ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/メルル・ディクソン【人物紹介】マイケル・ルーカー(ネタバレ)/Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180816095936j:plain引用:AMC

 

ウォーキング・デッド人物集です。ストーリーに登場する人物を紹介していきます。ここではメルル・ディクソンについて紹介しています!(シーズン8時点)

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

作中どんな人物?

f:id:a-map:20180816095940j:plain引用:AMC

 

元軍人で嫌われ者の暴れん坊。ダリルの兄であり、初期はアトランタキャンプメンバーの一員として生活していた。戦闘能力は高くウォーカーだけでなく対人でも他者を圧倒できる力を持っているが性格が荒っぽく他者を恫喝することなどもある。そんなメルルはシーズン1の途中で行方不明になりシーズン3で再び再登場する。


そしてシーズン3では片手を失っていたが戦闘能力の高さは健在で、荒っぽい性格も総督の下につくことで少し抑えられていた。しかしその分汚れ仕事をやらされ、それまで手に掛けたことのなかった生存者にまで手をかけることをさせられていた。そんな中唯一心を許していたダリルを探し続けていたが再会するも総督とは敵対することになり、最後は総督達を襲撃し死亡してしまう。その後ウォーカーに転化しているところをダリルに止めを刺される。

 

基本情報

f:id:a-map:20180816095943j:plain引用:AMC

 

不器用な狂戦士

 

★基本情報

登場 シーズン1
生死 シーズン3 死亡 
死因 総督に殺される
 

★基本情報

 弟  ダリル シーズン8生存

 

★各シーズンの紹介

シーズン1 アトランタキャンプメンバーの一員として生活を送っていたが本来はダリルと共に隙を見てキャンプメンバーの物資を奪う予定だった。しかし物資調達をしている際に暴れているところをリックに片手を手錠で繋がれ、その後ウォーカーに追い詰められると片手を切り落として行方不明になる。


シーズン2 ダリルの幻覚として一度登場するだけで本人登場なし。


シーズン3 総督の部下として再び登場する。その際は切り落とした手にはナイフを装着し、実行部隊を指揮していた。唯一心を許していたダリルをずっと探していたため、グレン達を発見すると捕まえて監禁し拷問にかけてダリルの居所を聞き出す。その後グレンを救出に来たダリルと再会するが総督に裏切り者の烙印を押されてしまう。そしてダリル救出に来たリック達と共にウッドベリーから逃げ出す。


その後リックグループを抜けたダリルと2人で行動を共にするがメルルに愛想をつかせたダリルが刑務所に戻ると言い出すとダリルについていき刑務所に身を寄せる。しかしメルルを嫌うメンバーが多くメルルは肩身の狭い思いをする。そしてリックと総督との取引の際に汚れ役を引き受けてミショーンを刑務所から連れ出すが、最終的にはミショーンを解放し一人で総督達を襲撃する。しかし返り討ちにあい殺されてしまうとウォーカーに転化する。そしてメルルを探しにきたダリルに止めを刺される。

 

性格

f:id:a-map:20180816095946j:plain引用:AMC

 

人間関係に不器用で短期だが意外なことに本が好きで実は知性は高め。人を見る洞察力に優れているところもあり、総督やリックに対して冷静な目で能力を分析することできている。しかし自分でも自分の行動を抑えることができず、そのことを本人も理解し苦しんでいる。


自己犠牲の精神も持っていて自分はどこにいても汚れ役をやるべき人間だと思っている。そのため総督の下にいる際も、リックの下にいる際も汚れ役と理解した上で頼まれごとを引き受け実行する。またダリルの生存がわかると抑えがきかなくなりグレンを攫って拷問にかけたり、総督に直談判に行くなど何が何でもダリルを探そうとする。

 

印象的なシーン

f:id:a-map:20180816095949j:plain引用:AMC

 

シーズン1の2話 やっぱり登場シーンはインパクトありましたね。力に任せて他者を威圧するところとかわかりやすいくらいの暴れ坊ぶりでしたからね。置き去りにされたのは可哀想でしたけどここでは自業自得感もありましたよね。

 

シーズン3の3話 そして再登場もインパクトありましたね、まず生きてたんだって思いました。あの状況から片手を落として生き延びるとは相当なものです。更にメルルは節々でダリルの名前を出しますが本当にダリルを可愛がってたんだなって感じました。4話では総督に直談判して探しにいこうとしていますし、ダリルを真剣に探している姿が意外でもありメルルのいいところでもあるのかなって思いました。

 

シーズン3の15話 メルルが死亡する話ですね。ここまでにメルルは不器用であえて汚れ役をしていたことなどが判明しています。そんな中実は以前の世界から人殺しはしたことがなかったこと、総督の下について生存者も殺すようになっていったことを告白してます。そして最後は総督達を襲撃し返り討ちにあって死亡しますが、メルルらしいといえばメルルらしい最後だったのかもしれないですね。

 

振り返り

f:id:a-map:20180816095952j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン1~3までのメルル紹介をまとめてみました! 

 


メルル・ディクソン(マイケル・ルーカー)

f:id:a-map:20180227132740p:plain

シーズン1

ダリルの兄。腕は立つが性格が荒く嫌われ者。都市部の屋上で置き去りにされ行方不明になる


メルル・ディクソン(マイケル・ルーカー)

f:id:a-map:20180312182704j:plain

シーズン3

屋上から逃げたのち総督に出会い行動をともにしている。手首を切断し片腕になったが力に衰えを見せず、粗暴な態度も変わらない


 

マイケル・ルーカー

f:id:a-map:20180816095955j:plain引用:AMC

 

俳優さんの情報です!

 

★基本情報

生まれ 1955年4月6日(63歳)2018年時
出身  アメリカ合衆国 アラバマ州
他作品 ヘンリー
    クリフハンガー
    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(ヨンドゥ)

 

★人物像

性格は明るくイベントではファンサービスがとてもいいようです。そんなマイケルの出世作はヘンリーでその他にクリフハンガーなど様々な作品に出演していますが主に悪役として出演することが多く、ウォーキングデッドでも悪役に近いポディションでしたね。また出演している他作品の中にはマーベルのヨンドゥ役もありますがこちらもメルル同様に死に際が好評のようです。

 

★降板

マイケルは実はメルルの服装がダサイからずっと嫌だったようです。そんなマイケルは降板シーンにはとても満足しているようで死に際シーンでは綿密な打ち合わせをしてスタントマンは使わずアクションをこなしたそうです。

 

まとめ

f:id:a-map:20180816095958j:plain引用:AMC

 

シーズン1では嫌いだったけどシーズン3では好きになった、または少しはメルルを許せたという人も多いのではないでしょうか。僕はシーズン3でメルルが好きになりました。初期では力で他人を恫喝しTドックを殴り倒して最悪な人物だなって思いました(笑)しかし再登場では唯一心を許しているダリルに対して必死なのもよかったですし、実はウォーカーの世界になる前から総督の下につくまで人間を殺したことはなかったというのも意外で最後の理性は働いていたのかなって思いました。


そしてリックが最終的にミショーン引き渡しをしないと読み切り、でも取引はグループのために必要だから自分が汚れ役を引き受けるってところはなんとも言えない感じでした。今までこういう気持ちで自分がやればいいんだって思って行動してきたことが多かったんでしょうね。その後総督達に一人で襲撃を仕掛けたときは死ぬことを覚悟していたと思います。それでもやらなくてはと考え襲撃したところは悲しいですね。


メルルに関しては戦力として一級品ですし、もし生きていたらダリルの支えにもなったと思うので生きていてほしい気持ちもありました。ただメルルを受け入れるのことができないメンバーがいるのも確かですし、シーズン3であの終わり方がいい終わり方だったのかなって感じもします。そのためメルルの生死については難しいところですけど、僕の中ではとても印象に残る人物になりました。

 

 

 

 

他の登場人物はこちら

 

 

プライバシーポリシー