ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン5【第14話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20210120170247j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

過去、ローガンは物資の箱を置いて人助けをしていた。そんな中ローガンの無線に休憩所にいる女性から助けを求める連絡が入る。そしてローガンは女性を助けに休憩所へ向かうがローガンが到着する前に女性は感染者に襲われて死亡してしまう。そしてローガンは自分が女性を救えなかったことに強い後悔を覚える。その後ローガンの前にバージニアが現れる。そしてローガンはバージニアの誘いを受けてバージニアの仲間になることにする。


そして現在、ローガンたちは採石場でルシアナたちが管理している油田にたどり着く。そしてローガンたちはルシアナたちに銃を突きつけて油田を明け渡すよう要求すると、ルシアナたちはローガンたちに拘束されてしまう。そしてローガンたちはルシアナたちにガソリンの精製に協力するように告げる。そしてルシアナたちは殺し合いを避けるため渋々納得する。


その後油田に感染者が集まってしまう。そしてルシアナたちはなんとか感染者を片付けるが、そんな中ローガンたちとルシアナたちは再び銃を向けあう。しかしその後ローガンたちは頭を撃ち抜かれてみんな死んでしまう。そしてルシアナたちが驚いて辺りを見回すとそこにいたのはバージニアたちだった。そしてルシアナたちは完全にバージニアたちに取り囲まれてしまっていた。


その後バージニアたちはルシアナたちに挨拶をするとローガンたちは信頼できなかったから殺したと告げる。そしてバージニアたちはルシアナたちにこれからは協力関係を築いていきたいと告げるがルシアナたちはどうせ用が済んだら自分たちを殺すんだろうと告げバージニアの誘いを断る。そしてお互いに銃を向け一触即発のムードになる。しかしその後ルシアナは自分が残ってガソリンの精製を手伝うから他の人たちは逃がしてほしいと告げる。それに対してバージニアは納得するとルシアナは油田に残り、ジューンたちはその場を後にする。

 

前回のあらすじ【第13話 いらないものは置いていけ】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン5【第14話  今日と明日】あらすじ 

f:id:a-map:20210120170622j:plain引用:AMC

 

モーガンとアルはガソリンが持つギリギリまで物資の箱を道端に置いて回っていた。そんな中バージニアたちから逃げているトムと出会う。そしてトムはバージニアたちの住処であるパラダイス・リッチから逃げてきたと言うと妹がまだパラダイス・リッチに残っていることを心配していると告げる。その後モーガンたちはトムからバージニアたちは未来のために動いていると聞き、更にトムの案内でパラダイス・リッチに向かう。


その後モーガンたちはパラダイス・リッチに到着するとアルがパラダイス・リッチへ侵入しようとする。それに対してモーガンは危険だから止めるべきだと告げる。しかしアルはどうしてもパラダイス・リッチへ侵入しようとすると、モーガンはアルに理由を尋ねる。それに対してアルは過去に出会ったイザベルが同じように未来のために動いていると言っていたからバージニアたちと関わりがあると思って再びイザベルと会うためにパラダイス・リッチに侵入すると告げる。それを聞いたモーガンはアルと一緒にパラダイス・リッチへ侵入することにする。


その後モーガンたちはパラダイス・リッチに侵入するが、そんな中パラダイス・リッチにモーガンたちのタンクローリー車が戻ってくる。そしてモーガンたちはジューンたちがバージニアたちと出会い、更にバージニアたちにタンクローリー車が奪われてしまったことを察する。その後モーガンたちはパラダイス・リッチの中を捜索していたが、そんな中アルが感染者に襲われプールに落ちてしまう。そしてモーガンはアルを助けるためプールに飛び込み感染者を片付けるが、そのことで騒ぎになりモーガンたちはバージニアたちに見つかり捕まってしまう。


一方ダニエルとグレースはスーパーで物資調たちをしていた。そしてダニエルたちはスーパーに思ったより物資が残っていたことで上機嫌だった。その後ダニエルたちは仲間の元へ戻っていたが物資をあまりに多く積み込みすぎたため車が動かなくなってしまう。そしてダニエルたちは一時車をその場に置いて近くのバーで夜を凌ぐことにする。


その後朝になりダニエルたちは動き出そうとしていたが、そんな中ダニエルは今回の物資調たちで見つけたレコードの行方を気にしていた。そしてグレースがそのことについてなぜか尋ねるとダニエルは孤独に暮らしていた自分に孤独を終わらせてくれたチャーリーのため音楽を聞かせたかったと告げる。それを聞いたグレースはそれならばもしレコードがダメでも自分たちの演奏でチャーリーに音楽を伝えればいいじゃないかと告げる。そしてグレースはバーに合ったギターを持ち演奏を始めるとダニエルはギターの音色に合わせて歌を歌う。しかしそんな中グレースは突然体調崩してしまう。


片やパラダイス・リッチで拘束されてしまったモーガンたちはバージニアと顔合わせをする。そしてバージニアはモーガンたちに自分の思想を語って仲間にならないかと誘う。それに対してモーガンたちはバージニアの誘いを断ると仲間の安否について尋ねる。それを聞いたバージニアはモーガンの仲間は無事だと返答する。その後バージニアたちはモーガンたちを無傷のまま荷物も全て返して解放する。そしてモーガンたちは何事もなく解放されることに戸惑いながらもその場を後にする。


その後モーガンはグレースに連絡するとグレースが体調崩していることを知る。そしてモーガンたちは急いでグレースたちの元へ向かうことにする。

 

Fear the Walking Dead/シーズン5【第14話  今日と明日】感想

f:id:a-map:20210120170624j:plain引用:AMC

 

さて今回ですがモーガンたちとバージニアたちとの出会いと体調崩してしまったグレースという話でしたね。


まずはアルですが、アルは相変わらず取材に余念がありませんでしたね。今回出会ったトムについてもすぐに取材をしていました。そんな中アルはバージニアたちの存在を知り、バージニアたちが未来にこだわっているということを知りました。そしてこのことでアルはバージニアたちとイザベルが同じ組織だと思ったようですね。そのためアルはモーガンが止めるのを無視してパラダイス・リッチへ侵入しましたね。アルにとってそれだけイザベルというのは大切な存在だったということでしょう。しかし今回バージニアたちとイザベルたちは関係がないことがわかりアルのイザベル捜索は空振りに終わってしまいました。ただそうなるとイザベルは更に危ない組織にいるのかなと思いました。


そしてバージニアたちですがだんだんとその正体がわかってきましたね。バージニアたちはパラダイス・リッチという共同体を含めたいくつかの街に住んでいて生存者たちをスカウトして回ってるけど、使えないと感じた人材は使い捨てにするように切り捨ててしまうようです。そしてバージニアたちは初見の人やまだどんな能力を持っているかわからない生存者に対してはとても丁重に扱うといった感じなのかなと思いました。そのためかモーガンたちも無傷のまま無事に解放しましたが、これだけ考えるとバージニアたちはかなり手強いグループのように感じました。


そしてグレースですが、グレースはついに体調を大きく崩してしまいましたね。これは原発の件で体調崩してしまったのかなと思われますが、もしそうだとするとグレースはここからの回復は難しくなってしまうかもしれません。また仮に今回一命を取り止めたとしてもその後どうなるかというのはかなり難しい状況ですね。グレースにはここからモーガンたちが来るまで何とか頑張って欲しいですし、その後もジューンと合流できれば治療を受けて助かるということもあるでしょうしそうなってほしいですね。


さて今回モーガンたちはバージニアたちと出会いましたが、実際バージニアたちが何を目的にどのように考えて行動しているのかというのはまだあまりよく判りません。またバージニアたちは安全なグループとは言えないですが、とはいえすごく危険なグループとも思えないのが現状です。そんなバージニアたちとモーガンたちはどのような関係を築いていくのかというところが気になるところですね。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第15話 チャンネル5】

 

 

 

シーズン5の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


バージニア

f:id:a-map:20210129011206j:plain

パラダイス・リッチなど共同体を取り仕切るリーダーでローガンたちのバックにいた人物。一見すると柔らかな物腰で生存者に仲間になろうと声をかけるが、仲間にした相手でも不必要となれば容赦なく殺してしまうという危険な一面がある。そしてバージニアはモーガンたちの油田も奪ってしまったが、その反面モーガンたちに特に危害を加える事はなく仲間になるよう誘っている


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー