ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン2【第6話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20180819085802j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

グレンはマギーに冷たくされて、リックとシェーンは意見がぶつかりぎくしゃくしていた。一方ダリルは一人で捜索を続けていたが崖から落ちて大怪我を負い、なんとか農場に戻るもアンドレアに狙撃されてしまう。


その後シェーンはローリに自分の気持ちを打ち明けるがローリは取り合わない。そんな中グレンとマギーは納屋で待ち合わせをするが、グレンはそこでウォーカーが囲われているのを目撃してしまう。

 

前回のあらすじ【第5話 無限の生命力】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン2【第6話  明かされる秘密】あらすじ 

f:id:a-map:20180303154343j:plain引用:AMC

 

納屋でウォーカーが囲われていることを知ったグレンは動揺していた。


片やアンドレアは間違って撃ってしまったダリルに謝りに行っていた。しかしダリルは気にしていない様子を見せる。


そしてリックとシェーンはみんなに銃の扱いを教えることにするが、その中にはハーシェルの家族やカールもいた。


一方グレンは納屋でウォーカーが囲われていること、更にローリが妊娠していることを一人で抱えられずにデールに相談をする。話を聞いたデールはハーシェルと話をしに行き、さらにローリとも話をする。そしてローリはデールと話をした後、考えた末にグレンに中絶薬の調達を頼む。


その後中絶薬の調達のためグレンはマギーと町に向かうが、道中でウォーカーについての考え方の違いで二人の意見は衝突する。そして物資を探している途中、マギーはウォーカーに襲われようやく現実を受け入れる。


片やシェーンとアンドレアはソフィアの手がかりを追って住宅街に行くが、ソフィアを探している最中にウォーカーに囲まれてしまう。しかしシェーンとアンドレアは無事ウォーカーの群れを切り抜けると農場に戻る途中車を止めて抱き合う。その後農場に戻ったシェーンはデールにグループを出て行くよう言われる。


一方グレンから中絶薬を受け取ったローリは薬を飲もうとするがなかなか決心できずにいた。そんな中ローリが妊娠し中絶をしようとしていることを知ったリックはローリの元に行き妊娠のことを問いかける。それに対してローリは妊娠のこと、シェーンとのこと口にする。

 

ウォーキング・デッド/シーズン2【第6話  明かされる秘密】感想 

f:id:a-map:20180303154347j:plain引用:AMC

 

アンドレアに対して気にしてない様子を見せるダリルはいい人だなって感じました。それに頼りになるし格好いいですよね。


一方ウォーカーを囲うハーシェルの行動は他のゾンビ映画でもありそうですよね。感染したけど人として扱うというか治療を探すというか…。理解できなくはないですがウォーカーはやはり生かしておけないかなって思います。


そしてマギーは本気でグレンに惚れていたんですね、しっかりグレンのいいところを見ていたのでしょう。


それにしてもグレンがローリにかけたリックに相談するべきって言葉、これは結構重く意味のある言葉に思えます。こういうことをしっかり言ってくれる人が近くにいることは貴重ですよね。


そういえばアンドレアは銃の腕が成長してますね、シェーンとも相性は悪くないと思うのでくっつく展開があってもいいんじゃないでしょうか。二人はくっついて農場を出て行くほうがシェーン達のためになる気がします。


そしてリックの何事も諦めない姿勢は主人公らしいですけど、この世界だとそれを通すのはなかなか難しいかもしれないですね。それにしてもローリがリックに妊娠を黙っていたのはリックにしたら辛かったでしょうね。命を張って家族を一番に思い行動している中で、妊娠について周りが先に知ってて中絶までしようとしていたことを後から知ったらとてもショックだと思います。それにしてもかなり人間関係がギスギスしてきてる感じしますね。

 

次のストーリー【第7話 死の定義】

 

 

 

シーズン2の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ベス・グリーン(エミリー・キニー)

f:id:a-map:20180303152811p:plain
ハーシェルの次女。性格はおとなしく、恥ずかしがり屋。この世界を受け止めることができず自殺を考える


 

プライバシーポリシー