ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン8【第1話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820100344j:plain

引用:AMC

 

前回のあらすじ

ドワイトから次の日ニーガンが攻めてくることを聞いたリック達はドワイトの言葉を信じてニーガンと戦う準備を始める。そして次の日ニーガンは部下とサシャを連れてアレクサンドリアに向かっていた。その後アレクサンドリアでリック達とニーガン達は敵として対峙するが、リック達が攻撃しようとすると清掃人に裏切られてしまう。そして銃撃戦になるがリック達は競り負けて拘束されてしまう。


そしてニーガンはカールを殺そうとするがそこに王国とヒルトップの住民が助けに現れるとニーガンは押されて退却する。その後ニーガンは救世主を集めて戦争を宣言し、リック達も住民を集めて決意を語る。

 

前回のあらすじ【第16話 遺志を継ぐ者たち】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン8【第1話  全面戦争】あらすじ

f:id:a-map:20180625184850j:plain引用:AMC

 

リック達は救世主と戦うため準備をしていた。そんな中ドワイトはリック達に情報を流し、リック達はその情報を元に救世主襲撃の準備を進める。


そして物資調達をしていたカールは道中で生存者の少年に出会う。少年はカールに食料を分けてほしいと頼むが近くにいたリックが少年に威嚇射撃をして追い払う。


その後リック達は車を武装し見張りも排除をして着々と準備を進める。更にタラやキャロルは聖域へウォーカーを誘導していた。そして準備が整い襲撃前にアレクサンドリア、ヒルトップ、王国の人々が広場に集結する。そしてそれぞれの住民達はコミュニケーションを取り聖域襲撃への気持ちを高めていく。そんな中アレクサンドリア、ヒルトップ、王国のそれぞれのリーダーが戦争に対する思いを語り住民を鼓舞する。


その後リック達はニーガンのいる聖域へたどり着き威嚇射撃をする。そしてニーガンと幹部がリック達の前に現れるが、ニーガンは余裕の表情を見せお互いが争う必要はないと告げる。しかしリックは幹部達を名指しにして降伏するように呼び掛ける。だが誰も降伏しようとする者は現れない。


そんな中ニーガンはグレゴリーをリック達の前に連れてくる。そしてグレゴリーは救世主と戦えば、戦った住民もその家族も今後ヒルトップへは住まわせないと脅す。しかしグレゴリーの言葉に耳を傾けるものは誰もいないとわかると怒ったサイモンがグレゴリーを高台から突き落とす。そしてリックは再び救世主に降伏をするように告げるとカウントダウンを始めるが、その後カウントダウンが終わる前にリックは銃撃を開始する。


そしてリック達と救世主は激しい銃撃戦になる。その後銃撃戦の最中リック達は聖域の入り口を爆発する。そしてダリルに誘導されたウォーカーの群れが聖域までたどり着くと、大量のウォーカーが聖域へ押し寄せる。そんな中リックはニーガンを仕留めようと粘る。しかし熱くなるリックをゲイブリエルが引きとめリックは聖域を後にする。


その後ゲイブリエルも聖域から離れようとしたとき助けを求めるグレゴリーを発見し助けに行く。そしてグレゴリーを助けたゲイブリエルだったが、グレゴリーは制止するゲイブリエルを振りほどき一人で車に乗って去ってしまう。その後取り残されたゲイブリエルは建物に逃げ込むがそこにはニーガンがいた。


一方作戦を終えたリック達はそれぞれの町ごとに集合場所に集まる。そしてキャロル達は基地の襲撃を始めるが…。

 

ウォーキング・デッド/シーズン8【第1話  全面戦争】感想

f:id:a-map:20180820100517j:plain引用:AMC

 

シーズン7の最後ではちょっとどっちかわからなかったですけど、ドワイトはやっぱりニーガンを裏切ってリック達についたんですね。これは救世主との戦争においてはかなり有利になりますよね。ドワイトの情報があるのとないのでは作戦の成功率が相当変わると思います。


そしてウォーカーの大群を誘導するタラ達ですけど、ウォーカーも戦いの道具にしていますがまた一段とウォーカーの扱いが変わってきましたね。そしてバイクで誘導しながら仕掛けを爆発させてウォーカーを誘導するダリルですがバイクに乗りながらの射撃が上手いですね、さすがダリルです。


その後襲撃前に住民達を鼓舞するそれぞれの町のリーダーですが、これから攻め入るぞって雰囲気が出ていましたね。そしてこのシーンでもわかりますがマギーは名実ともにヒルトップのリーダーになったんですね。


一方カールとミショーンはアレクサンドリアに居残り組みたいですけど、カールは襲撃に行きたいって言いそうなのに珍しいですね。それにロジータまで残るというのはどういうことなんでしょうか?ロジータは絶対に襲撃に行きたがると思うんですけどがここは謎でした。


その後聖域にたどり着いたリック達の前にニーガンが現れますが、あんなに無防備で出てきて撃たれる心配はしなかったんでしょうか?それとも距離的に銃撃が届かない距離だったのでしょうか?ちょっと不思議でした。


それにしてもリックが幹部を名指ししていくときのユージーンはなんとも言えなかったですね。リックに完全に敵視されてます(笑)まあこれまでの経緯を考えたら当然ですけどいざとなったときにリック達はユージーンを殺すことができるんですかね?


それにしてもグレゴリーが出てきたときはやっぱりかーって感じしました。そして誰もグレゴリーの言葉に耳を傾けないときもやっぱりなって感じでした。まあグレゴリーは人望ないですからね。


その後リックがカウントダウンを始めて途中で銃撃し始めるのはリックっぽいなって思いました。


そして総攻撃が始まりますが見ごたえありましたね、アクション映画みたかったです。更に大量のウォーカーも入り乱れていかにも戦争って感じでした。


ウォーカーの誘導も上手くいって入り口も爆発、そして聖域がウォーカーに襲われたところまではよかったですけど…その後のグレゴリーがひどかったですね(汗)まさか助けに来たゲイブリエルを置き去りにして一人で車で逃げてしまうとは…本当に最悪な人物です。そしてゲイブリエルが逃げ込んだ先にはニーガンがいましたが、ニーガンがゲイブリエルを脅したときの絶望感が凄かったです。ゲイブリエルはどうなってしまうんでしょうか(汗)


そして作戦を終えたリック達はアレクサンドリア、ヒルトップ、王国と各自集まりますが、今後は別れて基地を襲撃していくって流れなんでしょうか?たぶんそんな感じなのかなって思いました。


今回は時系列が入り乱れて回想も入っていたので話全体の流れが少しわかりにくかったです。そしてシーズン8が始まってちょっと不思議に感じたんですが、ニーガンがシーズン7の最後で戦争だって言って終わりました。その後今回リック達が攻めて来るまでただ待っていたってことでしょうか?それとも何か仕掛けをしているんでしょうか?この間ニーガン達がどうしていたのかなって気になりました。まあニーガンがこのままやられっぱなしってことはないと思うのでニーガンがこの先どうするのか注目したいと思います。


そしてところどころでリックの回想が出てきてその中でジュディスが大きくなっている姿が出てきたりします。これは数年後を示唆する回想ですがどういうことだったのかなって思いました。この回想がどう繋がっているのかがとても気になりますし、この回想にはなぜかミショーンがいてカールがいないんですよね。これは何かを意味しているんでしょうか?現実なのか、それともただの想像なのか気になりました。

 

次のストーリー【第2話 予期せぬ再会】

 

 

 

シーズン8の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)

f:id:a-map:20180711161736j:plain

ニーガンとの対立を深める中、各町のまとめ役として住民を先導する。救世主には容赦ない対応を見せることもあるが仲間のために力を尽くす


マギー・グリーン(ローレン・コーハン)

f:id:a-map:20180711161708j:plain

ヒルトップを率いるリーダーとなり住民から厚い信頼を寄せられている。ニーガンとの戦いにおいては住民を率いて聖域へ向かう


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー