ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッド情報館

ウォーキング・デッドのあらすじや感想です(ネタバレあり)

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド/シーズン1【第2話】あらすじと感想(ネタバレあり)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20181105141447j:plain引用:AMC

 

前回のあらすじ

ウォーカーが世界に蔓延する前、ニック達は普段の生活を送っていた。そんな中で薬物中毒のニックは溜まり場の教会で彼女のグロリアがウォーカーに転化して男性を食しているのを目撃する。その後驚いたニックは教会から走って逃げだすと通りに出たところで車に轢かれて気を失ってしまう。


そしてマディ達家族が病院に駆けつけるがニックは幻覚見て自分は正気じゃないと悩んでいた。そんな中ニックの話を聞いたトラビスは教会へ行くが大量の血痕などを発見し、確かにニックの言う通りただ事ではないことが教会で起こったのでは?と考え始める。その後ニック達の周りで不可解な事件が起こり始める。


そしてニックは薬物の売人である友人のカルに殺されそうになるが逆にカルを撃ち殺してしまう。その後ニックはマディ達と合流するが、その際ウォーカーに転化したカルに襲われる。なんとか難を逃れるがその後ニック達は自分たちに起こったことを理解できずにいた。

 

前回のあらすじ【第1話 パイロット版】

 

 

Fear the Walking Dead/シーズン1【第2話  近くて遠い】あらすじ 

f:id:a-map:20181105141520j:plain引用:AMC

 

家へ帰宅していたアリシアだったが帰宅途中にマットの家へ寄る。そしてアリシアは家で倒れているマットを見つける。


一方マディ達は事態を把握できないまま家へ向かっていた。そんな中危機感を感じたマディ達はマディ一家とトラビス一家でともに町を出て砂漠に行こうと考える。そしてマディとトラビスは家族に連絡をするが、クリスはトラビスの連絡に出ずアリシアはマットの家にいることがわかる。そしてマディ達はアリシアを迎えに行くためマットの家に向かうことにする。


その後マディ達はマットの家に到着する。そしてトラビスは高熱を出すマットの様子を伺うと、マットから噛まれた跡を見つける。そしてマディ達はマットを置いて家を出ようとするがアリシアはマットの傍で付き添おうとする。しかしマットがアリシアを諌めて家に帰るように説得するとアリシアは聞きいれてマディ達と帰路につく。


その後家に着いたマディ達だったが、近所では日常を過ごす家族もいれば逃げ出す準備をしている家族もいた。しかしマディ達は近所には特に触れずに家から逃げる準備を始める。そんな中トラビスはライザにもクリスにも連絡が取れずに焦っていた。そしてトラビスはライザとクリスを迎えに行くことにする。


その後トラビスはライザの家に向かっている途中でライザと連絡が取れるが、事態を把握していないライザはトラビスの電話を切ってしまう。


片や家ではニックが薬物の離脱症状で苦んでいた。マディはその様子を見て病院に連絡するが繋がらず、代替薬を取りに学校の医務室へ向かう。そして学校に到着したマディは医務室でニックに必要な薬を入手する。そんな中学校にはトバイアスも現れる。そして二人は学校の食料を確保し学校から出ようとするが、校内を移動中にウォーカーに転化したアーティーが二人の前に現れる。そして二人は転化したアーティーに襲われるがマディ達はなんとかやり過ごし学校を後にする。


一方家に残っていたニックとアリシアだったが、アリシアが家を出てマットの元へ向かおうとするとニックは離脱症状の発作を起こしてしまう。そしてアリシアは怒りながらも家に引き返しニックの面倒を見る。


そんな中トラビスはライザの家に到着するとライザに事態の説明をする。その後クリスにも連絡が繋がるがクリスは抗議運動の中にいた。そしてトラビスはライザと一緒にクリスを迎えに行く。その後抗議運動の場所にたどり着いたトラビス達はクリスを見つけてその場を離れるが、車にたどり着く前に辺りで暴動が起こってしまい立ち往生して近くにあったダニエルの床屋に逃げ込む。そして騒ぎが収まるまでダニエルの店で匿ってもらうことになる。


片やマディはトバイアスを家に送り自身も家に到着する。そしてニックに鎮静剤を渡す。その後トラビスから連絡が入りダニエルの店で立ち往生していることを聞きお互いに状況報告する。


その夜トラビスを待つマディ達は近所の住民が襲われているのを見かけるがアリシアが助けにいこうとするとマディは引きとめる。そしてトラビス達はダニエルの店から出られずにいた。

 

Fear the Walking Dead/シーズン1【第2話  近くて遠い】感想

f:id:a-map:20181105141523j:plain引用:AMC

 

最初アリシアが見つけたのはウォーカーに転化したマットかと思いました。うめき声をあげてましたからね(汗)それにしてもアリシアは一途ですね。そしてマットはアリシアを行かせたときに自分が死ぬことを察していたのかもしれないですね。アリシアとマットは序盤から可哀想な展開になっちゃいましたね。そういえばアリシアがバークレー大学の入学許可書を見ているシーンがありましたが、ここってどんな学校なのかなって気になったので調べてみました。この学校は孫正義やノーベル賞受賞者を数人出している凄い学校のようです。このことから学業面ではアリシアは優れた資質を持っていることがわかります。


それにしてもニックの言うとおり不自然なくらいにウォーカーのことがニュースになっていないですね。ただ単にまだこのことが知られていないのか、それとも報道規制でもされているのか気になりますね。そのニックはマットの家で安定の薬探ししてましたが本当に困ったものですね。そして家に帰ってからは今後自分には困難が待っていると言っています。おそらく薬のことだと思いますが薬物離脱のために辛い思いをすることを覚悟しているんでしょうね。


その後案の定ニックは離脱症状で苦しみますがその様子を見ていたアリシアがこんな状態で連れて逃げられるのか?とマディに言います。確かにあの状態だとこの先にニックを連れていくのに心配になりますね。更にアリシアが家を出ようとしたときに起こした発作は凄かったですね(汗)ちょっとあの発作にはびっくりしました。発作が治まったニックがありがとうと言うとアリシアは大嫌いと返事します。そしてニックが知ってるって言います。この流れがなんとなく印象的でした。そういえばマディが薬を持ち帰ったときにニックがすぐに薬の名前を言いあてますけどあれって何気に凄いことですよね(笑)薬にはさすがに詳しいんですね。


そして家に着いたときのマディ達ですが、近所には何も知らずにパーティーをする家族もいれば逃げる準備をしている家族もいます。こういうときはどうしていいのか難しいですね。この事態が謎で実際に何が起きているかわからないだけに騒ぎを大きくしていいのかもわからないけど、何も言わないのも見捨てているような気分になってしまいますしね。


それにしてもトラビスがライザの家に向かう途中で見かけた警官ですが、あれは絶対に逃げる準備してましたよね(笑)


そして学校に現れたトバイアスですが、初期の段階でこのことを予見していましたし学校に食料を確保に来たようですが結構キレ者なのかもしれないですね。今後の展開もかなり予想しています。その中でマディは政府がなんとかしてくれると言ったのに対しトバイアスは政府は警告も出してくれないのに?って返事するところが印象的でした。ニックも言ってましたがニュースすら流れてこないですからね。それにしてもトバイアスは行動を共にしないようですが、今後出てくることはあるんでしょうか?


そしてクリスは抗議運動に巻き込まれていますがアメリカってこういう抗議運動がありそうなイメージありますが実際はどうなんでしょうかね?しかし今回は事態が事態だけに抗議運動起こしている場合じゃないですよね。その後抗議運動は暴動になって車が燃えたりしていました。かなり荒々しい暴動具合でしたね(汗)


そしてトラビス達が逃げ込んだダニエル一家ですが、ダニエルはあまりトラビス達を歓迎してないようですね。仕方なく匿っているという感じでしょうね。


それにしても家に戻って血を洗い流しているマディは相当参っているようでしたけど当然ですよね。


今回はマディ達とトラビス達は別行動になりました。この後無事合流して砂漠を目指せるんでしょうか?それともこのまま別行動になるのか…。ウォーカー状態の進み具合次第だと思いますが、少しづつウォーカーも出始めましたのでどうなのかわかりませんね。無事合流できるといいんですが…先を見ていきたいと思います。

 

次のストーリー【第3話 犬】

 

 

 

シーズン1の主な登場人物

この項目画像は[AMC]からの引用になります


アリシア・クラーク(アリシア・デブナム=ケアリー)

f:id:a-map:20181105141135j:plain

マディの息子であり、ニックの妹。そしてトラヴィスの義理の娘。マディソンとトラヴィスが務める高校に通っていて学校では優秀な成績を収め大学の進路も決まっている。薬物依存の兄を呆れて見放しているが、ニックが薬物依存で苦しんでいる姿を見ると面倒をみる


ユーネクスト

ユーネクストなら月864円でウォーキングデッドを見放題です。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー