ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン1の小ネタ(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20200119142046j:plainこの項目画像は[AMC]からの引用になります

 

シーズン1の小ネタや気になったことを集めてみました!尚、現在はシーズン5前半が見終わったところで、今後発覚した謎があれば追記もしていきます。

 

 

Walking Dead/メニュー表

 

1話 平和な世界

f:id:a-map:20200119122036j:plain

スピンオフでは本編とは違い世界が崩壊する前から物語がスタートしました。そのため話の最初では人々が平穏に暮らしている状態から物語が進んでいくところが本編との大きな違いとなっています。

 

1話 ヘロイン中毒

f:id:a-map:20200119122026j:plain

1話でニックはヘロイン中毒で元施設にいたことが判明します。スピンオフでは最初から主人公格がこの感じなため本編とは違った雰囲気がありました。


またニックは彼女のグロリアと薬物を摂取していましたが、このグロリアが最初の感染者として登場します。しかしニックは薬物中毒者のため幻覚だったのか現実だったのか判断がつかずに、また周りの人もニックの話を信じていいものか迷っていました。それほど平穏で通常の日常だったため、1話では感染者の存在は人々が予見をしていない状況でした。

 

1話 LA

f:id:a-map:20200119122040j:plain

ニックは病院で居場所はLAと言っているので、物語の舞台はLAで始まっていることがわかります。

 

1話 同じ学校

f:id:a-map:20200119122046j:plain

マディ、トラビスは同じ学校で教師をしていて、アリシアはその学校へ生徒として通っています。そのためは3人は同じ学校の関係者ということになります。

 

1話 同じ州で時差がない

f:id:a-map:20200119122021j:plain

アリシアは彼氏のマットといる際に後1年でバークレーの大学に行く予定だと言っています。この際バークレーは同じ州だから時差がないと言っていました。アリシアのこの言葉ですがアメリカって同じ国内でも時差があるんだって知りました。調べてみたところざっくりですが国内でも最大4.5時間の時差が出るようなので、かなり時差があることがわかりました。

 

2話 バークレー大学

f:id:a-map:20200119122017j:plain

アリシアがバークレー大学の入学許可書を見ているシーンがありましたが、ここってどんな学校なのかなって気になったので調べてみました。この学校は孫正義やノーベル賞受賞者を数人出している凄い学校のようです。このことから学業面ではアリシアは優れた資質を持っていることがわかります。


一方ニックは短大中退ということが本人の発言でわかっています。アリシアはそんなニックが薬物中毒に陥って家庭環境がかなり悪化しているから家を出ての進学を考えていたと思われるところがありました。このことからクラーク家は結構家庭環境が複雑なこともわかってきました。

 

2話 トバイアス

f:id:a-map:20200119122032j:plain

トバイアスはマディが学校に戻った際に出会った生徒で、世界の変貌にいち早く気がついていた人物です。トバイアスはかなり今後の展開を予想していて学校に食料を確保に来ていました。またドバイアスとマディの会話でマディが政府がなんとかしてくれると言ったのに対しトバイアスは政府は警告も出してくれないのに?って返事したのが印象的でした。この流れをみていてトバイアスは結構キレ者な感じがしましたが、残念ながらマディ達と一緒に行動することはありませんでした。トバイアスはなんとなくユージーンぽさを感じますし、優秀な可能性もあります。また出てきてマディ達と行動を共にしてくれるといいんですけど、どうなんでしょうか。

 

5話 50時間不眠の任務

f:id:a-map:20200119122059j:plain

マディ達を守っていた兵士達はかなり疲れが溜まっていることが判明します。感染者という未知の事態に対して疲れも溜まり、家族など個々の事情で心労が溜まっているのも推測できます。そんな中兵士達は50時間寝てないことが判明し、兵士の一人が上官であるモイヤーズに休養をさせたほうがいいのではと助言します。この助言をモイヤーズは却下しますが、これじゃ兵士もシンドイでしょうし限界がきますよね。


その後鬼上司のモイヤーズは分隊を救助するため図書館の様子を見に行った際に戻らず、その後出てくることもありませんでした。この感じからしてモイヤーズは図書館の中で感染者にやられてしまった可能性があります。

 

5話 コバルト

f:id:a-map:20200119122050j:plain

コバルトはロサンゼルスからの撤退開始の指令コードです。そして撤退は軍人のみで市民には人道的な死を与えるという命令で、マディ達を守っていた兵士たちはこの指令を受けて撤退を始めました。

 

5話 全員感染

f:id:a-map:20200119122102j:plain

軍の基地にいた医師のエクスナーは全員感染の事実を知っていました。そのため手伝いをしていたライザも全員感染している事実を知り、マディ達もこの真実を知ることができました。

 

6話 ニックの才能

f:id:a-map:20200119122109j:plain

ニックは一緒に檻にいたストランドの切り札である檻の鍵をいつの間にか盗んでいました。ストランドもまったく気がつかない間にスっていたようで、ニックにはスリの才能があることがわかります。ちなみにこの鍵はストランドに素直に返していました。

 

6話 エクスナーの最後

f:id:a-map:20200119122054j:plain

エクスナーはマディ達とは逃げずに死を覚悟して基地に残りました。その後シーズン1でエクスナーが出てくることはなかったのでおそらく死亡したと思いますが、まだエクスナー死亡の確定映像は出てきてません。

 

終わりに

f:id:a-map:20200119142052j:plain

 

ウォーキング・デッドのスピンオフであるフィアー・ザ・ウォーキング・デッドですが、物語の最初で大きく違うのはやっぱり崩壊前の世界から話が始まるということですね。そのため平和な世界からどのように世界が変わっていったのかも見どころの一つですね。


そんな中小ネタではバークレー大学について気になりました。優秀な人材を多く輩出している学校のようで、アリシアもその学校に通う予定だったことから、アリシアのスペックの高さが伺えました。


スピンオフである本作は本編とはまた違った見どころがありますが、スピンオフならではの登場人物や話の展開も面白いので引き続き先を楽しみに見ていこうと思います。

 

 

小ネタ/シーズン2前半

 

 


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー