ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン3【第9話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190407182311j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

オフィリアは毒をコーヒーに混ぜて農場を混乱に陥れたが、逃げようとしたところをマディに捕まってしまう。その後騒ぎは収まるが、オフィリアもコーヒーに混ぜた毒が何の毒だったのかは知らなかった。


そしてマディはオフィリアを連れて保留地に向かうとウォーカーから毒の成分を聞く。しかし毒に有効な治療法はなく運がよければ助かるくらいの状況を知り愕然としつつも一人で農場へ戻る。だがニックはなんとか毒から回復する。


その後マディ達は保留地を襲撃すると、ウォーカー達も農場を取り囲む。そして農場と保留地の争いは激化していくが、マディはウォーカーと和平交渉をする。それに対してウォーカーがジェレマイアの首を要求すると、マディはジェレマイアの首を差し出す。


一方ストランドはホテルから生き延びて一人で当てもなく彷徨っていた。そんな中アビゲイル号を発見するが船は故障していた。しかしストランドは船のデッキで酒を片手にくつろいでいた。その後ストランドは身支度を整えるとアビゲイル号を燃やしてその場を後にする。

 

前回のあらすじ【第8話 罰を受ける者】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン3【第9話  ミノタウロス】あらすじ 

f:id:a-map:20190407182329j:plain引用:AMC
 

マディ達はウォーカー達と和解し農場で共に生活する約束をして日常を取り戻していた。そしてニックやトロイ達は農場近辺の警備して感染者を撃退していたが、日に日に増えていく感染者の数に警戒を強めていた。片やアリシアは体調を崩して部屋で休んでいるジェイクの看病をしていた。


その後ウォーカー達が農場に現れるとジェイクはウォーカー達を農場に迎え入れる。しかし農場住民は保留地の住民が農場に住むことに対して困惑していた。その後ジェイクはウォーカー達を地下の物資貯蔵庫に案内する。しかしその際トロイはウォーカー達を農場に招くことに納得できず地下を出て行ってしまう。その後地下を開けるのに必要な2つの鍵のうち一つをジェイクが、もう一つをウォーカーが持つことにする。


そんな中地下を出たトロイはジェレマイアの墓にいた。そしてニックがトロイの様子を見に現れるとトロイは自分の苛立つ気持ちやジェレマイアへの思いをニックに打ち明ける。それに対してニックはジェレマイアはみんなを救った英雄だと返答すると自分の父親の話をする。


そして食事の時間になると各自食堂に集まるが、食堂内は武器の持ち込み禁止のため住民達は武器を食堂の入り口で預けていた。そしてジェイク達は食事を始めるが農場住民と保留地住民の間はギスギスしていた。そんな中ジェイクとウォーカーは今後はお互いが協力して生活していくべきだと語る。そして住民は二人の話を聞き終え食事を始める。その後ウォーカーは食事中にマディに話しかけトロイは危険だと告げる。そしてトロイ達は食事中もウォーカー達の居住に納得せずウォーカー達を嫌悪していた。


そんな中オフィリアは食堂に姿を見せていなかった。そしてニックはオフィリアの元を訪れて言葉をかけると、オフィリアは自分が農場住民を殺したことを気にしていると返答し、でも罪悪感はそんなに感じていないと告げる。その後オフィリアはニックにジェレマイア殺しの罪悪感を感じているか問いかけるがニックは何も返答しなかった。


次の日アリシアはウォーカーの元を訪れる。そしてアリシアはウォーカーにマディではなくジェイクと協力して農場を盛り立ててほしいと告げるが、ウォーカーはマディは必要な人材だと返答する。


片やマディはジェレマイアの部屋で水位が記録された地図を見つける。


そんな中農場住民のテリーが保留地住民に銃を発砲して騒ぎになってしまう。しかし騒ぎを起こしたテリーはすぐに取り押さえられる。その後ウォーカーは騒動に対して怒って武器を持とうとするがジェイクはウォーカーに二度とこんな問題は起こさないと説得する。しかしウォーカーの怒りは収まらなかったが、マディの説得でウォーカーが地下倉庫の鍵を二つとも持つことで話が纏まる。


その後ウォーカー達は武器を持ち農場住民達の家を周って隠してある武器を回収し始める。そしてウォーカー達はトロイの家も訪れ、トロイの武器も回収しようとする。しかしトロイは武器の回収に反発し、銃を取り出してウォーカー達を家から追い出す。そんな中ニックはトロイの家に残りトロイに落ち着くよう説得する。しかしトロイはニックの説得には応じず家に隠していた銃をニックに渡すと戦うべきだと銃を構える。そんな中家の玄関にマディが現れトロイを説得しようとする。だがマディの説得中にウォーカー達がトロイへの攻撃を開始するとトロイも応戦し両者は銃撃戦になってしまう。


その後トロイはウォーカー達との戦闘の中で片手を負傷してしまう。そしてニックとトロイは部屋に立て篭もるが、ニックはもう一度必死にトロイを説得する。しかしトロイは片手でも戦うと言い張りニックの説得に応じようとしない。それに対してニックは力づくでトロイを止めようとするが失敗する。その後ニックはトロイにジェレマイアを殺したのは自分でジェレマイは本当は死ぬつもりはなかったと告白する。そしてニックの告白を聞いたトロイは肩を落とし呆然とする。その後ウォーカー達が部屋に突入し騒ぎは収まる。


一方ダニエルはダムに戻りローラ達と行動を共にしていたが、ダムはローラがリーダーとなり住民達に無償で水を配っていた。そしてダニエルはローラ達が町へ出る際、水の配給に付き合っていたが、給水中に人影を気にしてオフィリアのことを探していた。そんな中住民への給水中に感染者が現れるとローラ達は給水を止めてダムに戻る。


その後ダムに戻ったダニエルはローラからオフィリア探しは危険だしダニエルはダムに必要だからダムにいてほしいと頼まれる。しかしダニエルは自分は不死身だから大丈夫だと返答する。


その後再び住民への給水に出たダニエル達だったが、住民達は水欲しさに騒ぎだし暴動を起こす。その後住民が投げた石がローラに当たり、ローラは怪我をしてしまう。そしてダニエル達は給水を中止してその場を後にする。


片や農場ではマディとウォーカーがトロイ達の処分を考えていた。そしてニックは罰を与えるが農場に残し、トロイは農場から追放することにする。


その後軟禁されているトロイの元にジェイクが訪れる。そしてジェイクはトロイに、トロイが農場から追放されることになったと伝える。それに対してトロイは仕方のないことだと頷くとトロイはジェイクに別れを告げる。そしてトロイはみんなに見守られる中付き添いのマディ達の車に乗せられ農場を後にする。


その後トロイを乗せた車が荒野に到着するとトロイは目隠しを外さ拘束を解かれる。そんな中トロイは拘束を解かれると付き添いの保留地住民を殺してマディを取り押さえる。しかしマディは隙をみてトロイから逃れると銃を構えてトロイにその場を去るように警告する。そしてトロイは一人で歩いてその場を去る。

 

Fear the Walking Dead/シーズン3【第9話  ミノタウロス】感想

f:id:a-map:20190407182333j:plain引用:AMC

 

今回は農場とダムの話でしたね。それにしてもマディ達とウォーカー達が農場で共に生活するようになったのは意外な展開でしたね。

 

トロイの暴走

 

まずは農場でニックとトロイですが、ニックは感染者一掃ですっかりトロイの隊の一員として行動してましたね。そんな中ニックとトロイは多少信頼関係ができているのかなって感じました。そのためかトロイがニックにジェレマイアの墓で心の内を打ち明けています。ただあのときのニックとしてはジェレマイアを殺したのがニックなわけですし心苦しかったでしょうね。


そんなニックはオフィリアが食堂に来ないことを気にかけてオフィリアの部屋を訪れました。あのように気を使えるのがやっぱりニックだなって思いますし、ニックらしくて良かったなって思います。二人はまだお互いはギクシャクしていましたけどまた笑いあえる日が来るかもしれないですね。そしてオフィリアは自分のしたことを気にしていましたが、本位ではないとはいえ農場の住民を大勢殺してしまったわけですからやっぱり農場の人と禍根を残してしまったのは仕方のないことですよね。


片やトロイは終始ウォーカー達の受け入れを激しく拒んでいました。この点については仲間を殺されたり、名目上ジェレマイアの死の原因となっているので拒むことを理解はできますね。そんなトロイは武器の回収の際とうとう自分を抑えられなくなり暴走しましたね。できれば避けたい事態だったでしょうけど、トロイの性格を考えると仕方のない結末かもしれないですね。


そして銃撃戦になるとニックがトロイの説得に回りました。このときトロイはずっとニックが最後まで味方をしてくれたと思っていたのでなんとも言えなかったですね。それに対してニックは説得が無理だと諦めると最後にはトロイにジェレマイア殺しを打ち明けました。どうしてニックが打ち明けたのかはわからなかったですけど、ニックは罪悪感からトロイに告白したのかなって思いました。そして結果としてニックの告白を知ったトロイは抵抗する気を失い騒動が収まったのでニックの告白はタイミングよかったようですね。それにしても銃撃戦は迫力ありましたね。そしてトロイの最後まで諦めない気持ちはそれはそれで立派だなって思いました。ただそれだけに孤軍奮闘していたトロイはちょっと可哀想でしたね。


その後トロイの追放が決まりトロイは荒野に連れて行かれました。その際もう疲れたというトロイが印象的でなんとなく悲しいシーンでした。あのシーンでトロイはマディに救いを求めていたのか、またはマディに撃ってほしかったのかもしれないですね。


一方アリシアとジェイクですが、ジェイクは体調を崩している様子でしたね。ずっと忙しくしてましたし心労も重なって心身ともに疲れ果てていたんでしょう。でもジェイクはウォーカー達を受け入れてから農場のリーダーとして振る舞っていましたね。


ただそれだけにテリーが暴走して地下の鍵を渡すことになったのは残念でしたね。最初のウォーカーとの取引のときといい、またもジェイクの頑張りが報われない形になりましたね。そんな中地下の鍵を渡すことになったときはさすがにジェイクも抵抗していましたね。ジェイクがそれじゃ囚人扱いだって反抗したのが印象的でした。確かに地下への鍵をウォーカー達に渡すことは囚人扱いと変わらない感じしますし、ウォーカー達を招き入れたつもりが早速乗っ取られた感じになってしまいましたよね。


そしてアリシアはジェイクをそっと看護して、ウォーカーに母親ではなくジェイクと協力してやっていってほしいと言いにいってました。アリシアは結構内助の功タイプなのかもしれないですね。そしてアリシアのマディへの信頼が薄らいでいるのかって感じもしました。


そしてマディですけど、マディはもう農場の実質的リーダーになってますね。ジェイクがリーダーとして行動していますが、農場の意思決定はマディの意思によるものが大きい気がします。更にウォーカーもマディをリーダーとして扱っているのも大きいですよね。そんな中トロイを追放に行った際はトロイにジェレマイア殺しを責められていましたね。その後マディは抵抗するトロイをどうするのかなって思っていたら殺すことはなく追放しましたね。トロイもマディに救いを求めている感じがありましたし、マディも本心ではトロイを救ってあげたい気持ちはあったんでしょうね。

 

住民達の暴動

 

片やダニエルですがダムに戻ったようですね。そしてダムはローラがリーダーとして認知されているようです。そのローラ前と違い堂々と住民達に水を配れるようになりました。それに対して住民達も喜んでいて、一見ローラ達と住民達は良好な関係を築いているのかなって思いました。


でも良好な関係は長く続かなかったですね。住民達は多くの水を欲して最後にはローラ達に対して暴動を起こしてしまいました。更に住民の投げた石がローラに当たりローラは負傷までしています。あのシーンを見ていると善意が踏みにじられた感じで切なくなりましたね。ただこういう世界になってしまうと今回のようなことは起こってしまうのかもしれないですね。今回のことを受けてローラ達が今後どうするのか気になるところですね。水を配るだけでもリスクがありますが、更に攻撃までされるんじゃ住民達に水を配るのは難しくなる気がします。


そういえばダニエルは今もオフィリアを探しています。そしてオフィリアは今農場にいるので地理的には会えないことはありません。ダニエルはどっかで農場サイドと合流してオフィリアに再会できるかもしれないですね。

 

終わりに

さて今回は農場でマディ達とウォーカー達が共同生活を始まるというまさかの展開になりました。でも今までいがみ合っていた相手同士なので共同生活がすぐに上手くいくわけはなく案の定揉めてしまいました。その中でジェイク達は武器を手放すハメになり実質的には農場はウォーカー達に乗っ取られた形でしょうか。更に暴走したトロイは追放されてしまいましたが、これは農場を守ってきたジェイク達にとってかなり悲惨な展開になってきましたね。ただウォーカーに関しては必要以上に敵意を向けて農場を本格的に乗っ取りをしてくるというタイプではないでしょうし、今後少しずつでも両者の距離が近づいていくことを期待していきたいですね。

 

次のストーリー【第10話 水脈】

 

 

 

 

シーズン3の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


マディソン・クラーク(キム・ディケンズ)

f:id:a-map:20190207155035j:plain

ウォーカーなどからも一目を置かれる存在になり、リーダーシップを持っているため農場の実質的リーダーになる。しかし強すぎる意思を持って行動するため周りだけでなく娘であるアリシアからも批判されることがある


 

プライバシーポリシー