ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン10【第12話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20200310171559j:plain引用:AMC

前回のあらすじ

アルファ達はウォーカーの大群を引き連れてヒルトップへ向かっていた。そんな中ニーガンはアルファにダリル達を虐殺せずに配下にするべきだと提案する。


一方ヒルトップにはアーロン達が訪れる。そしてダリルもヒルトップへ戻ってくるが、ダリルはアルファ達がウォーカーの大群を連れてヒルトップへ来るだろうと告げる。そしてダリル達はアルファ達と戦う準備を始める。そんな中ユージーンはブルーウィーヴルと待ち合わせの約束を取りつける。


その後アルファ達がウォーカーの大群を引き連れてヒルトップへ押し寄せる。そしてダリル達は町の外に出て柵越しにウォーカーの群れと戦う。その後アルファ達は火矢を放つと辺りは炎上し始める。そんな中押し寄せるウォーカーに耐えきれず柵が倒れてしまうとダリル達はヒルトップへ逃げ込むことにする。


しかしアルファ達の攻撃でヒルトップも炎上してしまうと、ダリル達は前にウォーカーの大群、後に燃え盛るヒルトップと逃げ場を失ってしまう。

 

前回のあらすじ【第11話 夜明けの明星】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第12話  自由への道】あらすじ

f:id:a-map:20200322161846j:plain
引用:AMC

 

ダリル達は燃え盛るヒルトップへ逃げ込んでアルファ達を町の入り口で食い止めていたが、次から次へと押し寄せるウォーカーの大群に苦戦していた。しかしダリル達はそれぞれが力を尽くしてウォーカーとの戦いを続け、エゼキエルとアールは子ども達をヒルトップから非難させようとしていた。そんな中ユミコはウォーカーに紛れていたマグナを見つける。その後ダリル達はアルファ達を食い止めることができずにそれぞれが散り散りになって逃げ出す。


その後アルファ達はダリル達のいなくなったヒルトップ周辺にいた。そしてニーガンは暗い顔をしているアルファに勝利を喜ぶべきだと告げるが、アルファはリディアが見つからなかったことを悲観していた。そしてベータはニーガンにウォーカーを集めてくるように指示する。


その後ニーガンはウォーカーを集めるため森にいたが、そんな中リディアを見つける。そしてニーガンはリディアを追うが、その際に怪我をしたルークを運んでいるアーロンと遭遇する。そしてアーロンはニーガンに襲いかかろうとするが、その場にウォーカーが現れるとアーロンウォーカーの相手をする。そしてニーガンはその間に森の中へ消えていく。その後ニーガンはリディアを見つけて拘束する。そしてニーガンはリディアを縛って小屋に監禁する。


一方アルデン達はアダムを連れて逃げていたが、メアリーも一緒にいた。そしてアダムが泣きだすとメアリーはアダムをあやそうとするがアルデンに邪険に扱われてしまう。しかしメアリーがアダムを抱くとアダムは泣きやむ。


その後アルデン達はウォーカーの群れに襲われる。そしてアルデン達は車に逃げ込むが、メアリーはアダムをアルデン達に託して車の外でウォーカーを引きつける。その後メアリーはなんとかウォーカーの群れを殺すが、その場にベータが現れメアリーは殺されてしまう。そしてベータはメアリーを転化させると一緒に連れていこうとするが、アルデン達が弓矢でメアリーに止めを刺す。そしてベータはその場から逃げていく。


片やキャロル達も逃げ延びて森の中にいた。そしてユージーンはヒルトップから持ち出した部品で無線機を直そうとしていた。そしてユミコとマグナは再会を果たしていたが、マグナは洞窟から逃げた状況を語り、途中でコニーとは離れ離れになってしまったと告げる。その後キャロルは先に進もうとするが、ユミコはマグナを休ませたいと告げると、キャロルは好きなだけ休むといいと返答し一人で先にいこうとする。それに対してユミコが怒ってキャロルのことを殴りつけるとキャロルはその場を離れる。その後ユミコとマグナは仲直りをする。


そしてユージーンはキャロルを慰めに行くと、キャロルはみんなを危険な目に合わせているのに望みの物が手に入らないと嘆く。そしてユージーンは自分も大切な待ち合わせがあるが今の状況では行くことができないだろうと告げる。それに対してキャロルは重要なことならそっちを優先するべきだとユージーンの背中を押す。


一方ダリル達も逃げ延びていて、もしものときのために待ち合わせ場所と決めていた場所に到着するが、そこには先に逃げたはずのエゼキエルとジュディスを含めた子ども達がいなかった。そしてダリル達は子ども達を探すことにする。その後ダリル達はヒルトップに戻ると瓦礫に埋もれていたエゼキエルを見つける。そしてエゼキエルは子ども達はアールが逃がしたと告げる。


そんな中ジュディス達はアールと一緒に別の小屋に隠れていた。そしてアールは子ども達にすぐに助けが来ると言い安心させて別室へ移る。その後アールは隣の部屋で机に釘を打ちつけウォーカーに噛まれた腕を眺めていた。そんな中ジュディスが現れるとジュディスはアールを心配するが、アールは最後の言葉をジュディスに伝えて子どもたちを守ってほしいと頼む。そしてジュディスは頷く。


その後アールは机に打ちつけた釘で自殺する。そしてアールがウォーカーに転化するとジュディスがアールに止めを刺す。その後ダリル達が小屋に到着すると子ども達が小屋から飛び出してきてダリル達は子ども達の無事を確認する。しかしジュディスがなかなか小屋から出て来ずダリルが心配して小屋に入ると、そこには座りこむジュディスと横たわったアールがいた。そしてダリルは状況を察してそっとジュディスに寄りそう。


片やニーガンはアルファにリディアを見つけたと告げる。そしてニーガンはアルファとリディアを監禁した小屋へ向かうが、道中ニーガンは自分の話をし始める。そしてニーガンは元の世界で弱っていく妻を見てそれでも妻を美しいと思ったことや、妻が死んでから何も感じなくなったことを言い、自分は世界に未練もなく死ぬことも怖くない強さを手に入れたと告げる。続けてニーガンはアルファは自分のように強そうに見えるがそれは装っているだけで本当は強がっているだけだと告げる。そしてリディアを殺すつもりなら止めるよう警告する。しかしアルファはリディアを殺してずっと一緒に居続けると返答しリディアのいる小屋へ向かう。


その後アルファが小屋を開けるとそこにはリディアはいなかった。そしてアルファが振り向くとニーガンはナイフでアルファの首を掻き切る。そしてアルファはその場に倒れこみ死亡する。そんな中別の小屋にいたリディアは拘束を解いて小屋から脱出する。


その後ニーガンはアルファの首を持って森の中を進む。そしてキャロルと合流するとキャロルにアルファの首を渡す。そしてキャロルはアルファの首を見て遅かったわねと告げる。

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第12話  自由への道】感想

f:id:a-map:20200322161850j:plain引用:AMC

 

今回はアルファ達が戦争で勝利して、ダリル達がヒルトップから逃げ出した形となりました。しかしそれだけでは終わらず急展開で話が大きく動きましたね!


逃げ延びたダリル達


まずダリル達ですが、前回は逃げ場を失ったのかなって思ったんですけどなんとかヒルトップに逃げ込むことができたみたいですね。しかし町は炎上して、門からはウォーカーの大群が押し寄せてきていてまさに地獄でしたね。その際ヒルトップ側は投石機を使ったり弓で戦ったりと応戦していましたが、その様子は戦争映画を見ているのかなって気分になるような迫力ある戦いでしたね。


そんな中ユミコがウォーカーの大群に紛れたマグナを見つけましたが、てっきりマグナは転化したのかなって思っていたら生き延びていたんですね。そしてマグナはユミコ達と無事再会できましたし、ユミコとマグナは仲直りもできたようでなのでよかったですね。


そしてダリル達は町を諦めて散り散りに逃げましたが、こうして町から人々が散っていくのはひさしぶりでしたね。しかしダリル達はもしものときのために待ち合わせを場所を決めておいたようです。この待ち合わせ場所を決めておくというのは考えてみたら当たり前のことですが、でも結構忘れちゃいそうなことでもありますよね。こうした細かい部分を決めておくことは生き残るのに重要なことですよね。そのためヒルトップから逃げ出した後ダリル達が待ち合わせ場所に向かっているとわかったときはなるほどなって思いました。


そしてヒルトップから逃げ切っていたジュディス達とアールですけど、アールが子ども達の面倒を見ている際に相当顔色が悪いなって思っていたらアールはウォーカーに噛まれていたんですね(汗)しかしそれでもアールは最後まで子ども達のことを気にかけて自分で最後を迎えたのは凄いことだなって思いました。特に自殺のシーンは普通ならあれで自殺なんてなかなかできるものじゃないですよね。しかしここでアールが死んでしまうとは思いませんでしたね。


そしてジュディスですが、今回はヒルトップで囁く者を殺してしまい、小屋では転化したアールを殺してしまいました。そのことがショックだったのかジュディスはダリルに発見されたときは黙って座りこんでいましたね。でもジュディスを含めた子ども達は無事にダリル達と合流で来てよかったですね。


そしてメアリーですが今回はようやくアダムを抱くことができました。しかし喜べたのもつかの間でメアリーはベータに見つかって殺されてしまいました。メアリーはてっきりこれから仲間になるのかなって思っていたのでこれにはびっくりです。メアリーはようやくやり直せるチャンスだっただけに可哀想でしたね(汗)そういえばメアリーの妹の名前はフランシスというみたいですけど初めて名前が出ましたね。


そしてユージーンですがヒルトップの戦争でなんとか生き残ることができたようですね。待ち合わせの件や戦争時に無線を部品を取りに行ったことがフラグでてっきり死んでしまうのかなって思っていました。でも生き残れて安心しました。そしてユージーンはみんなが大変な状況になってしまったのに待ち合わせに行くか迷っていたみたいですが、キャロルの後押しで待ち合わせに向かうことにしたようですね。ただ新たなグループとの接触は危険がありますし、ユージーンがブルーウィーヴルと無事に会えるかもわかりません。そのためこちらも注目ですね。


アルファの誤算


そしてアルファ達ですが今回のことで相当ウォーカーを使ってしまったようです。ベータ達はそのことを危惧してウォーカーを集めていました。その後ベータはメアリーを見つけて殺しましたが、ベータは本当に油断できないし怖い存在ですね。ベータは驚異的な戦闘力を持っているだけに遭遇したら生き延びるのはなかなか難しいですよね。


そしてアルファですが、ヒルトップを攻め落とした後もずっとリディアのことを考えていたようです。アルファはずっと平静を装っていましたけど相当リディアのことを思っていたんですね。


その後ニーガンがリディアを見つけてアルファにそのことを報告しました。そしてアルファはニーガンに言われるがままリディアのいるとされる小屋についてましたが、その際アルファはてっきりリディアを説得するつもりなのかなって思ったら殺して群れに加えようと考えたみたいですね。アルファとしてはリディアが自分の元に戻らないなら殺してしまえの精神でしょうかね?…恐ろしい考え方ですね。


しかしそんなアルファはニーガンに殺されてしまいました。まさかアルファがここでこんな最後を迎えると思いませんでした。アルファは狂気のカリスマ性はありましたけど最後は意外な死に方でしたね。ただ囁く者はまだ相当数残っています。それにベータがこのまま引き下がるということはないでしょう。そう思うと今後囁く者がどうするのかも気になりますね。


そういえばベータがメアリーを殺したときに、近くにいた囁く者がベータの正体に気がついたみたいでしたが、ベータのマスクの下の姿はもう出ているんですかね?それとも正体に何か秘密があるんでしょうか?


ついに動いたニーガン


そしてニーガンですが、今回はまさかのアルファ暗殺という行動に出ましたね。ずっと存在感のあるニーガンですが、この話では特に存在感を感じました!


まずはニーガンがなぜアレクサンドリアから逃げだせたのかですが、今回ニーガンとキャロルが繋がっていたということでようやくわかりましたね。おそらくニーガンの牢屋を開けたのはキャロルだったんでしょう。それなら全てがつじつまが合います。そしてニーガンが囁く者に加わった狙いですが、この点もニーガンがキャロルと繋がっていたことからアルファ暗殺が目的だったんでしょう。


しかしニーガンは何度もアルファを諌めていました。今回の虐殺もアルファに留まるようにアドバイスをしていましたし自分の考えは伝えていました。そのことからニーガンとしては出来る限りアルファを殺さずに問題を解決しようと考えたのかなって思いました。しかしアルファはリディアすら殺すと言い出したためニーガンとしては平和な解決は諦めたのかもしれないですね。


ニーガンは人材を大切にすることはずっと描かれています。そして子どもを大切にしていることもずっと見てとれる事実です。そんなニーガンは親であるアルファが実子であるリディアを殺すという選択肢はどうしても許せなかったんでしょうね。でもニーガンはアルファに昔話をして最後のチャンスを与えたように感じました。ただそれでもアルファはリディアを殺すという決断をしたのでニーガンはアルファを殺すという結果に至ったのかなって感じました。


もちろんニーガンはキャロルとの約束があってアルファを殺すことを決めていたとも言えると思います。しかしアルファがニーガンを認めていてグループを抜けて新しいグループを作るように言っていました。そのためニーガンはアルファを殺さず、キャロルとの約束も破りその選択肢を取ることもできました。でもニーガンがアルファを殺したということは、やっぱりアルファのやり方ははニーガンの主義にあまりに反していたということは少なからず言えるかと思います。


そういえばニーガンがリディアを捕まえたときですが、ニーガンはリディアにもう終わりだと言いました。これはきっと逃げ回るのは終わりだという意味だったんでしょうね。それにしてもリディアは小屋から逃げ出していましたけど今はどこにいるんですかね?


そして今後ニーガンがどうするのか注目です。ニーガンが再びアレクサンドリアに戻ることを希望しても、そもそもニーガンがただ脱走したと思っているアーロン達は今回のことを認めてくれるのか?それにニーガンを仲間として受け入れるのかは疑問が残ります。でも今回結果を出したのにニーガンが受け入れられず新たな新天地を求めるというもなんとも言えない流れです。絶対にあってほしくないのはニーガンの功績が認めらずに処刑されてしまうということです。もしこんなことになれば言葉もありません。それら色々な可能性があるとは思いますがニーガンの今後の行く末も気になりますね。

 

終わりに

さて今回ですがまさかのアルファの死ということで話が終わりました。そして実行したのはニーガンですが、あのニーガンがただ囁く者に入ったのかなって不思議だったのでようやく疑問が解けてよかったです。


しかしこうなると残された囁く者とベータがどういう行動に出るのか気になりますね。囁く者は戦う者とグループ抜ける者が分かれそうですけど、ベータは死ぬまで止まれないでしょう。引き続き先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第13話 選択】

 

 

 

シーズン10の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


アルファ(サマンサ・モートン)

f:id:a-map:20200322161825j:plain

ダリル達を虐殺するためウォーカーの大群を率いてヒルトップを攻め落とす。その後リディアを殺して群れに加えようとするが、ニーガンに殺されてしまう


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー