ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/ベス・グリーン【人物紹介】エミリー・キニー(ネタバレ)/Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180920142216j:plain引用:AMC

 

ウォーキング・デッド人物集です。ストーリーに登場する人物を紹介していきます。ここではベス・グリーンについて紹介しています!(シーズン9時点)

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

作中どんな人物?

f:id:a-map:20180920142219j:plain引用:AMC

 

ハーシェルの娘でマギーの妹。農場でリック達と知り合いその後行動を共にするようになる。ウォーカーと戦う戦力はないため、基本的に農場や刑務所から出て行動することはなくキャンプ内に留まって活動している。


そんなベスは姉であるマギーとは対照的に消極的な性格で、農場での生活中ウォーカーの蔓延する世界に絶望し自殺未遂をする。


しかしその後刑務所での生活時には精神的にも成長し、歌でみんなを癒したり、疫病蔓延時に気を落ちするマギーを励ましたりと戦闘以外の活動で存在感を示す。また総督襲撃時には銃を手に取り銃撃戦にも加わる。


そしてベスは刑務所を追われてからはダリルと行動していたが、ダリルとはぐれた後に病院で軟禁されていた。その後病院でノアと共に脱出を図るが失敗し、助けに来たリック達の前でドーンに殺されてしまう。

 

基本情報

f:id:a-map:20180920142222j:plain引用:AMC

 

マギーの妹

 

★基本情報

登場  シーズン2
生死  シーズン5 死亡 
死因  ドーン撃ち殺される

 

★人間関係

父   ハーシェル シーズン4 死亡
姉   マギー   シーズン9 行方不明

 

★各シーズンの紹介

シーズン2 

農場に来たリック達と生活をしていたが、納屋に閉じこめていたウォーカーに襲われたことがショックで自殺未遂をする。その後農場を追われた際はなんとか生き延びてハイウェイでリック達と合流する。


シーズン3 

刑務所の広場で歌を歌いみんなにくつろげるひと時を演出したり、片足になったハーシェルのためにズボンを調整したりと刑務所内でグループのために活動する。


シーズン4 

刑務所での生活中にボーイフレンドが物資調達で死んでしまうが涙を見せない強さを見せる。またジュディスの面倒をみたり、落ち込むマギーを励ましたりと内助の功でグループを支える。


その後刑務所にウォーカーが侵入してしまうとダリルと共に逃げ延びるが、その際に落ち込むダリルを叱咤したりボーガンを教わったりと成長した姿を見せる。しかしその後ダリルとはぐれて行方不明になってしまう。


シーズン5 

ダリルとはぐれた後病院で目を覚ますが、そのまま病院に軟禁され作業員をすることになる。しかししばらくしてノアと病院脱出を試みる。そしてノアは病院から逃げ切るがベスは病院の警官に捕まってしまう。その後リック達がベスを救出に病院へ来るが、その際ベスはドーンに撃たれて死んでしまう。

 

性格

f:id:a-map:20180920142233j:plain引用:AMC

 

優しくて気配りができる性格で、ハーシェルが片足になった際にはズボンを片足用に調整したり、ジュディスの面倒をみたりしている。


またマギーやミショーンが落ち込んでいるときにはそのことを察して励ますなど仲間の精神的支えになったり、ミショーンに子どもがいたことを見抜くなど鋭い観察力も持っている。


さらにメンタルも段々成長していき、ダリルを叱咤したり武器の扱いを積極的に教わるなど強くなろうとする意志を見せるようになる。

 

印象的なシーン

f:id:a-map:20180920142235j:plain引用:AMC

 

シーズン3の1話 

ベスが刑務所の広場で歌を歌ったシーンですね。このときベスが歌を歌ったことにより、こんな世界だけどなんとなく落ち着ける時間となり不思議な感じでした。そして人はこういう時間も必要だなって思い、音楽の重要性を感じました。やっぱりずっとピリピリしていると疲れきってしまいますからね。そのため殺伐とした世界の中でゆったりできる時間があることはいいことだなって思い印象的でした。


シーズン4の12話 

ベスとダリルが刑務所から一緒に逃げていたときの話ですね。このとき10話と12話でベスがダリルと2人で行動しているシーンが描かれていますが、ベスは落ち込んでいるダリルを叱咤したりボウガンを教わったりと強く成長した姿を見せます。更にベスがみんなと離れてしまったけど絶対に諦めないと前向きな姿勢をみせていたので、初期の頃のとはだいぶ変わって成長しているんだなって感じました。


シーズン5の8話 

ベスが死亡したシーンです。8話でリック達がベスと警官の人質交換を成功させたので、ベスは助かったんだなって思って安心しました。しかしその後ベスはドーンに撃たれて突然の死んでしまいます。これは予兆がないというかまったく予想していない展開だったので驚いたのと、この流れに唖然としました。

 

振り返り

f:id:a-map:20180920142238j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン2~5までのベス紹介をまとめてみました! 

 


ベス・グリーン(エミリー・キニー)

f:id:a-map:20180303152811p:plain

シーズン2

ハーシェルの次女。性格はおとなしく、恥ずかしがり屋。この世界を受け止めることができず自殺を考える


ベス・グリーン(エミリー・キニー)

f:id:a-map:20180312182636j:plain

シーズン3

ハーシェルの看護やジュディスの面倒を見るなど農場のころの後ろ向きな姿からは変わった姿勢を見せる。更にウォーカー作戦にも志願するなど強くなろうとする一面も見せる


ベス・グリーン(エミリー・キニー)

f:id:a-map:20180415151432j:plain

シーズン4

総督襲撃後にダリルとともに逃げるがその際に気をしっかり持ち希望を捨てずに前向きに行動する。またウォーカーとも闘うなど成長も見せる


ベス・グリーン(エミリー・キニー)

f:id:a-map:20180502095245j:plain

シーズン5

グループとは離れてしまい一人見知らぬ病院で目を覚ますが、そこでの納得いかない独自ルールに無理に従わず自分の道を探しリック達と合流することを考える強さをみせる


 

エミリー・キニー

f:id:a-map:20180920142241j:plain引用:AMC

 

女優さんの情報です!

 

★基本情報

生まれ  1985年8月15日(32歳)2020年1月時点
出身   アメリカ合衆国 ネブラスカ州 
女優作品 LAW&ORDERなど
歌手(曲)  Blue Toothbrush
     This Is War
     Back on Love
その他  ベジタリアン

 

★人物

エミリーは女優としてはウォーキングデッドが出世作のようで、他にはLAW&ORDERなど何作かにゲスト出演しています。またエミリーは女優業だけではなく歌手としても活動していて、アルバムを出しコンサートも行っています。


そんなエミリーはコーヒーがとても好きなようで、そのこともあってかコーヒーショップで働いていたこともあるようです。またエミリーはホラー映画が好きなため、ウォーキングデッドの出演は本人にとってとても喜ばしいことだったと思います。

 

★原作にはいない!?

本来ハーシェルの娘はマギーだけで、エミリーが演じたベスは原作にはいませんでした。そしてベスは作中で何度か歌声を披露する場面がありましたが、これは歌のうまいエミリー用に追加された演出だったようです。

 

★ノーマンとの噂

エミリーとノーマンは男女の仲が噂されていました。これはシーズン4で二人で行動していたことが多かったり、撮影中も仲がよかったからのようです。またノーマンがプライベートでエミリーのコンサートに行くこともあったようで、これらのことから二人の仲はたびたび噂されていました。しかし二人が付き合っているということはなかったようで、あくまで二人はいい友人関係だということのようです。

 

まとめ

f:id:a-map:20180920142244j:plain引用:AMC

 

ベスについては歌がやっぱり印象的で、何度か歌を披露しましたがそのひと時でリック達が戦いを忘れる時間を作ったりできたことは大きな長所だったなって思います。常に気を張っていると疲れてしまいますからね。


そんなベスは戦闘に加わることはほとんどありませんでした。ただそういうメンバーも戦えるようになっていくのがこの世界で、ベスもそうなっていけるのかなって思っていました。特にダリルからボーガンの扱いを教わっているときはそう感じていました。


またベスはメンタル的にも強く成長し始めていたのでこれからはメンバーの中心役として更に活躍をしていけると思っていました。それだけにベスがシーズン5で死んでしまったのはとても残念だと思います。

 

 

他の登場人物はこちら

 


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー