ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/キャロル・ペルティエ【人物紹介】メリッサ・マクブライド(ネタバレ)/Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180920142104j:plain引用:AMC

 

ウォーキング・デッド人物集です。ストーリーに登場する人物を紹介していきます。ここではキャロル・ペルティエについて紹介しています!(シーズン9時点)

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

作中どんな人物?

f:id:a-map:20180920142108j:plain引用:AMC

 

ソフィアの母親でエドの妻。アトランタのキャンプメンバーでエドが生存時にはエドからDVを受けていた。初期は戦闘力がなくキャンプから出ることはなかったため、ソフィア探しでも農場を出ることはなかった。


しかし刑務所で生活するころには銃を持ってウォーカーと戦えるようになり、グループの中心的存在になっていく。またリックにグループを追放された際には一人でウォーカーに対応し外で生活できるほどに成長していた。


その後も終着駅を一人でかく乱してリック達を救ったりと目覚ましい活躍を見せるが次第に殺し合いの世界に疲れ果てていく。そして一時グループを抜けて一人で生活をするもその後は王国に身を寄せて救世主との戦いに参加する。


そして救世主との戦争後はエゼキエルと結婚し、ヘンリーの育ての親となり王国に住む。しかしヘンリーが囁く者に殺されると、ショックからエゼキエルに別れを告げてアレクサンドリアに移住する。

 

基本情報

f:id:a-map:20180920142115j:plain引用:AMC

 

グループ第一主義

 

★基本情報

登場 シーズン1
生死 シーズン9 生存

 

★人間関係

夫  エド    シーズン1 死亡
娘  ソフィア  シーズン2 死亡
夫  エゼキエル シーズン9 生存
息子 ヘンリー  シーズン9 死亡

 

★各シーズンの紹介

シーズン1 

アトランタキャンプのメンバーとして夫エド、娘ソフィアと共に生活をしていた。そんな中キャロルはエドにDVを受けていた。その後キャンプがウォーカーに襲われた際にエドはウォーカーの餌食になってしまう。


シーズン2 

ハイウェイでウォーカーの大群をやり過ごした際にソフィアが行方不明になってしまう。そしてリック達の捜索が続く中でキャロルは農場でソフィアの身を案じていたが、納屋からウォーカーに転化した姿でソフィアが現れる。その後農場を追われた際はダリルと共に逃げてハイウェイでリック達と合流する。


シーズン3 

銃を持ちウォーカーと戦えるほど成長する。そんな中刑務所にウォーカーが侵入した際にTドックと逃げるがウォーカーに囲まれてしまう。しかしTドックが捨て身でウォーカーを引きつけキャロルは生き延びる。その後アンドレアが刑務所を訪れた際には総督暗殺の助言をする。またメルルが現れた際も一歩も引くことなくメルルに意見し、メルルもキャロルの変化を認める。

 

シーズン4 

刑務所の意思決定を行う委員会のメンバーになり、普段は隠れて子ども達にナイフの使い方や護身術を教えていた。そんな中刑務所内にウォーカーが現れた際に噛まれてしまった男性から娘のリジーとミカを託される。その後疫病の発症者と思われる男女を被害拡大を防ぐために密かに焼き殺す。しかしそのことがリックにバレて刑務所を追放されてしまう。


そして追放後一人で生活していたがリック達が刑務所を追われると、リジー達を連れて逃げていたタイリースと合流し終着駅を目指す。しかし道中でリジーがミカを殺し、リジーがウォーカーの世界に適応できないと判断したキャロルはリジーを殺す。その後タイリースに疫病の発症者でタイリースの恋人だったカレン殺しを告白する。しかしタイリースはキャロルを許すと、キャロルはタイリースとジュディスとともに終着駅を目指す。


シーズン5 

終着駅で捕まったリック達を助けるために一人で終着駅をかく乱しリック達を救出すると、再びリック達のグループに加わり行動を共にする。そしてダリルと共にベスのいる病院を見つけ出すが、病院の警官の車に轢かれてそのまま病院に運ばれてしまう。その後リック達によって救出されるがベスはその際死んでしまう。


そしてアレクサンドリアに招かれた際に、アレクサンドリアに適応するメンバーがいる中キャロルは警戒を解くことはなく隙をみてアレクサンドリアの武器庫から銃を盗み出す。そんな中キャロルはピートのDVに気がつきリックに報告する。


シーズン6 

ウォーカー誘導には参加せず町にいたが、その間強盗集団が町を襲う。しかしキャロルを始めとした町の住民で強盗集団を追い払う。その後ウォーカーが町に侵入した際にモーガンと同じ建物に逃げ込むが、ウルフを匿っていたモーガンと揉めてしまう。そしてキャロルはウルフを殺す。


その後平穏な日々を迎えるとキャロルは手料理を振る舞い日常を送り、そんな中でトビンとの仲も深めていく。その後救世主のアジトを襲撃することになるが、アジト襲撃ではマギーと共に外で待機をする。しかしその際救世主に捕まってしまう。その後連れて行かれたアジトで拘束を解き救世主を皆殺しにしてその場を切り抜ける。


その後キャロルは殺しあいの世界に疲れ果ててアレクサンドリアを抜け出す。しかしその最中救世主と出会い揉めるとまたも救世主を皆殺しにしてしまう。そしてキャロルを探しに来たモーガンと合流するがキャロルは気を失ってしまう。その後モーガンに連れられて現れた生存者のコミュニティーで治療を受けることになる。


シーズン7 

王国で目を覚ましたキャロルはエゼキエルに王国に住むよう勧められるが王国を出て一人で暮らし始める。その後キャロルの元に王国の住民やモーガンが訪れるがそれでもキャロルの意思は変わらず一人での生活を続ける。しかしダリルが訪れ、その後モーガンからリック達の状況を聞くと立ちあがり王国に出向く。そしてニーガンがアレクサンドリアに襲撃に来た際にエゼキエル達と共に駆けつけリック達を救う。


シーズン8 

王国の一員として救世主の聖域襲撃とアジト襲撃に参加する。そんな中王国組は救世主のアジトで壊滅的なダメージを負ってしまう。しかしキャロルは一人でアジト襲撃を成功させる。だが救世主を追い詰めながらも後一歩のところでエゼキエル達を救うため救世主を見逃す。


その後聖域から出た救世主が王国に押し寄せエゼキエルが捕まるとモーガンと共にエゼキエルを救い出す。そして王国組はヒルトップに身を寄せるが、その際にヘンリーがいなくなると探しに出て見つけてヒルトップに帰ってくる。そしてニーガンとの最終決戦に参加し勝利する。


シーズン9

救世主との戦争後、王国に住みながらもリックに協力して救世主の支援を続けていた。その後リックがいなくなるとエゼキエルと結婚し、ヘンリーの育ての親として王国で暮らしていた。そして鍛冶工を学ぶというヘンリーをヒルトップへ送り届けるとエゼキエルと共に会議の準備を始める。


その後町へ戻ったヘンリーを歓迎し会議を無事成功させる。しかし王国に潜入していたアルファがヘンリーなど数名を殺し晒し首にしてしまうとキャロルは大きなショックを受ける。その後王国が老朽化しキャロル達はヒルトップへ移住するが、ヒルトップへ到着するとキャロルはエゼキエルに別れを告げてアレクサンドリアへ向かう。

 

性格

f:id:a-map:20180920142122j:plain引用:AMC

 

仲間を守りたい意思がとても強く、合理的に物事を考えて動く。そのためグループのためなら冷酷なことでも実行し、どんな犠牲も厭わない覚悟を持って行動している。


しかし元々優しい性格のため殺し合いの世界に疲れ果てて一時グループを離脱する。


またグループのみんなに気を配り優しく接しているためグループの母親のような存在として受け入れられている。


更にサム、ヘンリー、リジー姉妹など子どもの面倒を見ることも多いが、基本始めは冷たく接する。しかし実はいつも懐いてくれた子どものことを気にかけ誰より心配している。

 

印象的なシーン

f:id:a-map:20180920142118j:plain引用:AMC

 

シーズン4の4話

キャロルが刑務所を追放されたときの話ですね。まずカレン達を殺したのがキャロルということに驚きました、そして3話でリックがキャロルにそのことを確認した際キャロルが普通な態度で自白しましたが、このシーンにも驚きました。更に4話ではリックがキャロルを追放するという判断をしますが、まさかリックがキャロルの追放まで考えてると思いませんでした。そしてキャロルが追放されるまでに起こした一連の行動をみて、キャロルがここまでできる人だったのかということに衝撃を覚えて印象的でした。


シーズン5の1話 

キャロルが終着駅でリック達を救った話ですね。このときキャロルは終着駅にウォーカーを誘導して紛れこみ、その後一人で終着駅の住民をかく乱してリック達を救います。終着駅前にはキャロルが強くなっていたことはわかっていましたが、この話で一気にキャロルの評価が変わった人も多いのではないでしょうか?キャロルがここまでできるなんて…本当に凄すぎる!と感じました。更にここからキャロルの無双が始まりましたね!


シーズン6の12話 

キャロルがアレクサンドリアで料理を振る舞ったときの話ですね。このときキャロルはドングリとビーツで作ったクッキーを町の住民に配って歩いていました。この頃にはキャロルは戦える人って感じでしたが、料理を作っているときのキャロルはまた印象が変わるなって感じました。そしてキャロルの料理は評判がいいので食べてみたいなって思ったりもしました(笑)またトビンとの関係もありキャロルにも落ち着ける場所ができたのかなって感じる話でした。


シーズン8の4話 

王国組として救世主のアジトを襲撃したときの話ですね。このとき王国組は救世主のアジトでほぼ壊滅となってしまいましたが、先にアジトの偵察に行っていたキャロルはアジトに潜入しほぼ殲滅にして生き残りの救世主を追い詰めました。このときもキャロルはリック達に並ぶとも劣らない強さをみせて大活躍でしたね。

 

振り返り

f:id:a-map:20200109144054j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン1~9までのキャロル紹介をまとめてみました! 

 


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180227133649p:plain

シーズン1

ローリ達とキャンプで生活をしていた女性。暴力的な夫からDVを受けている


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180303152752j:plain

シーズン2

グループからはぐれ行方不明になった娘の身を案じる。大怪我を負うほど探索してくれるダリルに感動する


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180312182740j:plain

シーズン3

ソフィアの死を乗り越え、グループの中心として行動する。以前とは打って変わりグループのためならどんなことでも厭わない姿勢を見せる


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180414145612j:plain

シーズン4

グループの中心として委員会に属し、刑務所の住民みんなを気にかけ、そのことがみんなからも認知されている。またグループのためならどんなこともする行動力を見せる


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180502095213j:plain

シーズン5

終着駅を一人で襲撃してリック達を救うなど優れた戦闘力と判断力を持つ。またグループために何でもする非情さを持っておりグループを脅かす存在には容赦しない


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180520132605j:plain

シーズン6

グループのために非常な決断をして実行をしつづけたが、殺し合いの日々と有無を言わさぬ自分の行動力に疲れリック達のグループを後にして一人で旅立つ


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180610140957j:plain

シーズン7

戦いの日々に疲れ果てリック達のグループを離れ一人で過ごしていたが、グレン達の死や気にかけてくれる仲間のために立ち直り救世主と戦うため立ちあがる


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20180711161403j:plain

シーズン8

エゼキエルの相談役にもなりつつ、持ち前の戦闘力で基地に一人で潜入し壊滅状態にするなど目覚ましい活躍を見せる


キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

f:id:a-map:20190407140849j:plain

シーズン9

エゼキエルと結婚をしたことで王妃となり王国を支える存在になる。またヘンリーの母親になり常にヘンリーの心配をしている


 

メリッサ・マクブライド

f:id:a-map:20180920142125j:plain引用:AMC

 

女優さんの情報です!

 

★基本情報

生まれ 1965年5月23日(54歳)2020年1月時点
出身  アメリカ合衆国 ケンタッキー州 
他作品 ミスト
その他 キャスティング・ディレクター

 

★人物

メリッサの代表作はウォーキング・デッドです。プライベートはほとんど明かされていないようで調べてもほとんど出てきませんでした。


そんなメリッサですが女優としてだけではなくキャスティング・ディレクターの仕事をしているようです。キャスティング・ディレクターについてはちょっと知らなかったので調べてみたら、日本にはあまり馴染みのないようで、アメリカではキャスティング・ディレクターが事務所を持ち、俳優のエージェントとの交渉やオーディションをすることもあるようです。


そしてメリッサは女優としても何作も作品に出演していてその中にはミストもあります。ミストにはデール役のジェフリー・デマンやアンドレア役のローリー・ホールデンも出演していたため、ウォーキングデッド出演時には顔馴染みの共演者もいたようです。

 

まとめ

f:id:a-map:20200109144112j:plain引用:AMC

 

キャロルはリック達のグループで一番成長した人物であり、初期と評価が変わった人も多いのではないでしょうか。キャロルは初期では他人に頼っていることが多かったですが、今ではリック達並に頼れる人物になりました。


そしてキャロルがこれほどまでに成長したのには色々要因があると思いますが、やはり一番はソフィアの死だと思います。そのためキャロルがグループの子ども達に接するときは冷たく接しているようでも実は一番気にかけ見守っている印象があります。


しかしそれだけにヘンリーの死はキャロルにとっては痛かったでしょうね。キャロルはヘンリーの義母となり実子同然に育てていたのにヘンリーはアルファに殺されてしまいました。そのことからキャロルはエゼキエルに別れを告げて王国組を離れたほどショックを受けています。


ただあのキャロルがこのまま黙っているとは思えません。一時はみんなの意見に従ってアルファ達への復讐を我慢しているようですが、おそらくどこかで行動を起こすんじゃないのかなって思います。


そんなキャロルは印象的なシーンがありすぎて選ぶのに迷ったほど活躍をしている人物です。そのため今後もより一層の活躍をしてくれると思うので注目してみていきたいと思います。

 

 

他の登場人物はこちら

 


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー