ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン9【第10話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190407164857j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

墓地で喋るウォーカーに追い詰められていたダリル達だったが、なんとか窮地を脱してその場を後にする。そしてダリル達は喋っていたウォーカーは、ウォーカーの皮を被った人間だったことに気がつき偽ウォーカーの少女を捕えてヒルトップへ連れ帰る。


その後ダリル達は偽ウォーカーの少女を尋問するが仲間の情報はおろか自分の名前も話そうしなかった。そんな中ミショーンはアレクサンドリアの住民に危機を伝えるためにヒルトップから帰ることにする。


一方ニーガンは檻から抜け出した後アレクサンドリアを出て聖域へ向かう。そして廃墟となった聖域で物思いにふけると、その後聖域を後にする。そして道端でニーガンを探していたジュディスに出会い、ニーガンはジュディスにアレクサンドリアの檻の中へ戻ると告げる。


片やアルデンとルークはダリル達とは入れ違いでダリル達を探しに出ていたが、ルークが見つけたユミコの矢を追ってダリル達を探していると偽ウォーカー達の溜まり場に行き着いてしまう。そして二人は偽ウォーカー達に囲まれてしまう。

 

前回のあらすじ【第9話 死人の正体】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第10話  操られた記憶】あらすじ

f:id:a-map:20190407165105j:plain引用:AMC

 

ヒルトップの地下ではヘンリーがリディアから過去の話を聞いていた。そしてヘンリーも自分の話しをリディアにしていた。


一方タラはユミコ達と森の中でアルデンとルークを探していた。そんな中タラ達はウォーカーの群れと出くわすと、偽ウォーカーなのか警戒しながら戦闘する。そしてウォーカーの群れを殲滅するが、ウォーカーの群れが襲っていたのは切り裂かれた跡があるルーク達の馬だった。そのことから偽ウォーカーの痕跡があったことがわかるがタラは慎重に行動するため一度町に戻ると告げる。それに対してユミコ達はルーク探しを継続しようとするが、最終的にはタラの判断に従い一度ヒルトップへ戻ることにする。


片や地下ではヘンリーがリディアに自分も正常ではない時期があったが周りの人のおかげで正常に戻れたと話すと、リディアは過去の話をしてもう元の世界には戻れないと返答する。それに対してヘンリーは再び自分の話をして王国の情報をリディアに話すが、地上で話を聞いていたダリルがすぐに地下へ行きヘンリーを外に連れ出す。そしてヘンリーに王国の情報を漏らしたことを怒るとヘンリーは反省の色を見せるが、同時にダリル達が交代で自分達の話を聞いていたことに驚き今後はダリルがリディアに話を聞くべきだと言い激怒する。


そしてダリルは地下へ行きリディアに尋問すると、ダリルはリディアから過去の話を聞く。その後ダリルは耳を痛がるリディアに薬を与えて水を飲ませようとするが、その瞬間リディアは檻越しにダリルに襲いかかる。しかしダリルはリディアの攻撃を交わして腕を確認すると、リディアの腕には虐待を受けたような無数の傷があった。そしてダリルは何も言わずに地下を立ち去る。その後ダリルは再びリディアの檻に行くと虐待をしていた母親を庇う必要はないと告げるが、リディアは母親を庇う発言をする。そして甘い人間は死ぬと言い再び自分の過去を語る。


リディアがダリル達に語った過去の話はまだ騒動が起こり始めたころ5.6歳くらいの頃の話だった。リディアが最初に避難したのは地下の避難所で父親、母親や他に何人かの人達と共に避難していた。そんな中父親は変貌した世界に絶望していたが母親は諦めずにいた。しかししばらくして数名が避難所から出て行ってしまう。その際リディアの父親も出て行こうとするが母親の強い要望でリディア達家族は避難所に残ることにする。しかしリディアの父親と母親は避難所生活の中で徐々に意見の違いから険悪になっていく。


その後リディア達の避難所から一人の男性が地下に耐えられずに出て行こうとして騒ぎだす。そしてリディアの母親は騒ぎを収めるため男性を殺してしまう。その夜男性はウォーカーに転化してリディアは転化した男性に襲われそうになるが、父親がリディアを庇って助ける。しかしその際父親はウォーカーに噛まれてしまったというものだった。


そして過去の話を終えたリディアは自分のせいで父親が死んだと自分を責めるが、父親の死はリディアのせいではないとダリルが慰める。その後リディアはダリルの話も聞かせてほしいと頼むがダリルは何も語らずその場を後にする。そして地上で話を聞いていたヘンリーがダリルの元へ来ると、ダリルはヘンリーにリディアは自分の手に負えないと言い後はタラに任せると告げるが、ヘンリーはダリルにリディアの力になってほしいと頼みこむ。


一方ユミコ達はルークを探すためヒルトップを抜け出す計画を立てていた。そんな中マグナはタラに逆らうべきではないと抜け出すことに反対する。しかしコニーもケニーもルークを探しに行くことに賛成するとマグナも納得してユミコ達はルークを探すためヒルトップを抜け出すことにする。


そして夜になりユミコ達はひそかにヒルトップを抜け出して森の中へ入って行く。その後ユミコ達は森の中で不自然な足あとを見つけると偽ウォーカーが付近にいるではと警戒する。そしてケニーが突如ウォーカーに襲われるが、なんとか犠牲を出さずに事なきを得る。しかしユミコは暗闇の中でルークを探すのは危険だと考え引き返そうと提案する。だがケリーが昔ルークに救ってもらった恩があるからルークを見捨てることはできないと言い出す。そしてコニーが妹のケニーを落ち着かせてからヒルトップへ戻ると告げ、ユミコとマグナはひとまず先に町へ帰ることにする。そんな中ユミコ達を見ている者がいた。


片やヒルトップではヘンリーがリディアの檻を訪れる。そしてヘンリーはリディアを檻から出すと、そのまま町の中へ連れ出して町を案内する。そんな中リディアは隙を見てヘンリーを襲おうとするが、町中で子どもの泣き声を聞くとリディアは怯えだして檻に戻りたいと言い出す。そしてヘンリーはリディアを再び檻の中へ連れていくが、ダリルはその様子を遠くから伺っていた。その後ヘンリーはリディアに頼まれて朝まで一緒に地下にいることにする。


次の日ダリルが地下を訪れる。そしてリディアは身体中が痛いことを告白し薬と水が欲しいとダリルに訴えるとダリルはリディアに水を与える。その後リディアは母親は自分を迎えに来ないし、捕まったルーク達も生かされていないだろう、それが自分達の集団だとグループの情報を語り出す。そしてダリル達に話した過去の話は何年も母親に言われてきた話で事実とは違う、本当は母親がどんな人なのかも気がついていたと話し出す。


そしてリディアは自分の知っている本当の過去を話し出す。それは地下の避難所にウォーカーが現れ騒動になり、母親は仲間を見捨てて外に逃げようとしたが父親が仲間を助けに行こうとした。母親はそんな父親を殺してしまったというものだった。


そしてリディアは言葉を詰まらせるが、ダリルはそれ以上は言わなくていいと告げ地下を後にする。


そんな中ユミコ達がヒルトップへ戻ってくる。そしてユミコは見張りをしていたタラの元へ行くと自分が間違っていたと謝る。それに対してタラはユミコ達が出て行ったことに気がついていて、気持ちはわかるが意見があるなら言ってほしいと告げ誰にも死んでほしくない返答する。そしてケニーとコニーもヒルトップの住民に保護されてヒルトップへ戻ってくる。


しかしそんな中タラ達は偽ウォーカーがヒルトップに向かってくるのに気がつく。そしてケニーはヒルトップへ中へ入れるが、コニーは逃げ遅れて近くの茂みに隠れる。その後偽ウォーカー達はヒルトップの門まで来るとダリルやタラ達と対面する。そしてリディアの母親がアルファと名乗り、アルファはダリル達にリディアの解放を要求する。

 

ウォーキング・デッド/シーズン9【第10話  操られた記憶】感想

f:id:a-map:20190407165108j:plain引用:AMC

 

今回はリディアとユミコ達でしたね。そして最後に偽ウォーカー達との対峙となりました。

 

リディアの過去


まずはリディアの過去ですけど、最初に語っていた過去①と後に語っていた過去②は父親の死に方が違いました。その中で大きく違ったのは、過去①では父親の髭がなくなっていましたが、過去②では父親の髭があったことです。このことから過去①の話はところどころは本当で、父親の死についてなど嘘も交じっているのかなって印象でした。リディアの過去の流れとしては地下に避難、地下でウォーカーが現れる、アルファが父親を殺す。これがリディアの過去として実際に起こったことなんでしょう。しかしアルファは幼いリディアに父親はリディアを救って死んだと言い続けたみたいですね。そしてリディアの過去を見た感じ父親は良い人だったみたいですが、アルファはかなり曲者かもしれませんね。特に父親が仲間を見捨てるのか?って言ったときに、あれは仲間じゃない。バカよ。って言ったのが強烈でインパクトありました。


しかしリディアの過去の話やミミズを平然と食べたりしているのを見るとこれまで壮絶な生活をしてきたことが想像できますね。そしてリディアが子どもの泣き声に怯えて過去の事を思い出したのはこれまでの体験にかなりトラウマがあるのかなって感じました。リディアはアルファから虐待を受けていたようですし強烈な洗脳というか思想を植えつけられているようだったのでそれが原因かもしれないですね。しかしヘンリーやダリルと関わることでリディアはやっと事実を受け入れて、アルファの生き方とは別の道もあると思い始めたように感じました。そのことから頑なに拒んでいた偽ウォーカーの情報も語っています。しかしリディアにとって自分の予想と違ったことはアルファがわざわざリディアを取り返しにヒルトップに来たことですよね。やっと自分の意思を持ち始めたリディアにとってこれは困難な状況になったように思えます。


そしてヘンリーですけど、リディアを終始気にかけて助けていました。そんな中でヘンリーが王国の情報を漏らしたり、檻から出して危うく殺されそうになったりして、もしかしてヘンリーは今回死んでしまうんじゃないのかなって思いながら見ていました。ヘンリーの行動力は素晴らしいと思いますけど結構危ういところもありますよね。そしてヘンリーがリディアを檻から連れ出した際にリディアにミミズを勧められて食べていましたがインパクトありましたね。リディアに悪気はなかったんでしょうけど…さすがにミミズを差し出されると困りますよね(汗)そんなヘンリーがリディアに一緒にいてほしいと頼まれて朝まで傍にいることにして、その中で二人が手を繋ぐシーンは印象的でした。リディアがこれでしっかり立ち直れたらヘンリーも報われますね。

 

ルーク探し


そしてユミコ達ですけど、戦闘力高いですよね。ユミコ達は基本的に遠距離攻撃が多いのでリスクが少なく戦えるのも強みですよね。そんなユミコ達は危険を冒してルークを探しに行くところなど、相当仲間の絆は強いのかなって思います。そして夜の森でルークを探しているときにコールポートを思いだすと言っていましたが、過去にも何か大きな問題があったようですね。現段階ではコールポートについては出てきてなかったと思いますが、今後ユミコ達の過去も更に掘り下げられていくのかもしれないですね。


そしてケニーが突然襲われたときはびっくりしました。なんとか助かってよかったですけど、あの暗闇だと偽ウォーカーだけでなく普通のウォーカーもいつも以上に危険になりますし、遠距離攻撃が得意なユミコ達としては暗闇の中の戦いは相性も悪いですね。そして引き返すとなったときにケニーが食い下がりましたが、その際コニーが妹は任せてと言います。これで初めてわかったんですけど、コニーとケニーは姉妹だったんですね。そしてユミコ達は一足早く帰りましたが、正直あの暗闇の中コニー達は残ってて無事戻れるのかなって思いました。偽ウォーカー達も監視していた雰囲気ありましたし。でもタラがヒルトップの住民を派遣していたようで無事ヒルトップ付近まで戻って来られたのでよかったですね。ただコニーは偽ウォーカーから隠れるため町に入れなかったので無事に町に戻れるか心配なところですね。

 

ダリルとタラ


そしてダリルですけど今回も終始冷静で、さすが頼りになるなって思いました。しっかりリディアという人物を見極めて、最初に薬を水をあげたときも油断せずに襲ってきたリディアを対処するところなどはさすがです。更にヘンリーがリディアを檻から出して町の中を案内しているときも隠れてリディアの行動に目を光らせていました。あそこでヘンリーをしっかり見守っているところもさすがだなって思います。そんなダリルもリディアが虐待されている傷を見つけたときは、自身の体験になぞらえて思うところがあったようですね。しかし最後はリディアがグループのことを話してくれるようにまでなってよかったですし、ダリルもリディアが心を開くことに貢献したと思います。


そしてタラですけどユミコ達と外でアルデン、ルークを探していたときに一度ヒルトップに戻るという判断ができるところはよかったですね。更にひそかに抜け出したユミコ達にヒルトップの住民を派遣して、戻ってきたユミコにも理解を示すところなどタラのリーダーシップを感じました。ヒルトップの実質的リーダーになってどうなのかなって思ったんですけど、結構リーダーに向いていそうですね。

 

終わりに

さて今回は偽ウォーカー達について少しわかりましたが、まだ全容はイマイチわかりません。しかしそんな中偽ウォーカー達がヒルトップに現れてリディアを返すように要求してきました。アルファの行動はリディアの予想とはちょっと違ったようですが、リディアはやっとアルファが間違っていたと気がついたところです。更にダリル達もリディアに理解を示し始めたところで、リディアをみすみす母親の元に戻さないでしょう。ただアルファがアルデンとルークが生かしてて人質交換を要求してくるかもしれません。その場合はどうするのか…かなり判断が難しいうえに急展開になってきましたね。

 

次のストーリー【第11話 決意】

 

 

 

 

シーズン9の主な登場人物

この項目画像は[AMC ]からの引用になります


コニー(ローレン・リドロフ)

f:id:a-map:20190407134831j:plain

元ジャーナリストでケニーの姉。耳が聞こえないため手話で会話をしている。またウォーカーと戦える戦闘力だけではなくダリル並の追跡術も持っている


ケリー(エンジェル・セオリー)

f:id:a-map:20190407134834j:plain

コニーの妹。ウォーカーと戦える戦闘力を持っていてパチンコを使った攻撃を得意としている。仲間思いでルークやコニーがいなくなった際は一番にルークやコニーの心配をする


 

プライバシーポリシー