ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン4【第5話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190727163437j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

現在、アリシア達は移動中の装甲車の中でニックを失った悲しみに打ちひしがれていた。そんな中アリシア達はアルの取材を受けることにする。そしてアリシア達は懺悔のように過去の話を始める。


その後モーガン達はアリシア達の指定場所に到着するが、アリシア達がニックを埋葬するための穴掘りを始めると大量の武器が出てくる。そしてストランドがメル達の居所はわかるとメモを取り出すと、モーガンは復讐はやめるべきだと進言するがアリシア達は聞く耳を持とうとしない。その後アリシア達はニックの埋葬を終える。


その後アリシア達は武器を装甲車に積み込んでいたが、ジョンがその中にローラのリュックがあることに気がつく。そしてジョンはローラが持っていた銃を発見してローラがナオミと名乗りアリシア達と行動していたことに気がつく。そしてジョンはアリシア達にナオミのことを聞くがアリシア達はナオミは死んだと返答する。それを聞いたジョンが悲しみに打ちひしがれるとアリシア達は一緒にメル達に復讐しようと誘う。しかしジョンは一人にしてほしいと返答する。


その後アルとアリシア達はメル達の元へ向かい、ジョンとモーガンはその場に残る。


そして過去、マディ達はメル達に囲まれながらの生活を続けていたが食料は尽きかけていた。そしてニック達が物資調達に出るが、ストランドやルシアナなど数名は野球場から逃げ出すべきだと考え始めていた。そんな中マディとメルは対話をするがお互いの主張は平行線のまま話が纏まることはなかった。その後ニック達が物資を調達して野球場に戻る。

 

前回のあらすじ【第4話 埋葬】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン4【第5話  ローラ】あらすじ 

f:id:a-map:20190727163727j:plain引用:AMC

 

過去、ジョンは山小屋で一人で生活していた。そして以前の世界と変わらないような日常を過ごしつつも、たまに小屋の前の川に流れ着く感染者を処理して日常の生活を送っていた。そんな中あるとき感染者ではなく負傷したローラが小屋に流れ着く。そしてジョンは生存者が流れ着いたことに驚き急いで手当てをする。


そして次の日動けるようになったローラだったが小屋を抜け出し車でその場を去ろうとする。しかし車の鍵を探している間にジョンに見つかってしまう。それでもローラは逃げようとするが車は動かず、ジョンがローラを説得するとローラはしばらく小屋に残ることにする。その夜ジョンはローラの傷口を縫って、夕食を振る舞う。


その後火曜の朝、ジョンは小屋に流れ着いた感染者を片付けていた。そして毎週火曜日の恒例になっていた知り合いの店に物資調達へ出かけることにする。更にジョンは日に日に流れ着く感染者が増えていることで上流で何かがあったと考え店に行くついでに上流を見に行くことにする。そんな中ローラもついていくというとジョンは休んでいるべきだと返答するが、ローラの意思は固くジョンはローラを連れていくことにする。


そしてジョン達はボートで川から上流を目指す。その後ジョン達が上流へ行き着くと橋のガードレールが壊れていることに気がつき、感染者が増えた原因が判明する。そしてジョン達はボートを停めてまずは知り合いの店に物資調達へ行く。その後ジョン達は知り合いの店で物資調達をするが、ジョンは映画を借りた際に貸出票に名前を書く。そしてジョン達はガードレールを修復して小屋へ戻る。その夜ジョンが映画を見ているとローラが起きてきてジョンの隣に座る。そしてしばらくするとローラは自分の子どもが死んだことを告白しベットへ戻る。


次の日ジョンが釣りをしているとローラが釣りを教えてほしいとジョンに頼む。そしてジョンはローラに釣りを教える。その後ジョン達はローラの釣った魚で食事をする。更に夜はゲームをして徐々に二人の距離は縮まる。その後ローラの傷が回復し抜糸が終了する。そしてローラは荷造りをして出ていくことを伝えるとジョンは頷く。そんな中再び小屋に感染者が流れ着くようになり、ローラは出ていく前にガードレールの修復を手伝うと志願し二人はガードレールの修復へ向かう。


その後ジョン達が再び上流の橋に戻ると橋には数体の感染者がいた。そしてジョン達は感染者を片付けつつガードレールを車で防ぐことにするが、そんな中ジョンはローラが自分の銃を持ち出していることに気がつく。そしてジョンは銃は感染者を引き寄せると怒り出し銃を取り上げる。その後ジョン達は感染者を片付けるとフェンスを車で塞ぐ。しかしその際再び感染者が現れるとジョン達は感染者に苦戦する。そしてローラは銃で感染者を倒すよう言うが、ジョンはあくまで銃を使わず苦戦しながらもナイフで感染者を片付ける。


その後小屋に戻ったジョン達だったがローラはジョンが銃を使わないことを不審に思い問いただす。そしてジョンは過去に強盗を撃ち殺してしまったこと、更にそのことでヒーロー扱いされたことがトラウマになっていると告白する。それを聞いたローラはジョンが自責の念に駆られていることに理解を示す。その夜橋のガードレールが決壊し、大量の感染者が川へ落ちる。そして感染者の群れが小屋へ流れ着くとジョン達は感染者の群れと戦うが、感染者の数が多くジョン達は苦戦する。そしてローラが感染者に押したされるとジョンは銃を手に取り、2丁の銃で感染者の群れを撃ち殺す。


その後ローラはジョンに感謝の気持ちを伝える。それに対してジョンは2丁のうち1丁の拳銃をローラに手渡す。そしてジョンはローラが好きだと打ち明けて出て行かないでほしいと告げる。その後二人はベットで一夜を共にする。そして次の日ジョンが目を覚ますと小屋にはローラの姿がなかった。


そして現在、ジョンの過去を聞いたモーガンはジョンに理解を示しまたやり直せると励ます。その後二人はアリシア達の元へ向かう。

 

Fear the Walking Dead/シーズン4【第5話  ローラ】感想

f:id:a-map:20190727163736j:plain引用:AMC

 

今回は主にジョンとローラの話でした。ジョンとローラとの間にどんなことがあったのか、更にジョンという人物がどんな人物なのかがわかってきましたね。 

 

ジョン 

 

まずはジョンですがローラが来る前ジョンは以前の世界と変わらないような生活をしていました。感染者が出てくる以外は普通の生活でしたが、その様子を見ていると一瞬終末世界というのを忘れそうなシーンでしたね(笑)その中でジョンのスペックの高さが伺えるシーンがいくつかありました。感染者の処理はもちろん釣りから料理、水の確保やテレビが使えたことから発電もできていたんでしょう。しかも何事もそつなくこなしていたので器用なんだなって思いました。


そしてジョンですが今までのことからもわかっていたように寂しがり屋のようです。そのためローラが来て一人ぼっちが解消されたときは本当に嬉しかったんでしょうね。でもそのローラが手当て後何も言わずに逃げようとしたとき、責めずにむしろ認めていました。そのことからジョンは本当に優しいんだなって感じました。そんなジョンは今は不眠症で2時間しか眠れないと言っています。この世界でメンタルが弱ってしまったのもあるのでしょうが、ジョンの場合は一人でいることの寂しさからの不眠症なのかなって思いました。


それにしてもジョンが毎週火曜日に知り合いのビルの店に物資調達に行くというところは面白いなって思いました。別にいつでも行けばいいのに火曜と決めているところや映画の貸出票に名前を書いていくところは几帳面というかきっちりした性格なんだなって感じました。


そんなジョンが過去の話で趣味で西部劇のショーをしていたと言っていましたが、なんとなくジョンはそういうのが好きそうだなって思いました。更に過去に警官だったとき強盗を撃ち殺したこととそのことがヒーロー扱いされたことでトラウマを抱えてしまったという話もでました。またこのことからジョンは銃を持たなくなっていましたがこれもジョンの人柄がわかるエピソードでしたね。しかしジョンはローラと出会ったことで再び銃を手にすることができるようになったみたいですね。ジョンが登場したときから銃の腕が凄いのはわかりましたが、2丁拳銃を使えるので感染者の数がある程度多くても対抗できます。また命中精度がかなり高いこともわかったのでジョンは相当戦力が高いことがわかりましたね。


そしてジョンはローラに気持ちを打ち明けましたが最後はローラが出て行ってしまいました。でもその後ずっとローラを探していたんでしょうね。それなのに再会が叶わなかったのは本当に辛いことですね。

 

ローラ 

 

そしてローラですけど、ローラという名前は自分で名乗ったわけではなくジョンがそう呼んでいただけだったんですね。そしてローラですけど今回も逃げようとしていました。ローラはいつも逃げようとしていますね(笑)


そんなローラは最初ジョンにもツンツンしていましたけど、ジョンと一緒に過ごすうちに段々と打ち解けていったようです。そしてローラの過去も少し出てきましたがローラは子どもを亡くしているんですね。だから悩んでいて人と距離を取るようになっていたのかもしれないですね。でもローラはジョンには気を許せると思ったんでしょうね。


それにしてもローラも結構性能が高かったようですね。看護師としての治療だけではなく感染者と戦えて、車の知識もあるようです。更に釣りも覚えていたので生き残っていたらグループに属したときに戦力にはなれそうでしたね。そういえばローラが治療でジョンに腹部を縫ってもらうときはかなり痛々しかったですね(汗)


そんなローラは傷が治った後もてっきりそのまま小屋にいるのかなって思ったんですけど、そんなことはなく出て行ってしまいましたね。ローラがどうして最後まで小屋を出て行こうとしたのか、またアリシア達といたときもそうですがとにかく一人になろうとしていたのは何か目的があったのか、それともただ一人になりたかっただけなのか最後まで明かされることはありませんでしたね。できればもう一度ジョンと再会してほしかったですけど残念です。

 

終わりに 

さて今回は平和なシーンが多かったですけど、たまにあるこういう日常系もいいですよね。いつも張り詰めた空気だと疲れますからね。それにしてもジョンとローラの間にはこんなことがあったんですね。この話でジョンの人物像が深堀りされましたが、この話でジョンは信頼できる人物だということが判明したと思います。


それにしても最後モーガンの言ったこの世界は今がすべて、今を逃せば人は死ぬという言葉は終末世界の怖さをまさに表している言葉だなって感じました。この後はモーガン達がアリシア達の復讐を止める流れになりそうですね。モーガン達が復讐を止めることができるのか引き続きみていきたいと思います。

 

次のストーリー【第6話 万が一のために】

 

 

 

シーズン4の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


ジューン(ジェナ・エルフマン)

f:id:a-map:20190727185709j:plain

元看護士でジョンと出会い一時期行動を共にしていた。その際ジョンにはローラと呼ばれていたがしばらくしてジョンの元を去る。その後ナオミと名乗りマディ達と行動を共にする


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー