ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン3【第8話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180819093224j:plain

引用:AMC

 

前回のあらすじ

傷を負ったミショーンは刑務所に運ばれ治療を受ける。その後ミショーンはグレンとマギーの話をする。一方ウッドベリーではメルルによるグレンへの拷問が行われていた。そんな中総督とミルトンはウォーカーに生前の記憶があるか研究していた。そしてリック達はグレン達を救出するためウッドべリーに向かっていたが道中でウォーカーに囲まれてしまう。

 

前回のあらすじ【第7話 隣り合わせの恐怖】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン3【第8話  悲しい再会】あらすじ 

f:id:a-map:20180312141819j:plain引用:AMC

 

森の中を移動する生存者グループはウォーカーに追われていた。グループを率いるのは黒人男性のタイリースとその妹サシャ。タイリース達は怪我人を出しながらもなんとか建物を見つけ逃げ込むが、そこはリック達の住む刑務所だった。


一方リック達は無事ウッドベリーにたどり着いたが警備が固く中に入れないまま外で様子を見ていた。しかしミショーンの手引きにより抜け道からウッドベリーに進入する。その頃総督とメルルはリック達を皆殺しにするため刑務所を襲う計画を立てていた。そして総督はグレン達がアンドレアに見つかる前に2人の処刑を指示する。


リック達はウッドベリーに進入したものの監禁されているはずの部屋にグレン達はおらずその部屋で立ち止まっていた。メルルは総督の指示によりグレン達を処刑場に連れていこうとするがグレン達の反撃にあい、その際町に銃声が鳴り響く。リック達は銃声を耳にすると銃声のした場所に向かう。そしてたどり着いた場所ではグレン達が処刑される寸前だったがリック達はグレン達を助け出す。


一方ミショーンは単身総督の部屋に侵入していた。リック達の救出は成功したがウッドベリーでは騒ぎになりリック達の侵入が町に知れ渡ってしまう。そして銃撃戦になりリック達は町の一角に逃げ込むが、そこでグレンが刑務所の話をしたことやメルルが町にいてメルルに殺されかけたことをリック達に伝える。


その後ウッドベリーの壁を越えなんとか町の外に出たリック達だったがオスカーは撃たれ、ダリルは援護に回ったため逃げ遅れる。


刑務所では物音に気がついたカールがボイラー室を調べにいくと、見知らぬ生存者タイリース達がウォーカーと戦っていた。カールはタイリース達を助けると安全な場所まで誘導する。その後カールはタイリース達を独房までは入れずにリック達が帰るまでは鍵のかかった部屋へ軟禁することにする。


ウッドベリーでは総督の部屋で総督を待ち受けていたミショーンだったが、部屋で隠し部屋を見つけると首だけのウォーカーや総督の娘を発見する。そして部屋を探っていたミショーンの前に総督が現れると、娘を殺そうとするミショーンに総督は娘に手を出さないように懇願する。しかしミショーンは娘を殺し総督にも深手を負わせる。更に止めを刺そうとするとミショーンの背後に銃を向けたアンドレアが立っていた。そしてミショーンはその場を立ち去る。


その後応急処置を受けた総督は町の住人を闘技場に集めて集会を始めるが…。

 

ウォーキング・デッド/シーズン3【第8話  悲しい再会】感想 

f:id:a-map:20180312141822j:plain引用:AMC

 

総督はどうしても娘を人間に戻したかったんでしょう。それにしても総督は最初から刑務所を襲う気です。更にグレン達の処刑を指示するなど容赦ないです。この世界ではこうでもしないと町を守るなんてことできないのかもしれないですが…。メルルがダリルにだけは手を出すなと言ってますが総督はそんなのおかまいなしに殺しそうですよね。


リック達のウッドベリー侵入は緊張感が伝わってきます。銃声で騒ぎになったウッドベリーの人々を総督があっという間に落ち着かせるのはさすがですね。


そしてグレン達は間一髪のところで助かってリック達に救出されますけど、このときにメルルや刑務所の話をしたことをすぐに伝えるのがグレンのいいところですよね。2人を何より最優先するリックも格好いいしやっぱり頼れる人です。


そんな中ダリルがメルルに会いたいと珍しくワガママを言います。ダリルもメルルのことを本当に大切に思っているんですね。リックに一緒に来てくれと頼れてダリルはうなずきますが複雑な心境なんでしょうね(汗)


カールは本当にりっぱになりましたね、しっかり刑務所を守っています。アンドレアですが主要人物達とかかわりがあるのにここまではメルル、ミショーン以外と接点がありません。後半戦ではアンドレアもきっと話しに絡んでくると思いますがここまでは思ったより誰とも絡みがなかったですね。


それにしてもミショーンはどうしてここまで総督のことを恨みに思っているのかなって考えてみたら町を出たとき命を狙われたんでしたね。今後も総督のいる限り命は狙われますもんね。


そして更に登場人物が増えました。タイリースはリーダーとして落ち着いていて気が使えるのに対し、サシャは噛まれた仲間を見捨てていくよう意見をしたりかなり現実的な考えの持ち主なのが伺えます。


そういえば少し不自然さを感じたんですけど総督はどうしてメルルを裏切りものと指名したんでしょうかね?総督ほどの人ならメルルが裏切りものでないことはわかってそうですけど。死んだと報告をしたミショーンに襲われたからでしょうか?前半パートはこれで終わりですが闘技場の2人はどうなるのか?リック達はどうするのか?先の展開が気になりますね。早く次の話が見たくなります。

 

次のストーリー【第9話 死闘の果て】

 

 

 

シーズン3の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


フィリップ・ブレイク(デヴィッド・モリッシー)

f:id:a-map:20180312182649j:plain
圧倒的カリスマ性と行動力でウッドベリーを仕切る統治者。総督の愛称で町の人から呼ばれ慕われているがリックとは対立をする


シーザー・マルチネス(ホセ・パブロ・カンティーロ)

f:id:a-map:20180312182734j:plain
総督の側近。ウォーカー作戦では率先して参加しウォーカーに対して強い恨みを持ち行動する。優しさ見せる一面もあるが総督への忠誠心は絶対でどんな命令にも従う


 

プライバシーポリシー