ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

ウォーキング・デッド/シーズン10【第10話】あらすじと感想(ネタバレあり)Walking Dead

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20200310171559j:plain引用:AMC

前回のあらすじ

ダリル達は洞窟の中でウォーカーの大軍と遭遇し逃げ場を失っていた。しかしダリル達はなんとかその場から逃げ出し洞窟の中を彷徨う。そして追っての囁く者を片付けながら地上付近までたどり着く。


その後ダリル達は地上への穴を掘り始める。そんな中キャロルがウォーカーの大群を壊滅させるためダイナマイトを使うと洞窟が崩れ始める。そしてダリル達はなんとか地上へ抜け出すが、出入り口が塞がれてコニーとマグナが洞窟に取り残される。そしてダリルは一人で別の出入り口を探すことにして、アーロン達は町に帰り状況を伝えることにする。


一方アルファはダリル達が真っ直ぐウォーカーの大群の元へ向かっていたため近くにスパイがいて見張られているんだろうと考え始める。そんな中ニーガンの忠告でアルファはガンマが裏切り者だと気がつく。そしてアルファはベータに姿を消したガンマを生け捕りにしてくるよう命令する。


その後アルファはニーガンに褒美だと言い自分を抱くように告げる。そしてニーガンとアルファはキスをして抱き合う。

 

前回のあらすじ【第9話 暗闇】

 

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第10話  忍び寄る影】あらすじ

f:id:a-map:20200310172627j:plain

引用:AMC

 

ロジータはココが囁く者に襲われる悪夢を見て目を覚ます。その後アレクサンドリアにガンマが訪れる。そしてガンマはマスクを脱いでアーロンと繋がっていたのは自分だと告げると、アーロン達が窮地に陥っている状況を話す。更にガンマはヒルトップにいる甥に会うためなら何でも協力すると言うが、ロジータはガンマを殴って気絶させると檻へ投獄する。


その後ゲイブリエル達はガンマに本当に囁く者を裏切ったのか嘘をつかずに自分達を説得させるように迫ると、ガンマはアルファを守るために自分が妹を殺したと告げる。そしてガンマが自分を信じてほしいと言うとゲイブリエル達は頷く。その後ゲイブリエル達はガンマに地図を渡してアーロン達がいる洞窟の場所を聞き出す。そしてゲイブリエル達は洞窟への道筋を聞くとアーロン達の救出へ向かうことにする。その際ゲイブリエルが囁く者を見つけたら殺さずに拷問で情報を引き出すよう強調するとロジータは訝しげな顔をする。


その後ゲイブリエル達は出撃の準備をしていたが、そんな中ゲイブリエルとロジータは言い争いになってしまう。その後ジュディスは檻にいたガンマに話しかけると、ガンマはメアリーと名乗り、カリフォルニア州のサンタモニカ出身だと告げ身の上話をする。しかしメアリーはアルファの洗脳でところどころ過去の記憶が欠けていると告げる。その後ジュディスはロジータに呼ばれて家に戻る。


その後ゲイブリエル達は洞窟へ向かおうとしていたが、そんな中監視隊からウォーカーの群れがアレクサンドリアに向かっているとの知らせが入る。そしてロジータは弱気になるが、ゲイブリエルはそれを察してロジータを町に残すことにする。そしてゲイブリエル達が道中でウォーカーの対処をして洞窟へ向かい、残った者は町の守りを固めることにしてゲイブリエル達は町を出る。


その夜ベータは抜け道を使ってひそかにアレクサンドリアに侵入する。そして次々にアレクサンドリアの住民を殺すと、ウォーカーに転化した住民が町を襲い始める。そして町に残っていたロジータ達がウォーカーの対応するが、そんな中ベータはメアリーのいる檻へ辿り着く。そしてベータはメアリーを連れていこうとするが、メアリーはなんとかその場から逃げだす。その後ベータはジュディスの家でメアリーを追い詰めるが、ロジータが現れベータとロジータは揉み合いになる。しかしベータがロジータを圧倒して殺そうとする。だがメアリーがベータにアルファの元へついていくと言うと、ベータは納得してロジータに止めを刺さずにメアリーを連れて町から出ていく。


そんな中ゲイブリエル達は監視隊の元に辿り着くが、ウォーカーの姿はなく監視隊も皆殺しにされていた。そしてゲイブリエル達は監視隊からの知らせは囁く者の罠だったことに気がつくとアレクサンドリアに引き返す。その後ゲイブリエル達は道中でベータ達と遭遇する。そして交戦になるとベータはメアリーを置いて逃げる。そして残されたメアリーはベータを町から連れ出すために仕方なく一緒にいたと言うとゲイブリエルは銃を降ろす。


その後ゲイブリエル達は町に戻り状況を確かめているとアーロン達が戻ってくる。そしてゲイブリエルはアーロンから状況を聞く。


その後ロジータやメアリー達は治療のため町を出る。


一方ダリルは一人で囁く者の周辺を探っていたが、そこにウォーカーを引き連れたアルファが現れる。その後ダリルはアルファ達が移動中にアルファ達を襲撃する。そしてダリルはアルファ以外の囁く者は殺すが、アルファとは揉み合いになりお互いに手傷を負ってしまう。


その後ダリルは建物に逃げ込むが、アルファはダリルを追って建物に辿り着く。そしてダリルは物影に隠れて警戒していたが、アルファもダリルを警戒して身をひそめる。その後アルファは壁を叩いた音でウォーカーをおびき寄せる。そしてウォーカーが物影に隠れているダリルを襲うが、ダリルはなんとかウォーカーを撃退する。


その後アルファはダリルに語りかけるが、ダリルはアルファの意見を真っ向から否定する。そして負傷していたダリルとアルファは意識を失ってしまう。


その後二人の元にリディアが現れる。そしてリディアは目を覚ましたアルファに近づくと、アルファはリディアに自分を殺して囁く者を受け継ぐように告げるが、リディアはアルファのことは殺さないと返答する。そしてリディアはアルファとは違う生き方を選ぶと告げるが、アルファはリディアに傍にいてほしいと頼み意識を失う。その後アルファが目を覚ますと傍にリディアの姿はなくリディアからの別れのメッセージだけが残されていた。


その後ダリルが目を覚ますと傍にリディアがいた。そしてリディアはダリルに一日意識を失っていたと言い、アルファは殺さなかったと告げる。


その後アルファは囁く者に見つけられて保護される。そしてアルファはウォーカーの大群がダリル達を根絶やしにして、叫び声が私への歌になるだろうと呟く。

 

ウォーキング・デッド/シーズン10【第10話  忍び寄る影】感想

f:id:a-map:20200310172630j:plain引用:AMC

 

今回はアレクサンドリアを襲ったベータと囁く者を襲ったダリルでしたね。お互いがお互いの敷地に入って行動するようになりましたが、かなり両グループの争いも激化してきましたね。


アレクサンドリへ潜入したベータ


まずはゲイブリエルですが、メアリーの情報を聞いて洞窟へ行く相談をしている際にゲイブリエルは囁く者を捕まえて拷問をするようなことを示唆していました。このときゲイブリエルはすっかり変わってしまったなって思いました。なんというかあそこまではっきり拷問をみんなの前で示唆するとはちょっとリーダーの資質には欠けている気もします。歯を抜いて指を落とすって明らかにやり過ぎですし、あれでは人も引いてしまってついてこないでしょう。しっかりとリーダーシップを取っているだけにもったいないですよね。ゲイブリエルにはもう少し落ち着いた判断をしてほしいです。ちょっと最近は凄味がありすぎますよね。


その後ゲイブリエルはロジータに気を使ってロジータを町に残しましたが、ロジータもココが生まれたことで相当気持ちに変化があったみたいですね。ロジータは最近は弱気になっていることも多く、今回も囁く者に襲われる悪夢を見たりと相当生活に不安を感じているようですね。ただこれは子どもがいるし理解できますよね。


そしてアレクサンドリアを襲ったベータですが、ベータは最初洞窟に行ったのかなって思いました。でもひそかにアレクサンドリアへ侵入しましたね。アレクサンドリアへの通路を作ってあったことには驚きましたが、あれはダンテが作ったみたいですね。本当にダンテは迷惑なことばかりしてくれましたね。そして最初ベータが土の中から出てきたときですが、てっきりウォーカーが蘇ったのかと思いました。あそこでベータが地中から現れると思いませんでしたね(笑)


その後ベータがアレクサンドリアでひそかに住民を殺していく様子は印象的なシーンでした。遠目に次々とベータが人々を襲うところは独特の怖さがあり、インパクトもありました。そしてベータは迷うことなくメアリーの檻へ辿り着きましたがどうしてなのかなって気になりました。でも考えてみたらダンテが情報を漏らしていたわけですし、ベータが檻の存在や場所を知っているのは不思議ではないですよね。


そしてベータがじっくりメアリー追い詰めていくときは迫力ありましたね。しかしあそこでジュディスがベータを撃つとは思いませんでした。ジュディスは一発でベータに的中させましたけど銃の腕は相当なものですよね。しかしベータは防弾チョッキで凌いで、その後ロジータを相手にして圧倒していました。このシーンからもわかるようにベータは相当頑丈ですね、これまで出た人物の中で段違いにタフです。そしてもしかしたら個人の戦闘力は作中で一番かもしれませんね。


そしてジュディスですが、ジュディスだけがメアリーに話しかけて真摯に対応していました。この誰にでも真摯な対応をできることはジュディスの長所ですよね。


そしてメアリーはジュディスにカリフォルニア州のサンタモニカ出身だと告げ身の上話をしました。そしてメアリーはアルファの洗脳でところどころ記憶が欠けていると言っていましたが、アルファの洗脳は壮絶な洗脳だったんでしょうね。こうして見ているとメアリーも可哀想ですよね。そんなメアリーは最後にロジータ達と町を出ていきましたが、おそらくヒルトップに向かったんだと思います。もしそうならメアリーは念願の甥に会うことができそうなのでよかったですね。


ダリルの強襲


そしてダリルですが、一人でアルファ達を襲撃するところはさすがですね。そしてダリルはアルファを追い詰めて深手を負わせていました。本当にダリルの行動力は凄いですし頼りになりますよね。


しかしアルファも一筋縄ではいかずに建物でダリルを追い詰めて、ウォーカーを音でおびき寄せて戦力として使っていました。アルファはこうしてウォーカーを使いこなせることが強みですし、どこにでもアルファの兵がいるのが厄介ですよね。


そしてダリルがアルファの呼び寄せたウォーカーに襲われた際に、ウォーカーを撃退するため足に刺さったナイフを抜いてウォーカーを撃退していました。この際ダリルの足から血が吹き出ていましたが痛そうでしたね(汗)


その後ダリルとアルファが意識を失ってからリディアが出てきましたが、リディアが出てきたのは久しぶりに感じました。そしてリディアはアルファに決別を告げて、ダリルを救いました。この際アルファはリディアに傍にいてほしいと頼みリディアを第一に考えていた様子を見せました。あのアルファがあれだけ瀕死の状態で口にしたことだったので間違いなくリディアを必要としていたんでしょうね。


しかしリディアはアルファの元を去ってしまいました。その際リディアはアルファへ「あなたが唯一の道じゃない」とメッセージを残していきました。これはリディアがアルファを決別したメッセージだったといえるでしょう。今回リディアがアルファを突き離したということはリディアの決意は固いんでしょうね。アルファのとってはリディアが去ってしまったのは悲しいことですけど、リディアにとったら仕方のないことですよね。やっぱりアルファ達の生活はあまりに異質すぎますからね。


そしてリディアはダリルを救いましたが、今後はリディアはダリルと行動していくんでしょう。そうなるとやはりアルファ達とはどちらかが壊滅するまで争うしかなさそうですね。それにしてもダリルは今回かなり重症を負っていたので心配でしたがとりあえず助かってよかったですね!

 

終わりに

さて今回ですがアルファがかなり重症を負っていました。囁く者は医療技術がないと思いますが、アルファ助かるのか、それとも死ぬのかどっちなんでしょうか?アルファの顔色はかなり悪かったですし、もう長くない可能性もありますよね。


そんなアルファはダリル達にウォーカーの大群を差し向けるということを呟いていました。アルファは今回本気でダリル達を潰すつもりでしょう。そんな中気になるのはニーガンですね。ニーガンはアルファが弱っても支えていくのか、ひそかに囁く者のリーダーを狙っているのか、それとも他に何か狙いがあるのか、未だにニーガンの真意はわかりません。今後ニーガンの行動も含めて更に目が離せなくなってきましたね。

 

次のストーリー【第11話 夜明けの明星】

 

 

 

シーズン10の主な登場人物

下記の項目画像は[AMC]からの引用になります


ベータ(ライアン・ハースト)

f:id:a-map:20200310172650j:plain

囁く者の幹部でアルファの命令に忠実に従っている。戦闘力はケタ外れで一対一ならほぼ負けることはなく、ロジータなど経験豊富な相手でも圧倒する力を持っている。そして囁く者のためならどんなことでも手段を選ばずにこなしている


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー