ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン4【第1話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190727163437j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

アシリアはジョンとダムへ向かっていた。そしてジョン達がダムに辿りつくと、ジョンは出迎えたストランドに部下とダムが争っていることについて話が違うと怒りだす。


一方ダムの一室に隠れていたニックとマディだったが、ニックはトロイを殺したマディに嫌悪感を抱いていた。その後二人の部屋にストランドが現れ、ストランドは二人をダムから逃がそうとする。しかしストランド計画は失敗してマディ達はジョンに捕まってしまう。その後ジョンはマディ達と話をするが、話を終えたジョンはアリシアもマディ達も殺すことにする。


その後ジョンはマディ達を天端へ連れていく。そしてジョンはマディ達を処刑しようとするが、ニックがダムの爆弾を起爆させるスイッチを取り出してジョンに見せつける。そしてニックはマディ、アリシア、ストランドをボートでダムから逃がす。


その後ダムに残ったニックは意を決して起爆装置を作動すると、爆弾が爆発してダムは崩れ始める。そしてジョンは部下に連れられその場を後にする。そんな中ニックは崩れていくダムでマディ達の様子を見守っていたが、ニックの元にダニエルが現れる。


一方マディ達のボートはダムの崩壊で起こった激流に飲み込まれてしまう。その後マディは水に流されていたがなんとか岸まで辿り着く。そしてマディが岸にあがると、岸には崩壊したダムから流れ出る水を求めて人々が集まっていた。

 

前回のあらすじ【第16話 そりすべり】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン4【第1話  何があった?】あらすじ 

f:id:a-map:20190727163446j:plain引用:AMC

 

ジョンは森の中で焚火をしながら暖を取り、一人で夜を過ごしていた。そんな中、物音に気が付いて森を見る。そこには人影はなかったが、ジョンは人がいると思い闇の中に話かける。誰でもいいから話をしたい、もうしばらく誰とも話をしていないと告げ、続けて少し自分の話をする。その後返事のない暗闇に話をできた礼を言うとジョンはその場に座ろうとする。しかしそこに森の中から感染者が現れる。そしてジョンは感染者を銃で撃つと、感染者は倒れるがその影からモーガンが現れる。そしてジョンはモーガンに何があったと問いかける。


モーガンはジョンに出会う前、救世主との戦争後に戦争で受けた傷心から一人でゴミ山に籠っていた。そんなモーガンに対してリックなど仲間がモーガンに街に戻るように説得に訪れていた。しかしモーガンは頷くことはなく一人でゴミ山に住み続け、最後は誰にも行き先を告げずにゴミ山を後にする。その後モーガンは悩みながらも当てもなく一人で彷徨う。そして森でジョンの声に気が付いて様子を見ていた際にジョンに近づく感染者を殺そうとしたところだった。


そしてモーガンと出会ったジョンは、モーガンに自分と同じ銃を持つ女性を探していると告げるが、モーガンは知らないと返答してその場を去ろうとする。それに対してジョンはモーガンは引き止め、二人はジョンの車で夜を過ごすことにする。しかしモーガンはジョンが寝入ったタイミングで車を出て一人でその場を後にする。


その後モーガンは近くにあったテントへ入ろうとするが、その際近くに隠れていたリーランド達に襲われ捕まってしまう。そんな中ジョンがモーガンを助けに現れるが、ジョンもリーランド達に捕まってしまう。そしてモーガン達はリーランド達に銃を突きつけられるが、そこへ装甲車に乗ったアルが現れる。そしてアルはモーガン達に興味を示すとリーランド達に物資とモーガン達との交換を交渉する。しかしリーランド達たちがアルの提案を断ると、アルは装甲車の機関銃でリーランド達を威嚇する。そしてアルは交渉を成立させる。


その後アルはモーガン達を連れて車を走らせていた。そんな中モーガンは車を降ろしてほしいと頼むが、アルは借りを返してもらうまでは降ろせないと返答する。その後アルが車を止めるとモーガン達は警戒するが、アルはモーガン達を攻撃するつもりはないと伝え、自分はジャーナリストで質問したいだけだと告げる。そしてアルはビデオカメラを出すとモーガンとジョンにこれまでの経緯をインタビューする。そしてジョンはローラという女性と小屋にいたが、今は離れ離れになってしまったためローラを探していると答える。片やモーガンはアルのインタビューに答えることなくその場を後にしようとする。


しかしそんな中リーランド達が現れ、モーガン達は銃を突きつけられる。そしてリーランド達はアルに装甲車を渡すように要求する。だがモーガン達はリーランド達に抵抗し、両者は銃撃戦になる。更にその場に感染者の群れが現れる。そんな中モーガンはリーランド達との銃撃戦で足に被弾して負傷してしまう。しかしその後リーランド達は感染者に襲われて死んでしまう。一方モーガン達はなんとか感染者の群れを切り抜け、アルの装甲車の機関銃で感染者を一掃する。そしてモーガン達はその場を後にする。


その後モーガンはアルの質問に答えることにする。そしてアレクサンドリアと王国という共同体にいたこと、他の共同体と争いになり勝利したが自分を見失ってその場を離れたことを語る。そしてモーガンはジョンとアルに礼を言うとその場を後にする。


その後モーガンは足を引きずりながら歩いていると感染者に襲われ窮地に陥る。しかしそこにジョンが現れモーガンを助ける。そしてジョンがモーガンを誘うと、モーガンはアルの車に乗り込み足が治るまでは一緒に行動すると返答する。そしてモーガン達が移動をしているとジョンはモーガンにローラとはもう会えないかもしれないと弱音を漏らす。


その後モーガン達は道端に人がいるのに気が付いて車を止める。そしてモーガン達は警戒しながら倒れこんでいる人に近づくが、その人物はアリシアだった。そしてモーガン達は苦しんでいるアリシアを手当しようとするが、近くに隠れていたニック達が現れモーガン達に銃を突きつける。そしてモーガン達は武器を取り上げられてしまう。

 

Fear the Walking Dead/シーズン4【第1話  何があった?】感想

f:id:a-map:20190727163457j:plain引用:AMC

 

フィアーザウォーキングデッドのシーズン4がスタートしましたね。そしてスピンオフにモーガンが出てきました!これまで本編の登場人物とスピンオフの登場人物はどこかで交わると言われていましたが、スピンオフのシーズン4で本編とスピンオフの登場人物が顔合わせをしました。やっぱり本編とスピンオフの登場人物が交わると盛り上がるというかテンション上がりますね! 

 

 モーガン

 

まずはモーガンですが、モーガンは本編でアレクサンドリア連合と救世主達との戦争終了後ゴミ山を訪れていました。そしてそのままゴミ山に一人で住み続けていたようですね。原因は戦争時に自分を見失ってしまったからということのようです。そんなモーガンの元をリック達が訪れて街に戻るよう説得していました。その際の各人物との話も興味深かったですが、そこは本編の話も入ってしまうので割愛します。ただその中にはリックもいましたし、あの場面だけを見ているとまるでスピンオフではなく本編を見ているのかなって気になりました!


その後モーガンは一人になりたかったからなのかゴミ山を後にして一人で旅に出ました。そしてジョンとアルに出会いましたね。流れ的にはモーガンはジョン達と行動を共にしていくようですね。それにしても今回のモーガンはテントであっさり捕まったり、銃弾に被弾して負傷したりとらしくない展開が多かったですね。そしてモーガンは銃で被弾した際にあくまで一人で行動しようとしていましたが、相変わらず頑固なところがありましたね。


そういえばモーガンが片足負傷した状態のとき感染者二体に襲われてピンチになりました。あのモーガンが感染者二体に苦戦するなんて、やっぱりこの世界での怪我は致命傷になりかねないって感じるシーンでしたね。普段のモーガンなら感染者二体くらいは物ともしないですからね。そしてこのときモーガンが追っていた感染者は一度生存時に見かけたあの人物でしたね。モーガンは感染者の特徴を見て気がついたようですが、ちょっと前にあった人が感染者に転化しているというのは本当にこの世界の無常を表しているなって思いました。


それにしてもモーガンは今後落ち着きを取り戻して新たな共同体に行くのか、またはアレクサンドリア方面に戻るのか気になるところですね。モーガンが最後のほうでアルのインタビューに答えてアレクサンドリアや王国の存在を教えていたので、もしかしたらモーガンがジョン達を連れてアレクサンドリアに行くこともあるのかもしれないですね。

 

ジョンとアル 

 

次にジョンとアルですね。二人は本編もスピンオフも出ていない初登場人物ですね。


まずはジョンですが、モーガンと出会った際ジョンはモーガンの気配に気が付いて話をしていたのかなって思ったんですけど、そうではなく本当に何もないところに話しかけていただけだったんですね。それによって感染者も引き寄せましたし危ない行動ですよね。ただずっと一人だと人恋しくなるというジョンの気持ちもわからないでもないです。


そんなジョンですが寂しがり屋なだけではなく、高い戦闘力も持っているようですね。銃の腕はかなりいいようで、モーガンと出会ったシーンでは感染者に一発でヘッドショットしていました。またモーガンが一人で消えた際にモーガンの後を追って助けたシーンでは感染者をナイフで軽々倒していたので近距離、遠距離と両方で戦える人物のようです。そんなジョンは二度ほどモーガンを助けに現れるシーンがありました。そして敵対したリーランド達との争い後は生きている人間は殺したくないと言っていましたが正義感が強そうですね。


そしてジョンの目的ですがローラという女性を追っているようです。ローラはジョンと小屋で一緒に住んでいた人物のようですが、なぜローラと離れ離れになったのか理由は出てきませんでした。ただこのローラについてはジョンは諦めているようなくちぶりもしていました。現在ローラが生きているのかはわからないですけどジョンがローラと出会えるといいですね。ただこの世界だともう生きて再会できないという可能性も全然ありますよね。


そしてアルですが装甲車にジャーナリストとこちらは一風変わった人物が出てきたなという印象ですね。まずはアルの乗っている装甲車ですが相当イカつい車です。特殊部隊の車みたいですがアルがそういう部隊にいたとかではないようです。そういえば今までこういう車は出てこなかったですけど、確かにこういう車を抑えておけば戦力になりますしいいですよね。船での海路といい、スピンオフはこういう本編との違いがあるところも見どころの一つですね。更にリーランド達の銃撃戦で装甲車の火力を見せる場面がありましたが、さすがに凄かったですね。装甲車の機関銃で感染者をあっという間に一掃していてビックリしました。


そんなアルの行動理念は取材のためということのようですがこちらも変わっていますよね。そのためアルがモーガン達を助けたのも取材のためでした。そしてアルはモーガン達にこれまでの経緯を喋らせて記録していましたが、この世界でも取材を続けるとは正真正銘のプロですよね。アルが本当にただ記録しておくことが目的で、モーガン達を助けたのも記録が目的だったとしたら本当に新しいタイプの人物だと思います。でも考えてみたらこれはかなり必要なことですし、アルのしていることはとても貴重な行動ですよね。

 

ニック達 

 

そして最後の最後にニック達が出てきました!スピンオフなのにニック達が出てこなくて一瞬これは本編なのかな?って思いましたがちゃんとニック達も出てきましたね!ただニック達はすっかり人が変わったようになっていて、モーガン達をだまし討ちしていました。しかも見事な手際でしたが、ストランドがいたところを見るとストランドの作戦なのかな?なんて思ったりしてしまいますよね(笑)


それにしてもそもそもシーズン3の最後ではダムでニックとアリシア達はバラバラになっていました。でも今回行動を共にしていたということはダムから結構時間が経過しているのかなって思います。そのためニック、アリシア、ストランドだけではなくルシアナも一緒に行動していました。ルシアナは確か牧場から別行動でダムのときも一緒にいなかったのでどんな経緯でルシアナが合流したのかも気になりますね。更に今回何故かマディがニック達と一緒にいませんでした。この辺も何でなのか気になるところですね。

 

終わりに

さて今回ですがニック達よりモーガンが中心の話でしたね。そのモーガンはジョン、アルと行動するようになるみたいですが、今のところジョン達は良い人達に見えますけど実際はどうなんでしょうか。このドラマはここからとんでもなく悪い人物だったってこともあるから油断はできないですよね。


そしてなぜか豹変していたニック達。更に51の旗にも謎があるようで、今回はかなり謎が多いところからスタートしました。そういえばオープニングが大幅に変わりましたが、なんかオープニングだけ見ると明るいドラマ感ありますね(笑)でもこれはこれで本編と違っていていいかなって思います!そして今シーズンの見どころは本編とスピンオフが交わってどんな流れになるのかというところです。先がかなり気になる展開ですね!

 

次のストーリー【第2話 野球場の一日】

 

 

 

シーズン4の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


モーガン・ジョーンズ(レニー・ジェームズ)

f:id:a-map:20190727185636j:plain

本編の登場人物で凄腕の棒術使い。王国を離れ彷徨っていたところをジョンとアルに出会い行動を共にするようになる。生存者は殺さずを掲げて行動をしている


アマゾンプライム

アマゾンプライムなら月500円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー