ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン6【第14話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180820091934j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

キャロル達は救世主に捕まりウォーカーが蔓延する建物で監禁されてしまう。一方リック達は人質交換を要求するが救世主は交換には応じない意向を示す。その後救世主はマギーからアレクサンドリアの情報を引き出そうとする。そんな中キャロルは隙を見て拘束を解くとマギーを探しだしてマギーの拘束も解く。


そしてキャロルは建物から逃げ出そうとするが、マギーは救世主達を皆殺しにするべきと主張し二人で救世主達を襲い皆殺しにする。その後建物にたどり着いたリック達と合流する。

 

前回のあらすじ【第13話 張り詰めた糸】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン6【第14話  強く在るために】あらすじ

f:id:a-map:20180520132517j:plain引用:AMC

 

救世主達のアジト襲撃が成功して、アレクサンドリアには平穏が訪れていた。そんな中でそれぞれの考え方や人間関係は変わり出していた。そしてエイブラハムとユージーンは一緒に巡回に出る。


一方デニースは町に来る前に見かけた薬品店へ物資調達に行こうと考え、ダリルやロジータを誘う。だが一度も壁の外に出たことがないというデニースに対しダリルもロジータも反対をする。しかしデニースはダリル達の反対を押し切り、結局3人で物資調達へ出かけることにする。そして町を出て車で薬品店を目指すダリル達だったが、途中で道に木が倒れていて車で進むことができずに車を降りて徒歩で薬品店を目指すことにする。


片や巡回に出たエイブラハムとユージーンだったがユージーンはエイブラハムを連れて町工場に行く。そこでユージーンはエイブラハムに弾丸を製造すると伝える。話を聞いたエイブラハムが驚いているとそこにウォーカーが現れる。ユージーンは自分が始末すると言い出しウォーカーの相手をするが、手こずってしまいエイブラハムが手助けする。しかし助けられたユージーンは自分で始末出来たから謝ってほしいと怒りだし、その後二人は言い争いになるとエイブラハムは町工場を出て行ってしまう。


そんな中、薬品店にたどり着いたダリル達は慎重に建物内へ入っていく。そして建物内で薬品を見つけてアレクサンドリアに戻ることにする。


その後線路から町へ戻っていたダリル達だったが、デニースは自分の弱さを恥じていて強くなりたいと思っていることをダリル達にぶつける。ダリル達は静かにデニースの思いを聞いていたが、突然デニースの頭は弓矢で撃ち抜かれ死んでしまう。そしてダリル達は銃を構えた生存者達に囲まれ、更に捕えられたユージーンが現れる。そんな中、ダリル達を襲った集団の中には以前ダリルから荷物を奪って逃げたドワイトの姿もあった。


ドワイトはダリルに再会を挨拶をすると殺されるかアレクサンドリアに連れていく選べと詰め寄る。しかしユージーンが隙を作り、隠れていたエイブラハムとダリル達が反撃し、更にウォーカーも現れるとドワイト達は退却する。ダリルはドワイト達の後を追おうとするが撃たれてしまったユージーンを町に運ぶために思いとどまり、ダリル達はアレクサンドリアに急いで戻る。そしてユージーンは一命を取り留める。

 

ウォーキング・デッド/シーズン6【第14話  強く在るために】感想

f:id:a-map:20180520132524j:plain引用:AMC

 

色々ありましたが冒頭のように平和なことはいいことですね。たまにあるこういう落ち着けるパートは割と好きです。


それにしてもモーガンが何を作っているのかなって思ったら牢獄を作っていたんですね。目的はWの男みたいな生存者が現れたときに監禁しておけるようにですか(汗)まあここまでポリシーを貫くならそれはそれでありかもしれないですね。


しかしあのゲイブリエルが銃を持って町を巡回するとは…人は変わるものですね。そしてキャロルはトビンと、ロジータはスペンサーとくっついたようです。それにしてもダリルと話すキャロルはやっぱり今まで生存者達を殺したことを後悔しているように感じました。


物資調達に出たダリル達ですがデニースがダリルのギアチェンジを指摘するシーンは印象的でした。デニースって結構はっきり物を言うほうなんですね。線路より遠回りな森の中を進むことを選んだダリルですが、見通しのいい場所だと生存者に襲われる可能性があるからってことですかね?


一方エイブラハムとユージーンは大丈夫なのかなって心配でしたが、道中では思ったよりギスギスしていませんでしたね。それにしてもユージーンは銃弾を製造すると言い出すとは…結構衝撃です。これが本当に出来るなら凄いと思いますがどうなんですかね?しかしその後の流れはなんとも言えなかったですね。さすがに助けてくれたエイブラハムにあの言い草はないかなって思いました。


その後デニースも変わろうと必死なんだなって思って見ていたら…ええー!!まさか唯一の医者が死ぬとは!!弓矢の刺さった死に方もインパクトありました(汗)しかもあれだけ啖呵切ってたユージーンも捕まってましたね。そしてドワイトですか…生きていたんですね。以前森でダリルから荷物を奪った時とは雰囲気が代わってましたがまたダリルの前に現れるとは。


なんとか撃退したダリル達ですが捕まってしまったユージーンは今回は頑張りましたね。目を覚ましたユージーンを見てユージーンは何より軽んじられるのが嫌なんだろうなって思いました。しっかり謝るエイブラハムも偉いと思いました。そしてとうとうエイブラハムはサシャの家に行ったんですね、今後はきっとサシャと暮らすってことなんでしょう。


最後のキャロルの書き置きですが、これはもしかしてアレクサンドリアを出て行ったってことですかね?もう完全に出て行く話は終わったと思っていましたが…でも最近は生存者を殺したことを悩んでいたようでしたからね。


平和なスタートだったけど、途中からはやっぱり悲しい展開になってしまいましたね。

 

次のストーリー【第15話 巡る因果】

 

 

 

シーズン6の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ダリル・ディクソン(ロス・マーカンド)

f:id:a-map:20180520132815j:plain

ウォーカー誘導では先頭に立って先導し、アレクサンドリア侵入の際にはロケットランチャーを使って町を危機から救うなど今まで以上に活躍を見せる


 

プライバシーポリシー