ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン9【第6話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20181208153112j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

リックは馬から落ちて深手を負って気絶していたが、ウォーカーに襲われる前に目を覚ます。その後何度か意識を失い、そのたびにかつての仲間の幻覚を見ていた。そんな中リックは気がつくとキャンプまで行き着いていた。


一方マギーはアレクサンドリアを訪れニーガンと対峙する。そしてニーガンを殺そうとするが変わり果てたニーガンを見て生かしておくほうが苦しむと判断しニーガンを殺さないことにする。


片やリックは修繕していた橋までたどり着いていた。そしてそこにダリル達も駆けつけるが、リックは仲間に危害が及ばないようダイナマイトで橋を爆破する。そして橋が爆発したのを見ていたミショーン達は泣き叫び、ダリルは涙を流す。しかしその後グループを抜ける為逃げていたジェイディスが深手を負ったリックを見つけてリックを連れてヘリに乗り込む。


そして時は経ちアレクサンドリア近郊で逃げ惑う生存者マグナ達がいた。マグナ達はウォーカーに追い詰められていたがそこに助けが現れる。そしてマグナ達は森の中に逃げ込むと助けてくれた少女と出会う。そして少女はマグナ達にジュディス・グリムスと名乗る。

 

前回のあらすじ【第5話 清算】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第6話  町の審査会】あらすじ

f:id:a-map:20181208154128j:plain引用:AMC

 

リックがいなくなって数年が経ち、それぞれ新しい生活をスタートさせていた。


そんな中アーロン達は町の外に出ていたが、森の中にいる際にジュディスがマグナ達を助けて連れてくる。そしてジュディスはマグナ達を連れ帰ろうとするがロジータ達は規則でマグナ達を連れて帰れないと返答する。しかしその後アーロンが後押しをしてマグナ達を一時的にアレクサンドリアへ連れ帰ることにする。


一方キャロルは復興した王国で平穏な日常を送っていた。しかし王国の設備は老朽化して誤魔化しながら設備を動かしている状態だった。そんな中ヘンリーは設備を直せるようになるためヒルトップのアールの元へ修業に行くことにするが、エゼキエルはヒルトップとの関係が変わってしまったことなどを踏まえてヘンリーがヒルトップに行くことを危惧していた。


片やジュディス達はマグナ達をアレクサンドリアへ迎え入れていた。そして町に入ったマグナ達は町の様子を見て驚く。そんな中ミショーンが町に戻ってくるが、マグナ達の説明を聞いたミショーンは受け入れは規則に反すると告げる。しかしゲイブリエルがマグナ達をどうするかは次の日の投票で決めようと提案するとミショーンは納得する。その後マグナ達は宿泊所に通される。


そして次の日町ではマグナ達を受け入れるかの投票を開催する。そして治療を受けて診療所にいるユミコを除いた四人ルーク、ケリー、コニー、マグナの各自が投票前に自己紹介をする。その後自己紹介を聞いた住民とマグナ達は和やかなムードになる。しかしミショーンはマグナが密かに武器を隠し持ち刑務所に服役していたことを言いあててその場を後にする。そしてそのまま投票が開始される。


その後ゲイブリエルは無線を直していた。そしてゲイブリエルは部屋を訪れたロジータに見知らぬ人を助けたいという思いを伝えると、ロジータは無線の精度をあげるために中継地点に機材を置きに行くことにする。それに対してゲイブリエルは男女の仲になっているロジータにキスをして礼を言う。


片や王国ではヘンリーの付き添いとしてキャロルが一緒にヒルトップへ行くことにする。その後キャロル達は道中で救世主達に襲われる。救世主は聖域が崩壊して定住場所を持っていなかったが、キャロルがどこかの町に属するよう勧めるも救世主はそれを断る。そして救世主は昔馴染みとして命は助ける代わりに物資を渡すようキャロルに要求するとキャロルは頷き物資を渡し、救世主は去っていく。


その後夜になりキャロル達は外で一泊するが、キャロルはヘンリーが寝ている間に救世主のいる場所に忍び込む。そして救世主に火をつけて皆殺しにする。


一方ロジータとユージーンは無線の中継地点に機材を置くため町を出ていた。その後中継地点を見つけてユージーンが高台に機材を設置するが、機械設置が終わるとユージーンは近くにウォーカーの群れが来ていることに気がつく。そしてユージーンは急いで高台から降りるがその際足を痛めてしまう。その後ユージーンはロジータに助けれながらもなんとかその場を後にする。


片やアレクサンドリアではマグナが町を追い出されることに危機感を覚えていた。そしてマグナはルーク達に戦ってでも町に残るべきだと主張するが、ルークはマグナを諌めて落ち着かせる。そしてルークはミショーン達の決定に従うと告げる。その後マグナはミショーンの家を訪れると隠していたナイフを渡す。そしてマグナが去るとジュディスはなぜマグナを救わないのかとミショーンに尋ねる。それに対してミショーンはいつかわかると返答する。


そして次の日マグナ達は町を出る準備をしていた。しかしそんな中ミショーンが現れてマグナ達にヒルトップを紹介すると告げる。そしてミショーンはマグナ達を連れてヒルトップへ向かうことにする。


片やキャロルは寄り道をしてダリルと再会する。


一方ユージーンとロジータはウォーカーの群れから逃げていたが、なかなかウォーカーの群れを振り切れずにいた。その後二人はウォーカーから隠れてなんとか身を隠すが、その際に二人はウォーカーのささやき声を耳にする。

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第6話  町の審査会】感想

f:id:a-map:20181208154140j:plain引用:AMC

 

今回は前回の終わりに引き続き数年後の話のようです。まずリックですが橋の爆発後から戻ってこなかったようですね。そのため今は生きているのか死んでいるのかまったくわからない状況です。今後は残された人達の話になっていく感じなのかもしれないですね。今回はアレクサンドリア、王国が主な話しでしたね。


まずはアレクサンドリアですが、何といっても一番の変化はジュディスが大きく成長したことでしょう。外に出て戦えるほどになって凛々しくなりました。そしてジュディスを見ているとなんとなく外に出始めのころのカールを思い出します。カールは最初から結構気が強いところがありましたけど、ジュディスは今のところ見た感じだとあまり気が強いタイプではなさそうですね。リックの娘という立ち位置で考えると今後中心人物になることもあり得ると思いますしジュディスは注目人物ですね!そんなジュディスですがミショーンと話をしていたときにリックやカールの声を忘れそうだと言っています。この言葉は何気ない一言ですがなぜかとても印象に残りました。


その他にはアーロンがパパと呼ばれていたことから子どもを育てているのが判明しました。そしてアーロンの娘は女の子でグレイシーと呼ばれていました。グレイシーというと確か救世主のアジトを襲撃したときにリックが連れ帰った子どもだったと思います。あれからアーロンが育てて今は父親代わりをしているようですね。


そしてミショーンですがどうやらアレクサンドリアの実質的リーダーをしているようです。但し終始みんなが規則がと言っていたので、町の出来事は基本は規則に乗っ取って決めているのかなって感じました。さてミショーンですが冒頭ではリックが吹き飛ばした橋にいました。今も毎日リックのことを考えているようですね。家にいるときもリックと話をしているようで、声に出ているためジュディスがミショーンにリックやカールと話をしているのかと尋ねています。幻覚は見ていないようですが実質リーダーで心労も大きいでしょうしメンタルが少し心配ですね。リックやモーガンも一時期は幻覚を見ていましたからね。何事もないといいんですけど。


そして新たな生存者が出てきました。ルーク 音楽教師のルーク、ジャーナリストで話すことができないコニー、手話ができる元高校生ケリー、ウェイトレスで元受刑者マグナ、ユミコの五人ですがマグナ以外はいい人そうでしたね。マグナはちょっと癖があって武器を隠したり好戦的だったり大丈夫なのかな?って心配になる人物でした。町に連れてきたのはジュディスの意見でしたが生存者を連れ帰ることは危険が伴うので難しいところですよね。そして連れ帰る前にも終始規則という言葉が出てきましたが基本方針は規則に沿って行動しているんでしょうね。


その後投票前にルーク達の自己紹介でいい感じになったのにマグナの嘘で信頼を落としてしまったのはもったいなかったですね。それにしてもマグナの嘘を暴いたミショーンは相変わらず冷静でした。それによく隠しナイフまでわかりましたね。ミショーンが嘘はないか?って聞いたときせめて隠しナイフを出せばよかったのになって感じもしますがさすがにあの状況では出せなかったんですかね。


そしてこちらもビックリですがロジータとゲイブリエルがカップルになったんですね。ゲイブリエルはジェイディスともくっついていましたがその後ロジータとくっつくと思いませんでした。そんな二人ですが会話の中で以前のことがあったから受け入れに慎重になっていると生存者受け入れで何かあったことを匂わせています。時間が経っている間に生存者受け入れで何かあったのかもしれないですね。


その後ロジータはユージーンと中継地点を目指して町を出ました。そのユージーンですがかなり逞しくなっていますね(笑)ジュディスが生存者を助けた時は積極的に戦ったいましたし、ウォーカーと問題なく戦えるようになってますね。そしてユージーンとロジータが一緒に中継地点に向かいましたが考えてみたらこの二人って付き合い長いですね。リック達と出会う前からの付き合いですもんね。なんかこの二人のコンビを見ているとこれはこれでいい組合わせだなって思います。そういえばユージーンはロジータが好きなんですかね?なんとなく今回はそうなのかなって思えるところがありました。


その後中継地点からユージーン達がウォーカーの群れに追われたとき馬が逃げてしまいましたよね。それならいっそ一時的にユージーンのいた高台に逃げたほうがよかったのでは?なんて思ったりもしました。そしてユージーンはその高台から急いで降りることで怪我をしてしまいましたね(汗)そういえばユージーンがロジータが杖を持ってくるの待っている間に知らぬ間にUターンしていたようだって言っていました。あんな追い詰められているときに冷静にそんなところを見てられるとはさすがユージーンだなって思いました。相変わらずマイペースですよね。


さて今回はアレクサンドリアサイドの話も多かったですけど王国の話も出てきました。


王国はエゼキエルが顕在で変わらず住民を率いています。そしてキャロルも王国に住んでいますがキャロルは髪が伸びてだいぶ見た目が変わりました、別人のようです。更に王妃と呼ばれているのでエゼキエルと正式に結婚したんでしょうね。そしてヘンリーもジュディス同様大きくなりました。ジュリーはあまり変わりありませんでしたがいつも通り笑顔がよかったですね。


それにしてもエゼキエルがまた町同士で手を組み団結できればと言ってました。このことから考えるとおそらく今は他の共同体と敵対はしていないけど協力関係でもないんでしょう。何かあったんだとは思いますが、原因にはリックがいないこともあるんじゃないのかなって思います。大黒柱がいなくなると得てしてこういう事態が起こりやすいですよね。更に会議という言葉が何度か出てきますが、会議の内容が何なのかは出て来なかったですね。ただヒルトップとは亀裂が入っていると言っているのでヒルトップと険悪な雰囲気になっているようです。何かあったのか気になりますね。


そして王国の設備ですが結構老朽化しているようですね。それを見かねてヘンリーが鍛冶工を覚えて設備を一新するようです。そのためにヒルトップのアールの元へ修業に行くようですね。ヒルトップまでの送りはキャロルが付き添いでしたが、道中救世主に襲われたときはキャロルも丸くなったなって思いました。でも実際は全然そんなことなかったですね(笑)救世主を焼き討ちで皆殺しにするところはさすがキャロルだなって思いました。救世主もキャロルを敵に回して生かしておくっていうのはかなりの悪手なことに気づいてなかったのが明暗をわけてしまいましたね。キャロルは怒らせてはいけませんね(汗)


そしてアクレサンドリア、王国以外だとダリルも少し出てきましたね!見ていた感じダリルはどの共同体にも属さず一人で外で行動しているのかなって思いました。


そしてアレクサンドリアにいますがニーガンも出てきました、調子のほうはかなり回復したようですね。マギーから生かされたときはそのまま廃人になる可能性もあるかなって思いましたが、いつものニーガンに戻っていたかなって感じました。ジュディスがたまに話し相手をしているようですが、それもメンタル安定に一役買ってそうですね。そしてニーガンもジュディスのために何かしてあげたいと思っていそうですね。そんな中ニーガンがした犬の話はなんとなく印象に残りました。


さて今回はアクレサンドリア、王国だけでなく更に大きな出来事がありました。それはウォーカーがささやいていたことです。これはユージーン達の幻聴だったのか…それとももし本当にウォーカーが喋ったとしたらこれは並々ならぬことです。ウォーカーは今まで意識を持たないからこそ数が多くても対処できました。これがウォーカーが意思を持ち強化されるとしたら生存率が根底から覆されます。あの囁きは一体なんだったのか…たまたまなのか。この先が不安になる展開になりましたね。

 

次のストーリー【第7話 楽器への想い】

 

 

 

シーズン9の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ミショーン(ダナイ・グリラ)

f:id:a-map:20181208150117j:plain

リックがいなくなったアレクサンドリの実質リーダーとして町を率いる。またジュディスの母親として面倒見つつアレクサンドリアの存続のため行動する


ジュディス・グライムズ(ケイリー・フレミング)

f:id:a-map:20190407134350j:plain

リックの娘で、現在はミショーンの娘として育てられている。町の外に出て行動できるほど成長し、銃でウォーカーと戦うこともある。また正義感が強く、仲間や生存者の助けになりたいと考え行動している


 

プライバシーポリシー