ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン8【第14話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820101006j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

サイモン達はヒルトップに到着すると皆殺しにするよう号令をかけ攻撃を開始する。しかし襲撃に備えていたマギー達はサイモン達の裏をかいて油断を誘い反撃するとサイモン達はたまらず撤退していく。そして次の日救世主を退けたリック達は町の復旧作業をしていたが、その中でタラはダリルにドワイトをもう許すと告げる。しかしそれに対してダリルはドワイトを許せないと返事をする。


その夜住民が死にウォーカーに転化し始める。更に騒ぎに乗じて救世主は逃げてしまう。その後事態を収束させたリック達は救世主が刃物に細工をしていたことに気がつく。そして次の日ヒルトップ内にヘンリーの姿はなかった。

 

前回のあらすじ【第13話 空虚な朝】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン8【第14話  涙のわけ】あらすじ

f:id:a-map:20180706183231j:plain引用:AMC

 

ニーガンはリックと建物で争った後、ジェイディスに捕まってゴミ山にいた。そんな中ジェイディスは綺麗な部屋で身支度を整えると縛って監禁しておいたニーガンを外に出す。コンテナから出されたニーガンはジェイディスに語りかけ拘束を解くよう説得しようとするがジェイディスはまるで聞く耳を持たない。


一方ヒルトップではエゼキエルが町を出たヘンリーを心配していたが、キャロルにヘンリーを探しにいくべきでは相談するもキャロルは浮かない返事をする。しかしその後モーガンが逃げた救世主とヘンリーを探すため町を出ようとするとキャロルもついていくことにする。そしてタラはドワイトに射られた傷が悪化せず感染もしてないことからドワイトは自分を殺そうとしたわけではなかったとダリルに主張する。しかしそれでもドワイトへの態度を変えないダリルに対して、タラはドワイト復讐から降りると告げる。そんな中ミショーンは部屋でカールからの手紙を読んでいた。その後部屋にリックが来るとミショーンはリックがカールからの手紙を読んでないことを知り手紙を読むべきだと言う。


その後森の中で救世主の足取りを追うモーガンとキャロルだったが、道中でモーガンはヘンリーの幻覚を見る。そしてモーガンは幻覚が見えることをキャロルに告げる。そんな中二人は誰かが通った痕跡を見つけて痕跡を辿る。その後ヘンリーの持っていた棒が刺さったウォーカーを見つける。キャロルはウォーカーのきた道に進みヘンリーを探そうとするが、モーガンはヘンリーが死んでいると諦め救世主の後を追うと主張する。そして二人は別々の道を進むことにする。


一方ヒルトップではリックも逃げた救世主を追うため町を出る。そしてリックは森の中でモーガンと合流するが二人は追っていた救世主に気絶させられ捕まってしまう。


その後リック達は建物内で縛られた状態で目を覚ますと、救世主達は傷を負った仲間を見捨てるかどうかで揉めていた。その様子を見てリックは救世主を仲間にするからヒルトップへ戻るよう説得するが、モーガンは救世主を殺しにしたと脅す。その後建物内にウォーカーが現れるとリックはウォーカーを一掃して救世主を助けると告げ縄をほどかせる。そしてリックとモーガンは救世主に協力してウォーカーを倒すが、リック達は隙を見て救世主にも攻撃仕掛けて救世主を皆殺しにする。


一方ゴミ山で縛られているニーガンはジェイディスへの説得を続けていたが、ジェイディスがニーガンのバットを燃やそうとするとニーガンはバットへの思いを語る。そんな中二人の頭上にヘリが現れ、ジュディスはヘリに助けを求めるがヘリはそのまま去ってしまう。その後ニーガンの説得によりジェイディスバットを燃やすのを止める。そして拘束を解かれたニーガンはジェイディスを救世主に誘う。しかしジェイディスはニーガンの誘いに乗らずゴミ山に残る。


片やキャロルはウォーカーに襲われ助けを呼ぶヘンリーを見つける。そしてキャロルがヘンリーを助けると、ヘンリーは泣きながらキャロルに謝る。そして二人はヒルトップに戻ると、その後リックとモーガンも町に戻ってくる。モーガンはヘンリーに気がつくと兄の仇を取ったことを伝える。その後モーガンは一人で涙を流す。


一方ニーガンは帰りに仲間を見つけて聖域まで戻る。

 

ウォーキング・デッド/シーズン8【第14話  涙のわけ】感想

f:id:a-map:20180706183240j:plain引用:AMC

 

ジェイディスが一人だけ生き残ったのは生かされたわけじゃなくうまく生き残ったんですね、なんでジェイディスだけ生き残れたのかなって思ってました。


そういえばニーガンはゴミ山にいますがリックと争った後ジェイディスに捕まっていたんでしたね。縛られた状態ということは明確な敵意はあるんでしょうね。それにしてもジェイディスが大切にしている写真はどういう写真なんですかね?どんな写真か確認できなかったですけど気になりました。


そしてゴミ山にヘリが現れますが、5話でもゴミ山に向かうリックがヘリを目撃していましたね。ゴミ山付近を頻繁に飛んでいますしあのヘリは何者なんでしょうか?ちなみにあのヘリは目視でニーガンとジェイディスを確認できたと思うんですけど普通に去っていきましたね。そしてジェイディスが必死に助けを求めていたのが意外でした、ジェイディスは誰かに助けを求める感じしないんですけどね。あのヘリとは何か関係があるんでしょうか?ニーガンもここで何があったと聞いてますし、最初は清掃人皆殺しのことを聞いているのかと思ったんですけどもしかしたらあのヘリとの関係性を聞いていたのかもしれないですね。


そしてタラはドワイトのことを完全に許したようですね、そのほうがタラっぽくていいですよね。


それにしてもてっきりリックはニーガンに無線を入れたときカールからの手紙を読んだのかなって思っていたんですけど、あのときはニーガンへの手紙を読んだだけだったんですね。


そして次の襲撃に頭を悩ませていたマギー達ですが、こういうとき銃弾を精製できるユージーンが向こういることがネックになってきますね。銃弾を精製できるっていうのはやっぱり相当大きいメリットですよね。


それにしても救世主の後を追っているリック達が簡単に捕まったのはらしくなかったですね。その後救世主を説得するリックに対してモーガンは救世主を脅しますが、縛られた状態で救世主を脅すとは…。そして結果リックとモーガンは解放されて救世主を騙し討ちしますがこれでよかったんですかね?カールが死んでからことごとくカールの思いを踏みにじる行為を続けるリックですが、最近の行動にはちょっと疑問が出てしまいます。


そして救世主から何気に出たサイモンとニーガンの差。サイモンは見捨てたから救世主を抜けようという言葉とニーガンはリックを連れていけば認めてくれるというニーガンへの信頼。ここが救世主達のニーガンとサイモンの差を表しているかなって思います。


そしてモーガンは人が変われると信じて人を許す行動をしたことを後悔しているようですけど、このまま一人でウォーカーを殺していた頃に戻るんですかね。あの頃よりは大分マシには見えますが以前に近い状態に戻ってしまうのは残念ですね。


それにしてもキャロルがヘンリーを見つけたシーンですけど、シーズン2でキャロルの娘のソフィアがいなくなったときのことを思い出しました。ソフィアは助かりませんでしたがヘンリーは助かってよかったですね。そしてモーガンは一人で涙を流しますがヘンリーの帰りが嬉しかったんでしょうね。


一方ヒルトップに戻ったリックが必要以上に殺すなって言った救世主を横目で見るシーンは印象的でした。必要以上どころか皆殺しですからね。


それにしてもニーガンですが意外に甘いところがあって今回はその甘さが裏目に出てジェイディスに殺されそうになりましたね。サイモンが勝手にゴミ山の住民を殺したこともジェイディスからしたら当然ニーガンの指示だと思いますよね。


そしてニーガンのバットですけどルシールというのは元々の奥さんの名前だったようですね。以前ゲイブリエルにルシールを唯一の妻と言ってましたし、今回もどうしようもない自分を変えてくれたとも言ってます。でもあくまでバットはバットと割り切っているようですけど、やっぱり奥さんの名前をつけたバットは特別なもののようですね。


その後のニーガンの帰還…正直ワクワクしますね(笑)そしてニーガンが見つけたのはドワイトを裏切りを知るローラですかね?後2話で話をどう纏めるのか気になりますがシーズン8がどんな結末になるのか期待して見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第15話 偽りの顔】

 

 

 

シーズン8の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ジェイディス(ポリアンナ・マッキントッシュ)

f:id:a-map:20180711161431j:plain

サイモンにより清掃人が殲滅されるが一人だけかろうじて生き残る。その後リックと争っていたニーガンを見つけると、捕まえてゴミ山に連れてくる


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー