ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン2【第13話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20181120193120j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

 

オフィリアは一人で車で移動していた。そして海辺の建物にたどり着くと元婚約者のことを思い出していた。その後ガソリンを補給し再び車を走らせる。


一方ニック達は住民が集落から逃げ出した知らせを受ける。それに対してアレサンドロが動揺し集落からの外出を禁止する。しかしニックはギャングとの取引が必要と考え、黙って取引に行こうと考える。そんな中見張りをしていたニックは集落がギャングに見られていることに気がつく。


片やマディ達はホテルの片付けと守りを固めていたが、そんな中ストランドがアイリーンに刺されてしまう。その後マディ達が薬の調達のためギャングの元へ行くが、ギャングとの取引中にマディはニックらしき人物の情報を耳にする。


その後夜になりマディ達は薬を持ってホテルへ戻る。そしてマディはホテルに到着するとニックにホテルの存在を知らせるためホテルの照明をつけてしまう。しかしアリシアが説得してホテルの照明を消す。そんな中トラビスは遠くでホテルの照明を眺めていた。

 

前回のあらすじ【第12話 塩の柱】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン2【第13話  命日】あらすじ 

f:id:a-map:20181120193902j:plain引用:AMC

 

ホテルには前日の明かりを見た人々が大勢押し寄せていた。そしてその中にはトラビスの姿もあった。


その後トラビスはホテルに入れてもらうが、クリスは一緒にいなかった。そしてマディ達と再会したトラビスには笑顔はなく失意に打ちひしがれていた。そんな中マディとトラビスはホテルでお互いのこれまでの状況を報告しあう。


そして時は遡り、トラビス達は農場で負傷したジェームズの応急処置をしていた。その後トラビスは農場の持ち主の墓を作る。


そして夜になりブランドン達は鶏を焼いて夕食を取っていた。


そんな中トラビスはジェームズの容体を確認した後クリスを呼び出す。そしてトラビスはクリスに人を殺したことに罪の意識を感じないのか問う。それに対してクリスは友達を守るためにやったと返答し、この世界には善悪はないと言い放つ。更にブランドン達を仲間と考えるクリスとブランドン達は仲間ではないと考えるトラビスで考え方が異なりぶつかってしまう。


その後ブランドン達は鶏を食べつくしてしまい、ジェームズの回復を待たずに農場を出ていくことにする。しかしトラビスはジェームズの傷が治るまで農場を出るべきではないと反論する。しかしブランドン達に押し切られてトラビスも農場から出ていくことにする。


だが農場を出てすぐにジェームズが苦しみ出してトラビス達は再び農場に戻ることにする。その夜ブランドン達はジェームズを殺す計画を立てていた。しかしそれを聞いたトラビスはジェームズ殺しに反対する。しかしブランドン達はそれでもジェームズを殺そうとすると、トラビスはブランドン達からジェームズを守ることにする。


その後トラビスは納屋でジェームズの傍にいてブランドン達から守っていると、ジェームズは自分も過去にウォーカーに噛まれた仲間を殺したことを告白し、傷を負った自分は助からず自分が殺されるかもしれないと察していることを伝える。しかしトラビスは傷は治ると励ます。


その後クリスが納屋を訪れる。そして仲間を殺そうとしているブランドン達に不安感を覚えたと訴えとトラビスはクリスに声をかけて安心させる。しかしクリスはトラビスが油断した隙に取り押さえるとブランドン達が納屋の中に入ってくる。そしてトラビスが制止するのも聞かずにブランドンはジェームズを撃ち殺してしまう。


その後ブランドン達は農場を出ていく準備を始める。その中にはクリスの姿もありトラビスはクリスを引きとめようとするが、クリスはブランドン達と行動すると返答し説得は失敗する。そしてクリスはブランドン達の車に乗って農場を去り、トラビスは一人農場に残される。その後トラビスも一人で農場から立ち去り、マディ達のいるホテルへ行きつく。


そしてホテルでは全てをマディに話したトラビスが、クリスを見捨ててしまったことを悩んでいると打ち明けるが、マディは何も間違ったことをしていないと慰める。しかしトラビスの気は晴れずクリスのことを思い出し、更に別れ際についても後悔していた。そしてトラビスはクリスが以前アリシアを襲ったこともクリスならやっただろうと理解し、クリスの行動に責任を感じていた。


一方マディ達はトラビスだけでなくホテルに押し寄せた難民も受け入れていたが、難民を駐車場に隔離していた。そしてアンドレアスとアリシアで難民の健康状態を確認していた。そんな中マディは駐車場へ行くとアリシアを呼び出し桟橋で二人きりになる。そしてマディはアリシアに父の死が自殺だったことを打ち明け、アリシアを大切に思っていることを伝えて今まで寂しい思いをさせたことを謝る。それに対してアリシアはマディの言葉に理解を示す。


その後夜になりホテルには更に難民が集まって来ていた。そしてその中にはブランドン達の姿もあった。

 

Fear the Walking Dead/シーズン2【第13話  命日】感想

f:id:a-map:20181120193914j:plain引用:AMC

 

今回はトラビスがマディ達と合流したのと、そのトラビスがホテルに来る前の話でしたね。ようやくトラビスがマディ達に合流できました。


まずはトラビスがホテルに来る前ですが、牧場で生存者を殺してからのスタートでしたね。その際撃たれたジェームズをトラビスが応急処置しましたが、トラビスは設備修理から簡易治療までできることが本当に幅広いですね。その後食事も鶏ではなく卵を食べるというところが先を考えているなって思いました。でもブランドン達がどんどん鶏を食べたのでトラビスの節約の意味もなくなりましたね。


そしてブランドン達ですけど、謙虚さもないですしどこかで生存者とぶつかって普通に殺されそうですね。鶏もトラビスの意見を無視して食べつくしてしまいましたし、ジェームズの回復を待たずに農場を出ていくことにしましたし、トラビスの言うように仲間になるのは難しいですね。しかしクリスはブランドン達と気が合うようです。


そのクリスは農場の主を殺したことに対して罪の意識が全くないようです。ただ海でコナー達に襲われたときは侵入者を撃たなかったことで殺されそうになったわけですし、それを考えると今回の行動は一概には責められないかもしれないです。しかし全く罪の意識がないところは問題でしょう。


そしてブランドン達が回復しないジェームズを殺すことにしましたが、その際トラビスは威嚇射撃をしてでもブランドン達を止めます。そのことにトラビスの覚悟を感じました。ただそんな中クリスが完全にブランドンサイドにいるのがなんとも言えませんでした。そしてトラビスがジェームズを守っているときに、何でジェームズを農場に置いて行かずにわざわざ殺すのか質問します。これについては同じことを思いましたが、ジェームズが過去に噛まれた仲間を殺したからだと返答しました。でもこれは今回のケースは明らかに異なりますしブランドン達がジェームズを殺す理由にはならないですよね。


その後一人でジェームズを守るトラビスの元にクリスが食事を運んできますが、トラビスはクリスに身体検査をしています。この時点でトラビスの中でクリスはもう信用できない存在だったんでしょう。しかしそれでもクリスが弱さを見せると油断してしまいました。結果見事にクリスの騙し討ちでトラビスは取り押さえられましたね。しかしクリスにはトラビスを思う気持ちはないんですかね?その後ブランドンがジェームズを撃ち殺してしまいました。こんなにあっさり仲間を殺すならクリスも何かあれば殺されそうなのに…それでもクリスはなぜかブランドン達を信頼しているようですね。そういえばクリスは16歳だったんですね。


その後ブランドン達が農場を出ていくことになり、クリスもブランドン達に着いて行くことになりました。


この農場での一連の流れではトラビスが本当に可哀想でしたね、クリスを見送るときの顔がとても切なそうでした。でも最後にトラビスから出た言葉がバカ野郎だったのが印象的でした。これについてはトラビスも後悔しているようですね(笑)まあクリスがあんなでもトラビスにとっては息子ですからね。でも行き別れなのでまたどこかで再会できるかもしれませんよね。


一方トラビス合流後ですが、あれだけ人がいる中トラビスだけホテルに入れてもらったのは気まずさもあったでしょうね。しかしマディ達と合流したトラビスは喜びより悲壮感が漂っていましたね。トラビスが暗かった理由はクリスでしたね。最初トラビスが合流した後、クリスが一緒にいなかったので最初クリスは死んだのかなって思っていましたがそういうわけではなく、クリスが別の道を選んだからなんですね。そしてトラビスはクリスと離れ離れになったことで相当悩んでいます。


そんな中トラビスはクリスが離れていったことだけではなく、クリスがアリシアを脅したことにも責任を感じています。これもトラビスにとっては悩みの種ですよね。更にクリスとの最後の別れについても後悔しています。でも生きて別れることができたのがせめてもの救いですね、また会えるかもしれないですからね。


片やマディがアリシアに打ち明けた父の自殺ですけど、やっぱりそうだったんですね。遺書があったことから自殺は確定のようですが、何度かそれっぽい話は出ていましたよね。このタイミングで話をしたのはトラビスとクリスが離れ離れになったことを聞いて、いつどうなるかわからないからマディも話をしておこうと思ったのかもしれないですね。


更にマディはアリシアに寂しい思いをさせたことを謝りましたが、アリシアはマディのあの言葉ずっと聞きたかったのかもしれないですね。でもアリシアがずっとわかっていると言い続けたのが印象的でした。あんなときでも素直に感情が出せない感じだけど…でも嬉しい気持ちもあったんでしょうね。ただ我慢することに慣れているのかなって感じました。


さて今回のトラビス合流ですが笑顔の再会にはなりませんでしたけど、でも再会できたのはやっぱりよかったかなって思います。もしかしてトラビス達はもうマディ達と合流できないのかなって思ってましたからね。そんな中最後にブランドン達もホテルに訪れていたのでクリスともここで再会になるかもしれないですね。ただブランドン達はなぜか徒歩でクリスの姿がなかったように思えました。まあ他にも数人いたようなのでその中にクリスもいたのかもしれないですね。このままニック達とも合流して全員揃う日も近いかもしれないですね!

 

次のストーリー【第14話 憤怒】

 

 

 

シーズン2の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


アリシア・クラーク(アリシア・デブナム=ケアリー)

f:id:a-map:20181121153645j:plain

ウォーカーと戦える能力があり、道徳心も強いため困っている人は助けようとする。またボランティアで医療経験があり、ホテルでは簡易的な治療にもあたる


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー