ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン5【第15話】あらすじと感想(ネタバレあり)



f:id:a-map:20210120170247j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

モーガンとアルはガソリンが持つギリギリまで物資の箱を道端に置いて回っていた。そんな中バージニアたちから逃げているトムと出会う。そしてトムはモーガンたちにバージニアたちの住処であるパラダイス・リッチから逃げてきたと言い、更にバージニアたちは未来のために動いていると告げる。


その後モーガンたちはトムの案内でパラダイス・リッチに向かう。そしてパラダイス・リッチに到着したモーガンたちはそのままパラダイス・リッチに侵入する。その後モーガンたちはパラダイス・リッチの施設内を探るが、そんな中モーガンたちは感染者と交戦になり騒ぎになる。モーガンたちはバージニアたちに見つかり捕まってしまう。


その後モーガンたちはバージニアと顔合わせをする。そしてバージニアはモーガンたちに自分の思想を語って仲間にならないかと誘う。それに対してモーガンたちはバージニアの誘いを断る。その後バージニアたちはモーガンたちを無傷のまま荷物も全て返して解放する。そしてモーガンたちは何事もなく解放されることに戸惑いながらもその場を後にする。


その後モーガンはグレースに連絡するとグレースが体調崩していることを知る。そしてモーガンたちは急いでグレースたちの元へ向かうことにする。

 

前回のあらすじ【第14話 今日と明日】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン5【第15話  チャンネル5】あらすじ 

f:id:a-map:20210120170656j:plain引用:AMC

 

バージニアたちはモーガンたちのようにビデオ撮影をしていた。そしてそのビデオには自分たちは未来のために活動していて人々を救っているという内容が記録されていた。そしてバージニアたちはモーガンたちのようにビデオを色んなところに置いて生存者たちの目につくようにしていた。しかしそのビデオを見たモーガンたちはバージニアたちは油田を奪ったり生存者の選別をしていることから嘘をついていると怒り、自分たちはありのままの姿をビデオに収めてビデオを生存者の目につく場所に置いておいた。


そしてモーガンたちはバラバラになっていた仲間たちと一度合流し再び安住の地を探し回っていた。しかしなかなか安住の地は見つからずガソリンもなくなっていることからモーガンたちは焦りを見せていた。そんな中グレースは点滴により意識を取り戻し一命を取り止めていた。


その後モーガンたちは近くにガルチがあることを知る。そしてガルチなら電気などもいらないし広さも充分で水場も近くにあるということからガルチへ住もうと考える。しかしモーガンたちのいる場所からガルチまでは80キロほどあり残りのガソリンを考えると最後の移動になってしまうという可能性があった。そんな中点滴がなくなりグレースが体調を崩して意識不明になってしまう。そしてモーガンたちは近くの老人ホームで点滴を探してからガルチへ向かうことにする。その後モーガンたちは老人ホームで点滴を見つけてグレースに点滴を打つとグレースは意識を取り戻す。


その後モーガンたちはガルチに向かって進んでいたが途中の橋でタンクローリー車の重さに橋が耐えられずに一部破損してしまう。そしてモーガンたちはガソリンの中身だけ抜いてタンクローリー車をその場に置いて行こうとするがそんな中バージニアたちが現れる。


そしてモーガンたちとバージニアたちはお互いに銃を構えて一触即発になるがお互いに銃を降ろして話し合いを始める。そしてバージニアはモーガンたちに意地をはらずに自分たちの仲間になったほうがいいと告げるが、モーガンたちは助けるのは使える人間だけだろうと返答する。それに対してバージニアはそれはそうだが仕方がないだろうと言い自分のやり方は間違っていないと告げる。そしてモーガンはその話はもう断ったはずだと言うと、それを聞いたバージニアは空に向かって銃弾を放ちこれで近くにいる感染者の群れがここに集まってくるだろうと告げる。そしてバージニアは自分たちはいつでも助けを呼べば応じると告げその場を後にする。


その後モーガンたちがいる橋に感染者が集まってくる。そしてモーガンたちはギリギリまでガソリンを運びながら感染者との交戦を続けるが、感染者の数の多さにモーガンたちは残りのガソリンを諦めて橋を渡ることにする。そして橋は感染者の重みに耐えられずに崩れてしまうが、トムは逃げ遅れてしまい橋から落下して死亡してしまう。


その後モーガンたちは先に進んでいたがガルチまで15キロ手前でガソリンが尽きてしまう。そしてモーガンたちは徒歩でガルチへ向かい始める。そしてモーガンたちはガルチへ到着するがガルチには大量の感染者がいてとても人が住める状況ではなかった。そしてモーガンたちはその光景を見てガルチに住む事を諦める。


その後モーガンたちは今後について意見を出し合うが物資も食料もない状況でこの現状を打開できる案は何も出てこなかった。そしてストランドがこうなったらもうバージニアたちに助けを求めるしかないと告げるとモーガンも頷く。それに対してドワイトは絶対にそれは後悔すると言い自分はバージニアに従うつもりはないと告げ1人でグループを抜ける。そして残ったモーガンたちはバージニアに無線連絡をする。

 

Fear the Walking Dead/シーズン5【第15話  チャンネル5】感想

f:id:a-map:20210120170701j:plain

引用:AMC

 

さて今回ですがモーガンたちが最後の賭けでガルチへ向かうという話になっていましたね。


まずは今回出てきたガルチですが、これは以前にも出てきたアメリカのテーマパークのようですね。西部時代をモチーフにしたテーマパークで日本でいうところの日光江戸村のような感じでしょうか。ジョンは以前ガルチで働いてたこともありこのガルチについては詳しいようで、人が住む事は可能なようです。そのため今回モーガンたちはガルチに向かいました。しかし今回はガルチに住むことができないという悲しい結果になってしまいましたね。


そしてグレースですが、前回体調崩しましたが今回はモーガンたちがみんなで合流したところから話がスタートしましたね。そんな中グレースは点滴で何とか意識は保っているけど以前危険な状態が続いているという感じでした。そしてそんな時なのに悲しいことにガルチに住むという願いは叶いませんでした。ここはバージニアたちに頼ることにしたようですがこれでグレースが助かればいいんですがどうなんでしょうか。


そしてバージニアたちですが、人々を救っているというテープを作って配っていましたがこれはなかなか面白い作戦でしたね。確かにこれは生存者を集めるには効果的でしょうし、こうしたことをできるというのはさすが共同体を作っているだけのことはあるなと思いました。そんなバージニアたちが未来を考えてしている活動とは一体どういう活動なんでしょうか。そして生存者の選別をしているバージニアですが、そこまでバージニアが人を集めているというのは人材は貴重だからと考えているからでしょう。そういった点ではバージニアはリーダーとしての器はあるのかなって感じました。そしてバージニアたちはどうしてもモーガンたちを仲間にしたいようですね。今回モーガンたちがこの誘いに乗ることになりそうですが、バージニアたちはモーガンたちのうち何人を生かすのかというところも気になるところですね。


さて今回ですがモーガンたちは最後の賭けとして向かったガルチで賭けに失敗する形となりました。ここでガルチに住んで落ち着ければよかったんですが悲しいですね。そしてモーガンたちは今回最終的にはバージニアたちに頼るという選択をしました。この選択が吉と出るのか凶と出るのか気になるところですね。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第16話 この道の行く先】

 

 

 

シーズン5の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


チャーリー(アレクサ・ニセンソン)

f:id:a-map:20210129011232j:plain

モーガンたちのグループで活動し日々貢献しているが放浪生活に疲れきっていた。そして寺院では自分はここに残るというほど放浪生活に嫌気がさしている態度を見せるが最終的にはモーガングループで共に生活をしていく道を選ぶ


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー