ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン9の小ネタ【前半】(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20200115154444j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン9の小ネタや気になったことを集めてみました!今回は小ネタが多かったので前半と後半にわけて、これは前半パートになります。尚、現在はシーズン9が見終わったところで、今後発覚した謎があれば追記もしていきます。

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

1話 変化したオープニング

f:id:a-map:20200115151719j:plain

シーズン9からオープニングがガラっと変わりました。以前はシーズンごとにタイトルが浸食されていくような感じでしたが、シーズン9からはタイトルが浸食じゃなくコケが生えるようになりました。これはこれでいいかなって思いますし、次のシーズン以降はどんな感じに変わっていくのかなって楽しみでもあります。

 

1話 美術館と博物館

f:id:a-map:20200115151734j:plain

1話でリック達は博物館に物資調達に行きました。この際リックは博物館ガイドを手にしていたので建物は博物館なのかなって思っていたんですけど、建物内にはマシスン美術館という表記が出てきます。この違いについてちょっとわからなかったので調べてみたんですが、美術館は博物館の一種だったみたいですね。美術館と博物館は大まかには同じ分類の建物だけど置いてある物によっても呼び名が変わったりするようです。

 

1話 ジュディスの過去

f:id:a-map:20200115151754j:plain

1話でリック達が博物館に物資調達に行ったのは作物の種を求めてのことでした。そして博物館に種があるという情報はジェイディスが出所だったようです。ではなぜジェイディスが博物館に種があったことを知っているのかということですが、ジェイディスは過去に博物館に生徒を連れてきたと言っていました。このことからジェイディスは何かの先生をしていたことがわかります。そしてジェイディスはゴミ山で作品を作っていたこともあったし、博物館に生徒を連れてきたということを考えると美術の先生だったのかなって思います。何にせよジェイディスは未だに過去が明かされず謎が多いですが、含みのある言動が多いので今後ジェイディスの過去も徐々にわかってくる展開があればいいなって思います。

 

2話 シンディーの傷

f:id:a-map:20200115151750j:plain

シーズン9ではセディクに医療技術を教わったイーニッドがシンディーの治療をしていました。このときイーニッドが医療を覚えたのかくらいに思っていましたが、後にして思うとこれはオーシャンサイドが救世主を襲っているときに負った傷なのかなって思いました。そう思うとこのシンディーが怪我をしていたのはオーシャンサイドが救世主を襲っていたという布石だったのかなって思いました。

 

2話 ゲイブリエルの恋

f:id:a-map:20200115151747j:plain

ゲイブリエルがジェイディスと男女の仲になっていきますが、その際ゲイブリエルはジェイディスに聖職者だけど恋愛は問題ないことを伝えつつも過去の話をします。その過去の話ではゲイブリエルがオルガン奏者を自分が恐れて彼女を失ったと言っていました。この彼女を失ったというのはオルガン奏者をウォーカーから見捨てたのか、または普通に恋愛関係にならなかったのか…ちょっとどっちなのかわかりませんでした。

 

2話 マザーグース

f:id:a-map:20200115151743j:plain

タラはリックをマザーグースと言いましたが、マザーグースって何なのかな?って思って調べてみました。マザーグースとは英米で親しまれている伝承童謡で、マザーグースは童謡の総称のためマザーグースに含まれる童謡は色々あるようです。日本の童謡というといぬのおまわりさんやぞうさんなどが思い浮かびます。おそらくこのような童謡の英米バージョンなんでしょうね。ちなみにきらきら星やメリーさんの羊もマザーグースに含まれるようです。

 

4話 ハーシェル

f:id:a-map:20200115151730j:plain

4話でマギーの子どもの名前が出てきますが、マギーの子どもはハーシェルと名付けられていました。マギーは子どもに父親であるハーシェルの名前を継承したようですが、日本だと名前の継承って聞かないですよね。ちょっと調べてみたらアメリカやヨーロッパだと名前を継承していくというのはよくあることのようです。そのため同じ名前で三世、四世となっていくこともあるようですね。ただこの場合父親と息子で継承していくことが一般的で母親と娘で継承するということは基本ないようです。ちなみに日本だと法律上親子で同じ名前にすろことはできないようです。

 

5話 シェーン

f:id:a-map:20200115151802j:plain

5話のリックの幻覚でシェーンが出てきましたが、これは単純に好きなシーンだったのとインパクトがあったのでここで載せてみました。まず幻覚とはいえシェーンが出てきたのは熱い展開だったと思います。そして瀕死のリックが最初に見た他人の幻覚がシェーンということは、やっぱりリックにとってそれだけシェーンは大きな存在だったのかなって思ったりしました。


そしてシェーンとの会話でシェーンはジュディスが自分の娘だと示唆していて、リックもそのことを認めている内容が話されました。このことからもほぼ間違いなくジュディスはシェーンの娘なんでしょうね。その後リックがシェーンに謝りましたが、シェーンは気にするなと返答しました。たとえ幻覚でもこれはグっとくるものがありました。おそらく本物のシェーンでも今あの場にいたらきっとこう言った、または言ってくれたんじゃないかなって思います。それにしてもシェーンと話をしているリックは本当にいい笑顔をしていましたね。

 

5話 戦争から一年半

f:id:a-map:20200115151759j:plain

マギーがニーガンを殺すためアレクサンドリアを訪れました。そしてアレクサンドリアでマギーが扉の前に立ちはだかるミショーンを説得するときに、一年半憎しみが消せなかったと言っていました。その後マギーはどうしても憎しみが消せないと何度も訴えていました…悲しいですけどそれほどまで思い詰めているならマギーはやっぱりニーガンを放っておくことはできなかったんでしょうね。そしてこのときマギーが一年半憎しみが消せなかったと言っていることから終戦後およそ一年半くらい経っているんだなってわかりました。

 

6話 アーロンの娘

f:id:a-map:20200115151826j:plain

6話でアーロンがパパと呼ばれていたことからアーロンが子どもを育てているのが判明しました。そしてアーロンの娘は女の子でグレイシーと呼ばれていました。グレイシーというと確か救世主のアジトを襲撃したときにリックが連れ帰った子どもだったと思います。あれからアーロンが育てて今は父親代わりをしているようですね。

 

6話 生存者受け入れを拒むアレクサンドリア

f:id:a-map:20200115151809j:plain

6話ではロジータとゲイブリエルがカップルになっていました。ゲイブリエルはジェイディスともくっついていましたが、その後ロジータとくっつくと思いませんでした。まずそのことに驚きました。


そして二人の会話の中でアレクサンドリアでは以前のことがあったから受け入れに慎重になっていると生存者受け入れで何かあったことを匂わせています。このことからリックがいなくなってからアレクサンドリアで生存者の受け入れてで何かあったことがわかります。そしてこれについてはシーズン9の14話でミショーンの学生時代の親友ジョスリンが原因だったと判明しました。

 

6話 囁く者

f:id:a-map:20200115151806j:plain

6話では今までと明らかに異なるウォーカーが囁くということが起こりました。これはユージーン達の幻聴だったのか…もし本当にウォーカーが喋ったとしたらこれは並々ならぬことです。ウォーカーは今まで意識を持たないからこそ数が多くても対処できました。これがウォーカーが意思を持ち強化されるとしたら生存率が根底から覆されます。あの囁きは一体なんだったのか…たまたまなのか。この先が不安になる展開でした。そして7話でも8話でもウォーカーについての不審な点が色々と出てきます。しかしこれについてはシーズン9の9話でアルファ達だったと原因だったと判明しました。

 

7話 会議

f:id:a-map:20200115151813j:plain

シーズン9ではたびたび会議の話が出てきます。7話ではジーザス達も会議のことを話していて、アーロンが委員会の投票を放棄したと言ってます。おそらくミショーンが各共同体で作る委員会や会議を反対したってことなんだろうなって思いました。この会議はずっと気になっていましたが、シーズン9の15話でどういう会議だったのか全容がわかりました。

 

7話 行方不明のマギー

f:id:a-map:20200115151726j:plain

マギーがヒルトップからいなくなり、ジョージ達の元へ行ったことが判明します。しかしなぜ行ったのか?いつまで行っているのかなどについては一切語られませんでした。

 

7話 終末世界と音楽

f:id:a-map:20200115151816j:plain

7話でミショーンがルークのバイオリンを叩き斬りました。このときルークが嘆き悲しみましたが、このバイオリンはオリジナルのストラディバリウス1725年製という物でした。高級そうだったので気になって調べてみましたがこれは凄い楽器でした(汗)過去にオークションで12億で売れたことなどもあるようで、基本的には1億以上するようです。ビックリする値段しますね。


そしてルークの語ったネアンデルタール人ではなく人類が生き残ったのは団結したからだ、その団結ができたのは芸術や音楽があったからだっていう話はとても印象に残りました。それと同時にこのドラマも団結がカギを握っているところはあるなって思いました。しかしその団結がなかなか難しいですよね。でも音楽である程度纏まれるかもっていうのは案外面白い発想だなって思います。そして音楽といえばベスがよく歌っていたのを思い出します。特に刑務所の広場で歌って殺伐とした空気から和んだ雰囲気になったシーンを思い出します。そう思うと音楽で纏まれるというのはあるのかなって思いました。

 

終わりに

f:id:a-map:20200116120901j:plain


シーズン9の前半はリックがいなくなったり、新たな敵が出てきたりと色々ありました。また物語の中には気になる点も結構ありました。


そして小ネタではないですが、一番印象的だったのはシェーンの再登場です。リックとシェーンが並んで話しているのを見た時もっとこの二人を見ていたいなって思いました。リックはシェーンと色々ありましたが、リックがシェーンを頼りにしていところは間違いなくあったでしょう。そしてリックの幻覚に最初に出てきたのがシェーンだったのはやっぱりリックにとってシェーンは大きな存在だったんだなって感じました。


さてみなさんは何か気になった小ネタや特に印象に残ったことはあったでしょうか?この先もウォーキングデッドは盛り上がりをみせているので引き続き楽しみに見ていこうと思います! 

 

 

 

 

小ネタ・シーズン9後半

 

 


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー