲイブリエルに銃を突きつけると、建物は自分の住処だったと言いアーロンは拘束したと告げる。


その後メイズはゲイブリエルとアーロンを座らせると2人に弾を1発込めた銃を渡す。そしてメイズはゲイブリエルたちにロシアンルーレットで生き残ったほうは生かすと言い、銃は自分に向けても相手に向けても良いと告げる。それに対してゲイブリエルたちは渋るが、アーロンは拘束されゲイブリエルは銃を突き付けられている状態のため断ることができず渋々納得してゲイブリエルたちはロシアンルーレットを始める。


その後ゲイブリエルたちはお互いが自分に銃を向けて引き金を引く。そしてゲイブリエルたちは数発銃を撃ったところでメイズになぜこんなことをするのかと告げる。それに対してメイズは自分は兄家族と一緒に生活をしていたがある日兄が食料のために自分を襲ってきたと告げる。そしてメイズはしかるべき対応をしたが人間とはそういうものだと続け、ゲイブリエルたちにも本性をみせるよう要求する。


それを聞いたゲイブリエルは世の中そんな人間ばかりではないと言い、自分たちも間違いを起こしたが今では立ち直って街で協力しあって必死に生きていると告げる。そしてゲイブリエルはメイズも自分たちの仲間になるように誘う。


その後メイズはゲイブリエルたちの必死の説得に心動かしてアーロンの拘束を解く。そしてメイズはゲイブリエルたちに手を差し伸べるが、ゲイブリエルは隙をみてメイズを殺してしまう。そしてゲイブリエルはアーロンに兄を殺したような男を仲間にするわけにはいかないと告げるとアーロンは納得した表情を見せる。


その後ゲイブリエルたちは建物の隠し部屋を見つけると、そこにはメイズの兄が拘束された状態で生かされていた。しかし兄の家族は既に白骨化していた。そしてゲイブリエルたちはメイズの兄の拘束を解き手を差し伸べるが、メイズの兄は持っていた拳銃で自殺してしまう。その後ゲイブリエルたちは隠し部屋にあった物資を確保し建物を後にする。


その後ゲイブリエルたちは地図に載っていた最後の1カ所の建物を目指して歩き出す。

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第19話  あと一ヵ所】感想

f:id:a-map:20210320071627j:plain引用:AMC

 

今回はゲイブリエルとアーロンの物資調達の話でしたね。

 

物資不足

まずは2人の物資調達ですがマギーからもらった地図を元に物資調達をしていたようです。そして今回実はアレクサンドリアが物資不足になっているということが判明しました。


確かにアレクサンドリアは人数も多いですし作物を作ったりしないと物資はなくなってしまいますよね。これについては今回ちょっとしか話が出てこなかったですが、実はかなり重要な問題だと思います。

 

現実主義のゲイブリエル

そしてゲイブリエルとアーロンですが、メイズの住処で夜を過ごした際に宴を開催していましたが、ゲイブリエルは酒に詳しかったりトランプが強かったりと結構意外な一面を持っているなって思いました。ゲイブリエルが神父ということを考えると余計に意外だなと思いました。


その後ゲイブリエルたちはメイズと出会いました。そしてゲイブリエルたちはメイズにロシアンルーレットをさせられましたが、かなり緊張感がある状態でしたね。意外とここでどちらか死んでしまうという展開もあるのかなと思ったりしました。


その後ゲイブリエルたちはメイズの説得に成功して何とか拘束を解いてもらうことに成功しましたが、まさかここでメイズを殺してしまうと思わなかったです。なんか最近のゲイブリエルはかなり闇属性の人物になってきているというか結構容赦ない人になってきたなと思いました。


ただゲイブリエルは悪人はルールの例外ではなく、彼らがルールと言っていました。今回の言動と合わせて考えるとゲイブリエルはもう理想は捨ててかなり現実主義になっているのかもしれないですね。

 

悲しい生存者

そしてメイズですが、メイズは兄に襲われて人を信じられなくなったようです。そんな中ゲイブリエルたちに住処に侵入されて、最後は信じてみようと思ったゲイブリエルたちに殺されてしまうというかなり悲惨な最後を迎えてしまいました。メイズは一瞬仲間になるのかなとも思ったんですがここまでになってしまいましたね。


ただメイズはゲイブリエルたちにロシアンルーレットをさせてしまっていたので、この流れから考えると過去に生存者を殺していたり、今回の生存者がゲイブリエルたちじゃなかったら殺していた可能性もあるので仕方のないところなのかもしれないですね。


そうは言っても実は兄が生きていたのに兄を殺したと思われて殺されてしまったのは辛いところですね。

 

終わりに

さて今回はゲイブリエルたちの物資調達の話でしたが、ゲイブリエルたちは出会ったメイズを容赦なく殺してしまいました。これについてはゲイブリエルは人が変わったように容赦なくなったなというのと若干後味もよくなかった感じもするなって思いました。でもこれも生き抜くためには仕方のないことなのかもしれませんね。


そしてもう一つアレクサンドリアが物資不足に陥っているということが判明しました。これはグループを維持する上でかなり重要な話になってくるのでこの危機を乗り越えられるのかというところが気になるところです。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第20話 破片】

 

 

 

 

シーズン10の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


メイズ

f:id:a-map:20210320071741j:plain

兄家族と一緒に生き延びていたが、ある日兄に食料のことで襲われ逆に返り討ちにして兄を拘束していた。その後住まいに侵入したゲイブリエルたちと揉めるが、ゲイブリエルたちの説得に応じてゲイブリエルたちの仲間になろうとする。しかし最後はゲイブリエルたちに殺されてしまう


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー