ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン5【第2話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20191111152859j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

モーガン達は助けを求めてきたローガンを助けるため、飛行機で移動していた。しかし道中で飛行機が墜落してしまう。そして飛行機周辺には墜落音で感染者が集まってきてしまうが、付近にいたディラン達と共に感染者と戦う。そして車で駆けつけたディランの仲間アニーと一緒にその場を離れる。


その後モーガン達はアニー達とローガンの待っているはずの休憩所へ行くが、そこにはローガンも感染者もいなかった。そしてモーガンはアニー達に安全な場所があるから仲間にならないかと誘うが、アニー達は放っておいてほしいと返答し休憩所からいなくなってしまう。


その後モーガン達はローガンと連絡が取れるが、ローガンとの会話でモーガン達はローガンが救援を依頼したのは罠だったと聞かされる。そしてモーガン達はジーンズ工場が空になった隙にジーンズ工場がローガンに乗っ取られてしまったことを知る。


その後アルは墜落現場で撮ったテープを見ていると気になることを見つける。そしてアルは一人で墜落現場へ行くと重装備の感染者からマークが記された紙を見つける。そしてアルはモーガンに無線を入れて重要な物を見つけたと伝えるが、そんな中アルは何者かに襲われ倒れてしまう。


一方ストランド達は飛行機には乗らずに工場付近にいたが、モーガン達を助けに行くため飛行機を探そうとしていた。そしてアルから聞いていた飛行機を持っている生存者スキッドマークのテープを確認するが、そこに映っていた生存者はダニエルだった。

 

前回のあらすじ【第1話 助けを呼ぶ声】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン5【第2話  これから起こる苦しみ】あらすじ 

f:id:a-map:20191111153022j:plain

引用:AMC

 

ストランドは死を覚悟してダニエルに会いに行くことにする。そしてストランドはダニエルの住まいにしている倉庫に辿り着くとダニエルと再会するが、ダニエルはストランドに銃を向けて威嚇する。それに対してストランドで必死で話を聞いてほしいと訴えると、ダニエルはとりあえずストランドを敷地内に通して話を聞くことにする。


その後ストランドはダニエルにマディやニックが死んだことを伝えて、アリシアやアルを助けるために小型の飛行機を貸して欲しいと頼むが、ダニエルはストランドの話を信じようとしない。そしてストランドは自分が信じられないなら長距離無線機を貸してほしいと頼むとダニエルはストランドに長距離無線機を使わせる。


一方モーガン達は飛行機の墜落現場でアルを探していた。しかしアルは見つからず、アルが連れさられた痕跡を見つける。そしてモーガンは周辺の物資を集めてアル探しを続けることにする。


そしてジューンは休憩所でルシアナの治療をしていたが、ルシアナは指の感覚がないことを心配していた。そんな中ジョンが休憩所に戻ると、墜落現場にアルがいなかったことを二人に報告してモーガンとアリシアは北へアルを探しに行ったことを報告する。そしてジョンはジューンと南を探しに行くことにする。


その後モーガン達は車で道が封鎖された場所へ辿り着く。そしてモーガン達は周辺を見回すが、そんな中アリシアはアルがいなくなったのは自分のせいだと言い出す。それに対してモーガンはアリシアは悪くないと慰める。その後モーガン達はエンジンの暖かい車を見つける。そして慎重に付近の森を捜索すると感染者を発見する。そしてモーガンは感染者を片付けようとするが罠にかかって手こずってしまう。そんな中防護服に身を包んだ女性が現れ、女性は感染者を片付けてモーガンに銃を向けて裸になるよう要求する。


しかしアリシアが隙をみて女性から銃を奪いアルの行方を聞くと、女性はアルは知らないがモーガンなら助けられると返答する。そして女性はグレースと名乗り、加圧水型原子炉2基が20キロ北でメルトダウンして、モーガンが戦った感染者はその際の被爆者だと告げる。更にグレースはモーガンに除染するよう告げるとモーガンはグレースの言葉を信じることにする。


その後モーガンはグレースの車についているシャワーで除染をする。そしてモーガン達はグレースから首にペン型のシリンダー測量計をかけている感染者は被爆者だから気をつけるよう忠告される。そんな中アリシア達にジョン達から無線が入ると、アリシアはジョン達に測量計の話をして気をつけるよう告げる。


その後モーガン達は墜落現場に向かう。そしてグレースが墜落現場の感染者遺体の汚染度を計測する。そしてモーガン達が墜落時に倒した感染者達は汚染していなかったことが判明する。その後感染者の群れが現れるとアリシアは窮地に陥るが、モーガン達はなんとか感染者の群れを片付ける。その後グレースはモーガン達に自分が原発の責任者だったことを告白し、自分の判断ミスで原発の仲間が死んだから責任を感じていると告げる。そんな中ジョン達から無線が入りキャンプ場で大量のペン型のシリンダー測量計と感染者を発見したという知らせが入る。そしてモーガン達はジョン達の元へ向かうことにする。


その後モーガン達はジョン達合流する。そして近くの小屋に感染者の群れが閉じ込められていたが、グレースは小屋の感染者を片付けることにする。それに対してモーガンは小屋の感染者は汚染されているから止めておいたほうがいいと言うが、グレースは自分がやらなければと返答する。


その後アリシアはモーガンにアルが攫われたことに責任を感じていることや誰も救えてないことを悩んでいると打ち明ける。それに対してモーガンは過去に自分を見失っていたときにアリシアと同じような感情を経験したと語る。そして出口はあるから現状を受け入れるようアドバイスする。


その後グレースは小屋の感染者を片付け終えて発電所近くに埋めに行くことにする。そしてモーガン達はグレースに仲間にならないかと誘うが、グレースは自分は被爆しているから無理だと返答する。しかしそれでもモーガンはグレースを気にかけ、何かあればチャンネル7に連絡をと告げる。


片やストランドは無線でモーガン達に呼びかけていた。しかしモーガン達には繋がらなかった。そんな中ダニエルはストランドに疑いの目を向けるが、ストランドはダニエルに自分は変わったから信じてほしいと必死に訴える。そしてダニエルは高周波電波を使った方がいいと無線の操作を変わる。


その後ストランドは休憩所にいるルシアナと無線が繋がる。そしてストランドはルシアナ達の現状を聞くと、ルシアナに小型機が見つかったから迎えに行くと伝える。しかしその後電波の状況が悪くなり通信が途切れてしまう。


そして休憩所にいるルシアナは外の様子を見に行くと無線機のアンテナが倒れてしまっていることに気がつく。そしてルシアナはジョン達に無線でストランドと連絡が取れたことや小型機で迎えに来てくれることを伝える。そんな中感染者の群れが現れる。そしてルシアナはなんとか休憩所に戻って入り口を封鎖するが、病みあがりだったためにそのまま気を失ってしまう。


その後モーガン達が休憩所へ戻るとルシアナは意識を取り戻す。そしてルシアナは感染者がどうなったか聞くと、休憩所の看板に無数の感染者の生首が晒されていた。そしてモーガン達は警告をされていることに気が付き、アルを見つけて小型機が迎えに来たらその地を後にしようと考える。


一方ダニエルはストランドに小型機を貸さずに倉庫から追い出そうとする。それに対してストランドはアリシア達を助けに行こうと粘るが、ダニエルはストランドを信用していないと告げ、更にストランドが人助けをしようとすればもっと多くの人が傷つくから余計なことはしないほうがいいだろうと言い放つ。そしてダニエルは銃で威嚇してストランドを倉庫から追い出す。そしてストランドは歩きでその場を後にする。

 

Fear the Walking Dead/シーズン5【第2話  これから起こる苦しみ】感想

f:id:a-map:20191111153035j:plain引用:AMC

 

今回はダニエルの再登場と新たな登場人物グレースが出てきましたね。それにしても汚染した感染者がいてうかつに殺すことができないというのは新しいし、厄介な展開ですね。


ダニエルとの再会

 

まずはストランドですが、遺書のようなテープを残してダニエルに会いに行きました。ダニエルに殺されるかもって自覚があったんですね。ストランドはよほど覚悟してダニエルに会いに行ったんでしょう。まあこれまでの経緯を考えるとそうなるのはわかります(笑)


そしてストランドはダニエルと再会しましたが、ダニエルはストランドに対してまずは冷静に話を聞くという対応をしましたね。ダニエルとしては殺されかけたストランドでも得られる情報があればしっかりと聞いておきたいというのはあったんでしょう。こういうところがダニエルの凄さでもありますよね。


そしてダニエルは猫を飼っていて猫の名前がスキッドマークという名前だったようですが、ダニエルが猫を飼っていたのが意外でした。ダニエルは実は動物好きなんですかね。


そしてダニエルはストランドからの話でマディやニックが死んだことを知りましたが、ここで二人の死について話が出たときに改めて二人が死んだことを実感しました。マディとニックはスピンオフの顔でしたからやっぱり生きててほしかったなって気持ちがありました。


その後ダニエルはストランドの態度をみて、長距離無線を使わせました。そしてストランドはルシアナと連絡を取ることができて、ルシアナ達の現状を知ることができました。その様子はダニエルも見ていたし、アリシアが苦境に陥っているのもわかったでしょう。


しかしダニエルはストランドに小型機を貸さず倉庫から追い出しました。ダニエルとしてはストランドの話がどこまで本当か疑っているうえに、もし全部が本当だとしてもストランドが人助けをすればもっと犠牲者が出るだろう的な感情があったようです。確かにこれまでの二人の関係を考えるとダニエルがそんな気持ちになるのは理解できますよね。むしろよくストランドに長距離無線を使わせて生かしておいたなって感じもします。ダニエルはその気になったら殺すことには躊躇ないタイプですからね。


でもダニエルは本当にこのままアリシアのことも突き放すつもりでしょうか。ダニエルはアリシアなら自力でなんとかできると言っていましたが、なんだかんだダニエルはアリシアなら救おうと思いそうですがどうなんでしょうか。


汚染地域

 

そしてモーガン達ですが、墜落現場にアルを探しに行きましたがアルを見つけることができませんでした。アルは何者かに襲われていましたし、状況的にも何者かに連れていかれたか逃げてて連絡が取れない状況なのは間違いなさそうですね。それにしてもアルは取材のために無茶をしてグループから抜けてしまうことが多いですね。無事だといいんですがどうなんでしょうか。


そしてルシアナですがジューンの治療を受けているときに指の感覚がないと言っていました。その後ルシアナは直感で指の感覚がないのは薬のせいじゃないとも言っていましたが、もしかしてルシアナが片手が動かないのは一時的なものではないのかもしれないですね。かなり心配な状況です。


そしてグレースですが、最初はモーガン達の敵なのかなっていう登場のしかたでしたが、どうやら敵ではないようですね。グレースは原爆作業員の責任者で、自分の責任で原爆作業員が死んだために責任を感じて作業員だった感染者を片付けているようです。この世の中でそこまでするとは相当責任感が強いんだなって思います。そしてグレースはどうやら原発作業で結構被爆してしまっているようですが、そんな状況でも仲間だった感染者を看取っているのは凄い事だなって思います。


そしてグレースの話からモーガン達がいる一帯は原子炉がメルトダウンした地域だったことが発覚しました。それだけでなく被爆している感染者がいるため、その感染者に対しては返り血なども浴びるわけにはいかないので感染者をうかつに殺せない状況のようですが、これは相当やっかいですね。見分け方は首にペン型のシリンダー測量計をかけている感染者が被爆者のようですが、これを見分けて感染者を倒すのも苦労しますね。


そしてアリシアですが、アルが攫われたことに責任を感じていたり誰も救えてないことを悩んでいるようですね。アリシアは元々責任が強いからか常に反省と後悔をしていますが、ずっと気を張っている感じで心配になりますね。あまり思い詰めて悪い方向にいかないといいんですが、真面目な性格が悪い方に働いている感じがしますね。

 

終わりに

さて今回ですが、アルが行方不明で探すという流れになりましたね。そんな中出会ったグレースからの情報により、被爆している感染者がいるのでうかつに感染者を殺すことができないという状況になりました。これは苦しいですね。そしてストランドが命がけでダニエルに会いに行きましたが、ストランドはダニエルから小型機を借りることができずにモーガン達を助けに行くのも難しい状況になっています。今後モーガン達はアルを見つけて汚染地域から脱出することができるのか、ストランドがモーガン達を助けにいけるのか注目ですね。

 

次のストーリー【第3話 詐欺師の峡谷】

 

 

 

シーズン5の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


ルシアナ(ダナイ・ガルシア)

f:id:a-map:20191222100720j:plain

モーガン達と共に汚染地域へ出向くが、飛行機不時着に大けがを負ってしまう。その後治療が間に合い命は助かるが、片手が動かなくなる。そんな中ルシアナは片手が動かないのは一時的のものではないと思い始める


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー