ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/タラ・チャンブラー【人物紹介】アラナ・マスターソン(ネタバレ)/Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190204124610j:plain引用:AMC

 

ウォーキング・デッド人物集です。ストーリーに登場する人物を紹介していきます。ここではタラについて紹介しています!(シーズン9時点)

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

作中どんな人物?

f:id:a-map:20190204124619j:plain引用:AMC

 

世界崩壊後、家族とアパートで引きこもっていたが、総督と出会い家族と共に外の世界へ出る。そして刑務所襲撃後はグレンに助けられ、その後リック達と行動をするようになる。


初期ではウォーカーを倒すことができなかったが、次第に戦い方を覚えてウォーカーと難なく戦えるようになる。


そしてタラは元警察学校の学生ということもあり正義感も強く、物資調達などにも積極的に参加する。しかし恋人であるデニースの死後は復讐にとりつかれて作戦外の行動をとったり、仇であるドワイトを密かに殺そうとする。だが次第に落ち着きを取り戻すと、仇であるドワイトも許しつつグループのために行動し救世主撃破に貢献する。


そして救世主との戦争後はヒルトップに身を置いていたが、マギー、ジーザスと町のトップが立て続けにいなくなるとタラがヒルトップのリーダーとなる。そして住民の安全を第一に考え町に貢献していたが、会議中にアルファ達に殺されて晒し首にされてしまう。

 

基本情報

f:id:a-map:20190204124631j:plain引用:AMC

 

気配り上手な警察学校生

 

★基本情報

登場 シーズン4
生死 シーズン9 死亡
死因 アルファ達に捕まって殺される

 

★人間関係

父  シーズン4 デイビッド 死亡
姉  シーズン4 リリー   死亡
姪  シーズン4 メーガン  死亡


恋人 シーズン4 アリーシャ 死亡
恋人 シーズン7 デニース  死亡

 

★各シーズンの紹介

シーズン4 

家族でアパートに立て籠っていたが、総督と出会い総督や家族と共に新天地を求めてアパートを出る。その後マルチネスのキャンプを身を寄せるが、総督がキャンプを乗っ取り刑務所襲撃を提案するとタラも刑務所の襲撃に参加する。そして総督の刑務所襲撃が失敗すると、その後グレンに助けられて行動を共にする。そしてエイブラハム達と出会い共に終着駅を目指し、終着駅に到着する。
 

シーズン5 

リック達のグループに加わり、終着駅の住民と決着をつける。その後エイブラハム達とワシントンを目指すが、ユージーンの嘘発覚後はリック達の元へ戻る。そしてそのままリック達と行動を共にし、アレクサンドリアへ行きついてからは物資調達など町に貢献するが、その際に怪我を負い昏睡状態になってしまう。


シーズン6 

昏睡状態から目を覚ましたタラはウォーカー誘導には行かず町に残っていた。その後ウルフ襲撃の危機から脱するが町はウォーカーに囲まれてしまう。そんな中タラは医師として頼られることになったデニースを励ましていたが、その中でデニースと恋人関係になる。そして町にウォーカーが侵入するとロジータ達と建物に逃げ込むが、その際諦め気味のロジータを励ます。その後ウォーカー侵入の危機からを無事乗り越える。


その後平穏な日常を送っていたが町が食料危機に陥り、それに伴ってアレクサンドリアはヒルトップと同盟関係になり救世主と戦うことになる。その後タラはリック達と救世主のアジトを襲撃する。そしてアジト襲撃に成功した後、タラはヒースと物資調達の旅に出る。


シーズン7 

物資調達中にウォーカーに襲われヒースとはぐれてしまう。そしてオーシャンサイドにたどり着くが、村の様子を伺っているうちに住民に捕まってしまう。その後監禁され命を狙われるが、シンディーの協力もあり無事オーシャンサイドから逃げ出しアレクサンドリアへ辿り着く。しかし恋人であるデニースはドワイトに殺されてしまっていた。そんな中リック達は救世主と戦うため武器を探していたが、タラはオーシャンサイドの情報を伝えてリック達とオーシャンサイドへ向かう。そしてオーシャンサイドで武器を借りた後に救世主との戦いに備える。その後アレクサンドリアで救世主を迎え撃ち撃退する。


シーズン8 

ダリル達とウォーカーを誘導して聖域への誘導に成功し、聖域はウォーカーに囲まれ身動きが取れなくなる。そしてヒルトップ組と救世主のアジトを襲撃に行くが、その中でデニースの復讐のため救世主に対して非情な態度を見せる。更にアジト撃破後はダリルと共に作戦を無視して単独行動で救世主への攻撃を決行する。その後形勢が変わり救世主に追い詰められると、アレクサンドリアの住民とヒルトップへ逃げていたが、その中で共に行動していたドワイトのことをひそかに殺そうとする。しかしドワイトが命をかけてタラ達を守るとタラは気持ちを入れ替えドワイトへの復讐をやめ許すことにする。そして救世主との最終決戦の際はヒルトップで守りを固めていたが、攻めてきた救世主からなんとか町を守る。


シーズン9

救世主との戦争後、ヒルトップに身を寄せつつ復興と救世主の支援に協力していた。その後マギーがいなくなると、町のトップとなったジーザスを支える。しかしジーザスが死んでしまうとタラがヒルトップのリーダーとなり住民を引っ張っていくことになる。そして王国の会議に参加し再び各共同体との連携を誓うが、その後会議中に王国に潜入していたアルファ達に捕まってしまう。そしてイーニッド達と共に殺されて晒し首にされてしまう。

 

性格

f:id:a-map:20190204124643j:plain引用:AMC

 

仲間思いで優しい性格のため周りを気遣い落ち込んでいる仲間がいると励ます。また強気な一面もあり総督と出会ったときはまだ素姓のわからない総督を威嚇する。


更にオーシャンサイドへ初めて行き着いた際は自身が危険な状態にも関わらず住民を殺さずにやり過ごそうとする。


そしてタラは元々警察学校の学生だったため正義感も強く積極性もある。またアレクサンドリアへウォーカーが大量侵入した際は諦めないだけではなく落ち込むロジータを励ます。


そんなタラはデニースが死んだ際は冷静さを失い、救世主への恨みを晴らすため作戦外の行動を取ったりする。しかし冷静さを取り戻すと持ち前の道徳心から善悪を判断し、仇であるドイワトのことを許すほどの度量を見せる。

 

印象的なシーン

f:id:a-map:20190204124651j:plain引用:AMC

 

シーズン6の8話 

アレクサンドリアにウォーカーが侵入したときの話ですね。このときタラはユージーン、ロジータと共に建物に逃げ込みます。その際諦め気味のロジータをタラが励まし仲間思いな一面を見せますが、町にウォーカーが侵入し自分も危機に陥っているにも関わらず励ましたのが印象的でした。


そしてこのときに限らずタラは仲間を気遣っていることが多いです。エイブラハム達とワシントンへ行った際はユージーンを気遣っていましたし、医者の役目を任されたデニースのことも気遣っていました。タラが日頃から仲間を思って行動し仲間思いな一面を見せることがありますが、このときはタラの優しさと危機に陥っても諦めない強さを見ることができたシーンでした。


シーズン7の6話 

ウォーカーに襲われてヒースとはぐれ、オーシャンサイドにたどり着いたときの話ですね。このときタラはオーシャンサイドで村の偵察をしているうちに捕まってしまいますが、あくまで犠牲者を出さなかったところはタラらしいなって思いました。その後タラはオーシャンサイドのメンバーに仲間になるよう誘われますが断ります。そしてタラが同盟の申し出をしますが、グループのことを考えてこうして行動できるのはタラの良いところですよね。そしてこのときタラは大分戦えるようになっていましたが、一人でウォーカーをかいくぐりながらアレクサンドリアへ戻れたところも登場時よりずいぶん成長したなって思えて印象的でした。


シーズン8の11話 

仲間とヒルトップへ逃げ延びている中で共に行動していたドワイトを殺そうとした話ですね。タラはデニースの復讐のためドワイトを殺す機会を伺っていました。そんな中仲間にドワイト殺しを止められると、タラはドワイトへ無理な要求をしたりします。ドワイトを恨むのはわかりますが、このときのタラがしていた一連の行動はちょっとあまり好きになれませんでした。しかしその後ドワイトはタラに殺されそうになりながらも命をかけてタラ達を守ります。そのことによりタラはドワイトへの気持ちを変えて復讐することをやめます。そして13話ではタラがあそこまで恨んでいたドワイトを許すとはっきり言いましたが、そのことも併せて印象的でした。

 

振り返り

f:id:a-map:20190204124701j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン4~9までのタラ紹介をまとめてみました! 

 


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20180414145623j:plain

シーズン4

元警察学校の学生で総督と出会い行動を共にする。総督と一緒に刑務所襲撃をするが生き残り、その後はグレンのマギー探しに協力する


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20180502095228j:plain

シーズン5

ウォーカーに動じず対処できる力を身につけグループのため行動する。ユージーンが車をわざと故障させたことを知った際はユージーンを慰め励ますなど優しさをみせる


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20180520132812j:plain

シーズン6

戦力としても貢献し、また落ち込む仲間がいたら励ますならメンタル面でも住民をケアする。またアレクサンドリアの住民も仲間とみてともに苦境を乗り越えようと力を尽くす


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20180610141029j:plain

シーズン7

キースとはぐれてから浜辺の町オーシャンサイドに辿り着く。侵入者として拘束されてしまうが無事アレクサンドリアへ帰る。しかし町には恋人であるデニースの姿はなかった


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20180711161642j:plain

シーズン8

ドワイトに強い憎しみを持っていたが自分を含めたリック達を何度も救うドワイトを見てドワイトを許す


タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

f:id:a-map:20190315140911j:plain

シーズン9

マギー、ジーザスとヒルトップのリーダーが立て続けにいなくなったため、ヒルトップのリーダーとして町を率いるようになる。その中で町にきたばかりのユミコ達も他の住民同様に大切に扱う


 

アラナ・マスターソン

f:id:a-map:20190204124710j:plain引用:AMC

 

女優さんの情報です!

 

★基本情報

生まれ 1988年6月27日(31歳)2020年1月時点
出身  アメリカ ニューヨーク州
未婚  レンガストーウェル
子ども 一女
テレビ 初日
    愛人
    より若い

 

★人物

アラナの父親は元プロラグビー選手で、母親はアラナのマネージャーをしています。更に父親違いの兄弟も含めて4兄弟全てが俳優をしています。華麗なる一族ですね。そしてアラナは人気テレビ番組に出演していた兄の影響をうけているようです。


そんなアラナの性格はインスタなどのSNSを頻繁に更新したり、バンドを組んでいた時期があったりと活発な性格のようです。そして私生活では未婚ですがパートナーがいて、2015年に第一子を出産しています。そして主にドラマに出演することが多くて、ウォーキング・デッド以外にも何作か他にも出演していますが、代表作はウォーキングデッドになります。

 

★妊娠

アラナの登場はシーズン4ですが、シーズン5からレギュラーになりました。そして出演が増えるにつれて一時期太ったのでは?と話題になったこともあります。しかし結果として太ったと思われていた原因は妊娠をしていたからでした。


ただ騒動の際SNSに避難が殺到したときに、体型の悪口を言った相手に娘と共に撮った写真をアップして反論しています。このことからアラナははっきりした性格なのかなって思います。またそんなアラナは出産後に元のスタイルを取り戻していますが、これは大変なことだったと思います。バッチリドラマにも復帰していますし、さすがプロだなって感じます。

 

まとめ

f:id:a-map:20190204124719j:plain引用:AMC

 

タラは登場時は一体のウォーカーを倒すのにも苦戦していましたが、後に大勢のウォーカーでも物おじせず誘導できるほどに成長しています。そのことから成長度はとても高い人物かなって思います。


またタラは警察学校の生徒だったため職業的にはリックの後輩になります。そのため世界が崩壊しなくてもリックとタラは職場で出会っていたかもしれないですね。


そしてタラは実はリックグループの中でも有数の悲劇にあっています。父、姉、姪、恋人2人とことごとく大切な人を失っています。しかしそれでも自分を見失うことなく過ごせているのは凄いし精神的にも強い人物だなって思います。


そんなタラは周りに気遣えるし作戦にも積極参加の優秀な人材でした。またそのことから人望も厚く、ジーザス亡き後はヒルトップのリーダになりました。しかし最後は囁く者に殺されて晒し首にされてしまいました。あのシーンはあまりに衝撃だったのと、ここでタラが死んでしまうのかとショックでした。タラにはまだまだ活躍してほしかったですが、ここで死んでしまうことになって残念です。

 

 

他の登場人物はこちら

 


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー