ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン4【第2話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190727163437j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

モーガンは救世主との戦争後、王国を離れて一人で彷徨う。そんな中自分と同じ銃を持つ女性を探しているというジョンと知り合う。その後モーガンとジョンはリーランド達に襲われ捕まってしまうが装甲車に乗ったアルに助けられる。アルは生存者を見つけては取材をし、内容をテープに収めて回っていたがモーガン達を助けた目的も取材をするためだった。


その後ジョンは取材を受けるがモーガンは取材には答えずその場を去ろうとする。しかしその際モーガン達の前にリーランド達が現れ、両者は銃撃戦になる。そしてモーガンは争いの中で片足を負傷してしまう。更にそんな中感染者が現れる。そしてリーランド達は感染者に襲われて死んでしまうがモーガン達はなんとか感染者の群れを切り抜けその場を後にする。


その後モーガンはアルの取材を受けてしばらくジョン達と行動を共にすることにする。そしてモーガン達は装甲車で移動を開始する。


その後モーガン達は道端に人がいるのに気が付いて車を止める。そしてモーガン達は警戒しながら倒れこんでいる人に近づくが、その人物はアリシアだった。そしてモーガン達は苦しんでいるアリシアを手当しようとするが、近くに隠れていたニック、ストランド、ルシアナが現れモーガン達に銃を突きつける。そしてモーガン達は武器を取り上げられてしまう。

 

前回のあらすじ【第1話 何があった?】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン4【第2話  野球場の一日】あらすじ 

f:id:a-map:20190727163541j:plain引用:AMC

 

過去、ニック達はモーガン達に出会う前マディを含めた仲間とともに野球場で生活をしていた。そして野球場では作物を作り、家畜を飼い、発電機を使いつつ快適な生活を送っていた。そんな中マディは外から来たばかりの少女チャーリーに話を聞いていた。それに対してあまり話をしたがらないチャーリーだったがマディはチャーリーがどの方角から来たのかを聞き出す。その後マディは物資調達の際にチャーリーの両親も探しに行こうと提案する。それに対して反対する者もいたが最終的にはマディの案が通り、チャーリーが来た方角へ物資調達へ向かうことにする。


その後マディ、アリシア、ストランド、ルシアナで物資調達に出かける。そんな中野球場に残っていたニックからカブがゾウムシにやられてしまったと連絡が入る。その後マディ達は街に到着すると二手に分かれて物資調達を開始する。しかし街は何者かに捜索された後で物資は何も残っていなかった。


その後マディは人のいた痕跡に気がつき周囲を探し始めると、隠れていたナオミに銃を突きつけられる。しかしそこにアリシア達が駆けつける。そしてナオミは近くの貯水タンクの上に逃げるが、マディ達は銃を置いてナオミを説得しようとする。しかしナオミはマディ達から逃げようとして、貯水タンクの天井から中に落ちてしまう。更にナオミは貯水タンクの中にいた感染者に襲われる。しかしマディ達がナオミを助けて事なきを得る。その後マディ達はナオミを連れて野球場へ戻る。


一方野球場でマディ達を待っていたニックだったが、どこからともなく聞こえてくる音楽が気になっていた。そして野球場から出て音楽の原因を突き止めようとするが住民に野球場から出ることを反対される。しかしその後ニックは一人で車に乗りこみ野球場の外へ出る。だがニックは野球場を出てすぐに感染者に囲まれてしまい、そのまま無理に車を走らせると消火栓にぶつかって車が止まってしまう。その後ニックは野球場からの援護で車の中から飛び出すがふらふらと足元がおぼつかない様子をみせる。そしてニックに感染者が迫りくるが、そこへマディ達が戻ってくるとマディ達はニックを助けて野球場の中へ戻る。


その夜マディはチャーリーに両親は見つからなかったと告げると、チャーリーは落ち着いた様子をみせる。そんな中ニックはナオミに治療を受けていたが手際のよさに医療関係者なのか尋ねると、ナオミは救命看護師だったと返答する。その後マディがその場に訪れるとマディはナオミに仲間として迎え入れる意思があることを伝える。


その後ストランド達はニックが野球場の外で消火栓にぶつけてしまった車を手動で野球場内に戻そうとした。そんな中野球場に無数の車が訪れるとストランド達は車を捨てて急いで野球場の中へ戻る。そしてマディ達野球場の住民は予期せぬ来訪者メル達に動揺し武器を構える。その後メル達は10台を超える車で野球場を取り囲むと、近くにいた感染者をトレーラーに押し込めてトレーラーに旗をつけその場にくつろぎ始める。そしてメル達は野球場を攻撃するでもなく、マディ達と接触するわけでもなくただその場に居座るとマディ達はその様子に驚きを隠せずにいた。


その後マディが一人で野球場から出ていきメルと対峙する。そしてマディがメルに望みを聞くとメルは自分達に従うように告げる。更にメルがカブがゾウムシにやられたことやニックの名前を出すと、マディはメルが知るはずのない情報を知っていることに驚く。それに対してメルはチャーリーに声をかけるとチャーリーがメルの元へ駆け寄って行く。そしてマディ達はチャーリーがスパイだったことに気がつく。そしてメルはマディ達の武器や物資を言い当てると、物資を差し出して仲間になるか、死ぬか選ぶよう問いかける。それに対してマディは野球場を出て行かないと返答し野球場へ戻って行く。次の日マディ達はメル達に取り囲まれながらもいつもと同じ日常を送っていた。


そして現在、ニック達はモーガン達を拘束しつつ荷物や装甲車の物色をしていた。そんな中ニック達はメル達の旗を見つけると、モーガン達にメル達の仲間なのか尋ねる。それに対してモーガン達は何の旗なのかはわからないと返答するとニック達は旗があった場所へ連れていくよう要求する。そしてモーガン達は装甲車で旗のあった場所へ移動を開始する。

 

Fear the Walking Dead/シーズン4【第2話  野球場の一日】感想

f:id:a-map:20190727163549j:plain引用:AMC

 

今回はニック達がモーガンと出会う前の話でしたね。1話ではニック達が豹変していましたが、豹変する前のニック達は依然と変わらない様子です。どうして生存者を襲うようになったのか気になりますね。 

 

野球場での生活

 

まずは野球場での生活ですが、ようやくマディが出てきましたね。野球場ではマディも一緒に行動していたようです。そしてマディはグループのリーダーになっているようですね。もともとリーダー気質だったのでマディがリーダーになっていても特に違和感がないですね。そんなマディがチャーリーと話をしているときに、チャーリーが口を閉ざした際に一度話を逸らしたのがうまかったなって思いました。そういえばマディは学校で進路指導をしていたようですし、こうして話を聞いてあげるのは得意な分野なんでしょうね。


そして野球場ですけど、かなり設備が整っている感じですね。作物を作りつつ、家畜を飼って、発電機で電気を使うことができるようです。更に野球場だけあって感染者の侵入もバッチリ防げているようですね。しかし水など資源を貯めておくには限界もあるでしょうし、そう考えると物資調達へ行く頻度はどうしても高くなってしまいそうですね。そんな野球場に来て365日ということだったのでダムからすでに1年以上が経過しているようです。

 

ナオミとの出会い

 

そしてマディ達が物資調達をした街ですけど何も物資が残っていませんでした。これは流れ的にはメル達の仕業なんでしょう。しかしそんな中マディ達はナオミに出会いました。このナオミですがマディに銃を突きつけただけで撃たなかったところを見ると悪人ではないかもしれないですね。ただ車の鍵を奪って逃げようとしたのは確かですしちょっと信用できるのか難しい人物です。


そんなナオミが貯水タンクに落ちたときはてっきり終わったなって思いました。感染者もいましたしね。しかしあそこで助かるとはびっくりですね。それにしてもあの貯水タンクの液体は汚水なのか重油なのかわかりませんが、感染者だけじゃなくあの液体に触れただけで相当害がありそうですけど大丈夫なんですかね(汗)そして中の汚水が流れ出したときは迫力とインパクトがあるシーンでしたね。


そしてマディはナオミを連れ帰り仲間にすることにしました。ナオミは救命看護師だったようでまだ良い人なのかはわからないですけど、医療関係者が仲間に増えるなら心強いですよね。この環境では医療関係者はとても貴重な存在ですからね。ただマディは今回に限らず生存者を全員連れ帰っているようですがこれは少し無謀な気がします。現にチャーリーには裏切られてしまいましたからね。しかし有能な人材もいるでしょうし全員を救うのはメリットとデメリットが両方あるって感じですかね。


そして全員を救っている理由は今までヒドイことをしてきたと言っていますが、特にトーマス家や農場のことですかね?あの辺りはニックやアリシアも離れていった時期がありましたからね。そういう意味ではマディにとってもあの時期はトラウマかもしれないですね。そういえば今は野球場にナオミを含めて48人と言っています。これだけの人数いると物資も必要ですし、チャーリーのように裏切り者が出たりすると共同体として維持をしていけるのか心配ですね。

 

残ったニック 

 

そして物資調達に出なかったニックですけど、野球場に残ったのには何か理由があるようです。野球場付近から音楽が流れ出したときニックが野球場の外に様子を見に行きましたが、あのときニックはダムのシーンがフラッシュバックしていました。物資調達に行く際もマディがまだニックを休ませるといっていましたし、ニックはダムの爆発のときに何かトラウマを負ってしまったのかもしれないですね。


それに農場のときのニックなら車の中で感染者に囲まれただけではそこまで動揺はしないでしょうが、今回の野球場ではかなり動揺していたように見えましたからね。更にニックの性格からして危険なことは積極的に請け負いそうなので何もなければ物資調達にいかないということもないでしょう。しかしこの世界で物資調達に行けないほどのトラウマを引きずると生き抜くのに苦労するので早いうちに外に出られるようになるといいんですけど、どうなんでしょうか。

 

ハゲタカ

 

さて少しずつニック達の話がわかってきた中で早速他のグループが出てきて対峙することになりました。1話にも出ていた旗は今回出たハゲタカというグループのものだったようです。旗の数字はおそらく建物などに閉じ込めている感染者の数なのかなって思いました。それにしてもメルが自転車で感染者を誘導しているときは異様な光景でしたね(汗)


そしてこのハゲタカというグループですけど、いきなり野球場を攻撃したりしないことから粗暴な感じではなくじっくり相手を追い詰めていくタイプなのかなって思いました。これは手ごわそうな相手が出てきましたね。そして驚いたのがチャーリーがスパイだったことです。これは…悲しいですね。まあ仕方のないことだと思いますし、マディのように誰でも救っているとこういうことは起こると思いますが、チャーリーが裏切りものだったのは意外でした。しかし裏切り者として見てみると確かにチャーリーの行動は疑わしいところもあったように感じるので不思議なものですよね。ただどっちかというと怪しいのはナオミだったんですけどね(笑)


そしてメル達はマディ達に出ていくように迫りましたが、あからさまな攻撃などはしてこないところからそこまで悪い集団にも思えません。ここは手を結ぶなど下につく以外の選択肢もあるんじゃないのかなって思ったんですけど、マディ達は対峙する選択肢を取ったようです。ただ対峙するにしてもチャーリーを通して情報がバレてしまっているところが痛いところですよね(汗)メル達の作戦としては兵糧攻めでもしてくるのかなって思いました。マディ達が攻撃を仕掛けない限りメル達が攻撃をしなそうなのは仲間になったときに遺恨を残さないためでしょうか?メル達の行動も気になるところですね。


そして野球場がメル達に取り囲まれた後はニック達が動揺しながらも生活をしているという感じでした。ただマディは淡々としていてさほど動揺していないようにも感じましたね。

 

現在

 

そして現在ですが、ニック達は装甲車からメル達の旗を見つけました。モーガン達の見つけたあの旗はメル達の旗で、あのような流れがあったんですね。だからモーガン達のいた場所にも感染者が大勢いたのかって思いました。そしてモーガン達はニック達に仲間なのか疑われていましたが、モーガン達はメル達とまったく関係ないのにとんだとばっちりでしたね(笑)それにしてもニック達の目的はメル達を探すことなんでしょうか?

 

終わりに 

さて今回ですが過去の話と現在の話を合わせて考えるとニック達の野球場は奪われてしまったのかな?って感じました。ただそうだとしてもマディが出て来ないことが気になります。謎が深まりますね。マディが出てくれば話も進展していくのかなって思うんですけど、マディはどこで何をしているのか気になるところですね。そして今シーズンは現在と過去が入り混じっていることが多いですが、このまま進んでいく感じなんでしょうか?もしそうだとするとニック達に何が起こったのかわかるのは結構先になるかもしれないですね。 

 

次のストーリー【第3話 静かな場所】

 

 

 

シーズン4の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


チャーリー(アレクサ・ニセンソン) 

f:id:a-map:20190727185641j:plain

マディ達の野球場に身を寄せていた少女。しかし実はハゲタカのスパイで、野球場の情報をメル達に報告し、更に野球場の作物を枯らせてしまう


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー